FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1819回 ワールド・ベスト・アワード2021

  今日の埼玉は朝から曇り空。幸いに雨は降っていないみたいで、気温も20数℃。過ごしやすいです。

 野菜価格が高騰というニュースが流れていますが、実際その通り。先日行ったスーパーで鍋のために白菜を買ったら、6分の1にカットされた白菜が150円ぐらいしました。

 8月の猛暑から9月に入ると突然気温が急降下し、日照時間も不足していますから、私が楽しんでいる市民農園でも野菜の出来が悪いです。

 10月あたりからはいくつかの食材で値上げも予想されていますから、家計は厳しくなってきたなと感じています。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されている14日付のタイの新型コロナ新規感染者数は11786名で、昨日が12583名だったので、減少傾向が鮮明になってきました。

 ただプーケットでは連日200名上の新規感染者が出ているようですから、もしかしたらこの場所を起点に感染者が拡がるかもという危惧を感じます。

 一方で新型コロナがタイ経済に打撃を与えているため、外国人観光客を新たに誘致するため、5年間で100万人の「ポテンシャルの高い」外国人をタイに誘致する新たな新長期滞在ビザを発行する予定があるみたい。

 要するにお金持ちに長期滞在してもらい、お金を使ってもらうということのようで、庶民が考えるような、パタヤやカオサンあたりの安宿に長期滞在して、日々グダグダと過ごすような観光客を対象にしているわけではなさそう。

 またこの制度に伴って土地所有に関する法律も改正されるみたいですから、移住を考えている人は今後の動向に注意した方が良いのかも。

 アメリカの「Travel + Leisure」が「ワールド・ベスト・アワード2021」を発表。世界のベストシティ部門のトップ10にチェンマイが9位、バンコクが10位で選出されたそうです。

 「世界のトップ100ホテル」という部門もあるようで、カペラ・バンコクが4位、マンダリン・オリエンタルが41位、フォーシーズンホテルが55位、スコータイ・バンコクが73位だったそうです。

 ちなみに「カペラ・バンコク」は知らない名前だったのでちょっと調べてみましたが、サパーンタークシン駅の南側に昨年10月にオープンしたホテルだそうで、かなり高級そう。

 TRIPPING!というサイトで紹介記事が出ていますが、部屋は広く、窓から見るチャオプラヤ川の流れが絶景。ダイニングも高級そう。

 この記事ではオープン記念の予約で1泊が17500Bからとなっているようです。私なんかの感覚では、こういったホテルを使うと、高級過ぎて、逆に息が詰まるような気もします。

 

第1818回 テロ攻撃に関する脅威情報

 埼玉県は朝から良い天気のようで青空が広がっています。気温は昼にかけて30℃ぐらいまで上がるようですが、現在の室温は23.5℃。湿度も少ないようで快適な月曜日です。

 先日、昨年からず~っと考え続けていたメルカリに参加。登録したのは昨年で、不用品の断捨離をしようと思っていたのですが、売却できた物品の送付の方法が良く分からず、すでに1年が経過。

 しかし「いつまでも悩んでいてもしょうがない。まあやってみないと分からないよな」と思い、手元にある古いデジカメで不必要になったギター楽譜の写真を撮影しアップロード。

 すると格安に値段を設定したのが良かったのか、アップして10分程で売却することが出来、「利用してる人が多いんだ」とびっくりしました。

 売上金は数百円ですが、売りたい楽譜は多々あるので、チリも積もれば何とやらで、ある程度売り上げがたまったら、旅行資金に充当しようかなと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されている12日付のタイの新型コロナ新規感染者数は14029名。前回からの感染者の推移を見ると、19日の発表が16031名で、大きくなったものの、その後10日が14043名と減少。

 11日は15191名に増えたものの、12日は14029名ということですから、ほんの僅かですが減少傾向が見えてきたかもという気がします。

 ただ日本に比べると減少率も少なく、逆に死亡者数は多いようです。この違いの原因が良く分かりません。むしろ日本の減少率の高さが異常であるとも言えそうです。

 今日のヤフーニュースの記事では、日本の減少率の原因が不明と考えている専門家も多いという記事が出ています。個人的には民度の高さや衛生観念の高さかなという気もしますが、そうだとすると、逆に感染急拡大がなぜ起きたかという説明が出来ません。

 タイでテロ攻撃が起きる可能性があるそうで、日本大使館館から人が多く集まる場所には行かないようにという要請が出ています。

 タイのテロというと、エラワンで起きた爆発事故を思い出しますが、「どこで起きるか分からない」という恐怖があります。

 当時、テロが起きた数か月後だったと思いますが、BTSの高架から現地を見ることが出来ました。ただ、「また爆発が起きる可能性がある」とのことだったので、立ち止まったのは数十秒です。

 すでに観光客が詰めかけていたものの何やら物々しい雰囲気は感じました。画像が2015年10月に撮影したものです。

テロ数か月後のエラワン   
 同じようなことが起きなければいいのですが、心配です。
 
 

第1817回 パタヤで冠水被害

 今日の埼玉は朝から良い天気。気温も30℃ぐらいにはなるみたいで、久しぶりに半袖Tシャツの出番かなと思っています。昨日はいつもの診療所に行って8月下旬に受けた健康診断の結果を聞いてきました。

 結果はおおむね良好でしたが、気になったのが貧血と診断されたこと。赤血球に元気がないとのことでした。実は6月に頸動脈狭窄の手術を受けた頃から動脈硬化について気になるようになり、これ以上動脈硬化が進むのは良くないと判断して食生活を改善。

 野菜や海藻類、青魚と言われるものを多く食べるようにしていたのですが、その分肉食が減り、赤血球の生産に支障をきたしているのではという気がしています。

 ちなみに動脈硬化対策の食事について、脳のMRI検査を受けている別の診療所の医師に相談したところ、「今症状が出ているとすれば、それは40代、50代の頃の食生活が原因です」と言われ、さらに「今から食生活を改善しても、その効果はほとんどありません」とはっきり言われ愕然。

 「何だ、だったらもっとうまい物を、我慢しないでたらふく食った方がいいのかも」と思うようになりました。結局働き盛りの40代50代の食生活や生活習慣が老後の健康を左右するんだなと感じています。

 この頃の私は、夜はつまみをたっぷり食べて、アルコールをたっぷり飲み、それによってストレスを解消するような生活を続けていましたから、そのツケが今来ていると言えそうです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されている9日付のタイの新型コロナ新規感染者数は16031名。いったん14000名を切る水準まで下がったものの、再び上昇。ただ昨日は14176名だったので、曜日の特性もあるのかもしれません。

 日本ではあまり話題にならなかった台風13号ですが、現在ベトナム東沖に接近中。この影響なのかはよく分かりませんが、タイの各地で大雨が降っているみたいです。

 たまたま昨日はユーチューブでパタヤの様子を見ていたのですが、大雨によって街の景観が変わり果てていました。いつも歩いていたなあと思える通りが、50cmぐらいの深さで冠水。

 お店は最初から少し地面から高くなっている店が多いのですが、それでも店内に水が入り込んでいるようで、排水にかなり苦労しているみたい。

 通りを川のように水が流れ、息つく先はビーチ。そのためビーチ沿いの遊歩道のあちこちが崩れてしまい、さらに砂浜は流れ込んだ大量の水で、大きな亀裂が出来ています。

 私は過去何回もパタヤに行っていますが、こんな状況のパタヤに遭遇したことはないので、ラッキーだったなと今更ながら感じました。

 ちなみにタイ気象局は、この雨は13日まで続くと言っているようで、さらに冠水被害が出るのかもしれません。


 

第1816回 空港ランキングで、羽田空港が世界第2位

 今日の埼玉は朝から青空が広がっています。夜間は結構低温でしたが、これから気温が上昇する予兆を感じています。ただ天気予報を見ると、昼からは雨マークがついているようで、出かけるんだったら午前中だなと思っています。

 とはいえ出かける先は市民農園とスーパーぐらい。運動不足は感じるものの、自粛生活にも慣れてきた感じ。数年前は数か月ごとにバンコクやハワイに行っていた頃からすると、実にシンプルな生活になったなと感じています。

 その意味では、最近「自分にとって海外旅行の体験はどんな意味があったんだろうか?」と、ちょっと真面目に考えるようになりました。

 今やネットで世界のあらゆる場所の観光情報が手に入り、ユーチューブを見ればあちこちの観光地の映像を見ることが出来ます。映像で見るのと、実際に行って体験することにどれほどの違いがあるのか?と自問自答しています。

 ただ、旅行に出かけるときは、例え国内旅行の1泊程度の旅行であっても、玄関を1歩出た時のワクワク感は、普段の生活とは全く違う印象で、この「ワクワク感」や「トキめき感」が感性に大きな影響を与えるような気もします。

タイランドハイパーリンクスより
 
 今日発表されている7日付のタイの新型コロナ新規感染者数は13821名。6日付の新規感染者数は13988名で、久しぶりに14000名を切ったみたいですから、今後タイの感染者数は減少傾向になるのかも。

 ただ亡くなられる方の数字が大きい。原因は良く分かりません。ただニュースのコメント欄を見ると、検査数が減っている実態もあるみたい。

 感染者数が減っているから検査数が減ったのか、検査数が減っているから見かけの感染者数が減っているのか、日本も同様の傾向があるようですが、簡単に結論は出ないように思います。

 タイは10/1からチェンマイ、ホアヒン、パタヤでワクチン接種済みの観光客を受け入れ、バンコクは11月から再開となるみたい。さらに来年1月からは全国で再開予定だそうで、かなり期待が持てそうです。

newsclip.beより

 イギリスの調査会社が空港利用者の評価を元に決めた空港ランキングを発表。1位はカタールの「ドーハ・ハマド空港」だそうですが、2位はなんと日本の羽田空港。

 シンガポールのチャンギ空港は1位から3位に転落。以下ソウルの仁川空港、成田空港、ミュンヘン空港と続き、スワンナプーム空港は48位から66位に転落だそうです。

 転落理由は不明ですが、個人的に思うのは、やはり入国審査に時間がかかることが最大のネックではと思えます。


 

第1815回 「DACO」最新号を読んで

 昨日は雨の隙間をついて市民農園で農作業。8月下旬に蒔いた大根から順調に新芽が出ていたのですが、どうやら虫君たちの活動もまだ活発みたいで、次々と食い荒らされ、結局諦めてすべて撤去。改めて種を蒔きなおしてきました。

 しかし埼玉は今日もまた朝から涼しい感じ。最高気温は20数℃だそうで、血圧もちょっと上昇気味。体調の維持管理が難しい季節です。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されている5日付のタイの新型コロナ新規感染者数は15452名。バンコクは3606名でなかなか減らないようです。

 前回の記事で2日は14956名と書きましたが、その後3日が14653名、4日が15942名ですから、2万名は切ったものの、そこから先のもう一押しが感じられません。

 すでに昨年の感染拡大から1年9か月が過ぎ、9/1からショッピングモールの営業が認められたようですが、そういった記事が大きく取り上げられる状況はやはり異常に感じられます。

読売新聞より

 フィリピン航空が米国で破産法を申請という記事が出ています。負債総額は20億ドルだそうですが、金融機関から6億5500万ドルの支援を受け、運航は継続しながら再建を目指すそうです。

 なんで米国で破産を申請するのかちうのがちょっと良く分かりません。

 日本からはマニラやセブに飛ぶ航路が運航されているようで、利用した人も多かったのではと思っています。またANAはフィリピン航空の親会社と資本・業務提携を結んでいるそうですが、それがANAにどんな影響があるのかは不明です。

DACOより

 タイのフリーペーパー「DACO」の最新号(9/5号)をネットで見ています。最新号の特集の中に「タイで知っておきたい2年目のコロナ」という記事があり、結構参考になります。

 ページごとにコロナ予防、コロナの症状、接触レベル、自宅療養の過ごし方、体験談、ワクチン事情、薬、消毒等に分けて詳しく解説。

 また下川裕二さんが「タイ社会の変容」についての記事もあって、短文ですが、ナナ周辺の現状にも触れています。