FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1699回 タイでウコン飲料が売れているみたい

  寒かった三連休が終わり、今日あたりからフルタイム勤務の人は本格的な仕事が始まるのかも。1都3県には緊急事態宣言が出されましたから、中には今日からリモート勤務という人もいるかも。

 「なんとも大変な世の中になったなあ」と感じます。昨日は成人式ということで、我が家の前の通りをあでやかな着物姿で歩く新成人の姿もありました。

 一方、相変わらず酒を飲んでバカ騒ぎをする若者もいたりして、シニアの私から見ると、「なんてろくでもない奴なんだ」と思えてしまいます。

 しかし、今の鬱屈し、あまり将来に期待の持てない日本の雰囲気に、潜在的な不満を感じている若者も多いんだろうなとは感じます。(だからバカ騒ぎを許すというわけではありません)

 ちなみにそういった話を20代の息子に言うと、50代以上のおじさんたちも、かなり自分勝手でいい加減な人が多いと反論してきます。これもたぶん間違いないはずです。

タイランドハイパーリンクスより
 
 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は249名。25人が海外からタイに来た人。48人が外国人労働者。176人が国内感染のタイ人だそうです。
 
 わずかずつですが減少傾向にあるようには見えるものの、地域はタイ国内全域に広がっているようで、この先が見通せない感じです。ちなみに累計感染者数も1万名を越え、10547名とのことです。

高知新聞より

 日本の特許技術を使って抽出した「天然ウコン」のエキスを使った新しい健康飲料「QminC」という健康ドリンクが、タイでバカ売れしているみたいです。

 名称からして、なんとなく「オロナミンC」を連想させますが、天然ウコンと聞くと「なるほど」と頷く健康飲料愛飲家も多いかも。

 実際問題どの程度の効果があるのかは不明ですが、記事を読む限り飲みやすそう。似たような製品が日本では販売されているのではという気もするので調べてみたら、サントリーが「超ウコン」という製品を販売しているみたい。
 
 しかし原材料を見たら、ウコン色素と書かれているだけで、ネーミングとはずれがあるように感じました。また錠剤では「ウコンの力」というのが有名みたい。

 ただ私は健康食品や飲料は気休めにしかならないと考えているので、あまり細かくは調べていません。
 
 

第1698回 サムットサコン県の感染者300名が退院

  三連休の三日目。埼玉は毎朝強い冷え込みに見舞われています。おかげで実家では北側の洗面所の水が凍結で出なくなったみたい。我が家はとりあえず水は出ていますが、食器洗い時の水の冷たさにはまいります。

 関東1都3県に緊急事態宣言が出されましたが、三連休の人出にはあまり変化がなかったみたい。ただ飲食店は早めに閉店ということなので、夜遊びする人は減ったかも。

 マスコミはこれ見よがしに各地の人出は何%減ったという数字を出して騒いでいますが、突然の宣言発令ですから、「急に言われても予定は変えられない」と考える人も多かったと思います。

 とはいえ、医療が逼迫し、入院したいのにできない人も増えつつあるようでかなり心配。以前は、もし感染したら入院は面倒だし、他人と一緒に入院生活を送るのは嫌だなと思っていましたが、いざ入院できないこともあると言われてしまうと、もし感染したらどうなるんだろうと逆に心配になってきました。

 そこへもってきて、新しいタイプの感染力の強いウイルスがすでに日本にも流入しているようで、こうなるといつ感染してもおかしくないという状況?

 頼みの綱はワクチン?菅総理は2月下旬から開始と言っていますが、副反応も気になるし、高齢者は優先と言われていますが、ワクチンを接種すれば感染しないというわけではないことはインフルエンザのワクチンで分かっています。

 さてどうなるのか?海外からのビジネス客の往来も止めると言っていた国は、数日後に撤回している様子を見ると、本気で抑え込もうとしているのか?という疑いも感じます。

newsclip.beより

 前回の記事でタイの新規感染者数は305名と書きましたが、その後の推移は205人、212人、245人となっているようで、数字は小さいながらも、あまり収まる気配はないみたいです。

バンコクポストより

 サムットサコン県の海鮮市場から新型コロナの感染が広がりましたが、その当時に入院していたミャンマーからの外国人労働者約300人が退院という記事が出ています。

 どうやらこの人たちは、サムットサコン県のスポーツスタジアムに臨時に設置された療養施設で治療を受けていたみたい。日本と違って、温暖なタイは屋外のこういった施設でも治療が可能なのが強みでしょうか。

 感染源になった海鮮市場も、今月末には再開するみたいです。ちなみにこの海鮮市場のクタスターによって感染した人は3441名と書かれていますから、前代未聞の大規模クラスターだったような気もします。


 

第1697回 タイでもじわじわと感染が広がっているようです

 昨晩関東1都3県に緊急事態宣言が出されました。 ネットでは「遅すぎる」という声が大多数。私もそう思っていますが、民主主義の国で、何か大きな変化を起こそうとするには、法律的な縛りが多々あるんだろうなという気もします。

 しかし同情できるのはその部分だけ。医師会の会長さんが言っていたように、この期に及んでも、年末年始に飲食を伴う会合を行っていた議員さんがいたみたい。

 国会が閉会しているのをいいことに、庶民の苦境を察せず飲食をしていたという話が事実なら、国会議員の資格はないようにも感じられます。これは市町村レベルの議員さんも同様。

 本来なら、ひたすら働き続けている医療従事者さんたちと同様に、年末年始も国会を開いて、様々な法律改正に着手していても良かったのではという気もします。

 また菅総理のメッセージにも何故か迫力や熱意が感じられないのも事実。「今はもうこれしかできないんだ。これが出来ないと医療が崩壊し、多数の人が亡くなる可能性が高い」という危機感が感じられません。

 淡々と宣言内容について説明している姿は、安倍前総理の説明よりは多少分かりやすくも感じられましたが、大学の老教授の退屈な講義を聞いているようで、なかなか内容に集中できません。

 一方米国ではトランプ大統領のメッセージに呼応した人たちが議会に侵入。亡くなられた方もいたようで、大騒ぎになっています。「いくら何でもひどすぎる」というのが、全世界の人の印象だと思われます。

タイランドハイパーリンクスより

 さてタイですが、今日発表されている新型コロナ新規感染者数は305名。3人がタイ入国者、109人が外国人労働者、193人がタイ人の国内感染者だそうで、国内感染者数が急増中。

 この数字を真剣に考えるタイの人たちも徐々に増えていると思われます。「マイペンライ」の精神では乗り越えることが難しそうです。累計感染者数も9636人とのことで、明日か明後日には1万名を越す勢いです。

PJAより

 上記のサイトを確認後、こちらのサイトを確認したら、サムットサコン県で新規陽性者900人以上、魚の缶詰工場でクラスターという記事が出ていました。

 びっくりして内容を読むと、数字の中には過去に発表されている人数も含まれているみたい。突然新規に900人以上が見つかったわけではなさそうで、誤解を招く記事だなと感じます。

 しかしこうなると、ここで製造された缶詰は大丈夫なのか?という疑問も頭をよぎります。