fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1991回 ルネッサンスバンコク

  今日の埼玉は朝から曇り空。ただ気温は高め。雨は降らないようです。ただ明後日金曜はちょっと冷え込むみたい。最後の冷えかなと思っているので、週末は衣替えでしょうか。

 というかすでに春物を着ているので、週末は厚手の冬物を仕舞いこむ日になりそうです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は197420名。昨日が22130名だったので、大きく減少。ただ1週間前の最低値は18943名でしたから、安心はできない感じ。

 一方バンコクでは3/15から店内飲酒の制限が緩和されるみたい。許可のある店では夜11時まで飲酒が可能になるみたいです。ただしバーや娯楽施設ではレストランとしての営業許可がない限り営業は不可。

 要するにナイトライフの再開はまだまだ先。とはいえ一部のお店はすでにレストランとして営業許可を取って再開しているという話も聞きますので、だんだんその境界は曖昧になっていくような気もします。

 さてチットロム駅周辺のホテルを見ているのですが、これまで話題にしたことがない5つ星ホテルが、駅の南西200mほどのところにありました。

 名前が「ルネッサンス・バンコク」。なんか格好良い名前です。グーグルマップの口コミ評価は4.5ですが、宿泊価格を見ると9000円弱なので、私の予算内。

 口コミをいくつか読んでみましたが割と高評価。駅からはショッピングセンターの建物を突っ切ってそのまま行けるみたい。ただ建物周辺の道路は結構狭いようで、タクシー利用はちょっと不便そうに見えます。

 ホテルの公式サイトで宿泊価格を見てみたら「Test&go」プランでは1泊が6710円と書かれています。通常の料金だと1万円弱のようです。

 部屋の広さは38m2となっていますから、一人なら十分寛げる広さです。バスタブと独立したシャワーブースもあるようで、私の定宿である「エータスルンピニ」と似た雰囲気を感じます。

 ホテル内には洋食、中国料理、イタリア料理のレストランやバーもあるみたい。まあ5つ星ホテルとしてなら当たり前だろうという気もしますが、それぞれのレストランの評価も高いみたいです。

 一度は利用してみてもいいかなというホテルがまた一つ増えました。ここに宿泊していれば、セントラルワールドやサイアム方面への移動も楽そう。

 買い物好きにはかなり便利な立地と言えそうです。
 
 

第1990回 ホリデイインバンコク

 今日の埼玉は朝から良い天気。気温も高め。天気予報を見ると、この後昼に向かって気温もぐんぐん上昇。場合によっては25℃になるみたいで、「こりゃ半袖の準備も必要だな」という感じです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は23584名。昨日は24592名、一昨日が24792名となっていますから、かろうじて25000名を下回っている状態。

 バンコクが2967名、チョンブリが1191名ですから、私の感覚では厳しいなと思えますが、だんだんこういった数字にも慣れてきて、若い人は気にならないのかもしれません。

newsclip.beより

 ガソリン価格が上昇しているので、いずれサーチャージにも影響するだろうなとは思っていました。JALは4/1発券分から、サーチャージを値上げするそうです。

 タイ便は片道8500円から9800円になるみたい。往復で2600円の値上げ。しかし今の状態が続くと6月からは更に値上げということも考えられ、夏の旅行計画に影響が大きそうです。

 さて調査する順番が逆になってしまいましたが、チットロム駅の西側、インターコンチネンタル・バンコクに向かう途中にホリデイイン・バンコクというホテルがあります。駅からは150mくらい。

 ホリデイインというホテル名はなんか気安さを感じますが、高級ホテルではないという印象を受けていました。実際BTSの高架橋から見える建物の外観は大きな特徴も感じられず、「普通のビジネスホテルだな」という印象を持っています。

 ちなみに宿泊価格を調べる過程で分かったことですが、どうやらシニア割引価格というのもあるみたいで、ほんの少しですがさらに安くなるみたいです。


 改めて調べてみると、グーグルマップの口コミ評価は4.4で4つ星ホテルとなっていて、ちょっと印象が変わりました。提示されている宿泊価格を見ると1泊が7500円前後でかなり安い。

 駅から近く4つ星ホテルでこの価格というのは、やはり施設の老朽化が進んでいるのかなという感想ですが、いくつか口コミを読んでみても、あまり悪評はない感じ。リピーターも多いようです。

 公式サイトにジャンプして宿泊価格を確認すると、最低料金が2060Bとなっていました。トップページに掲載されているホテル外観の画像は、BTS高架からの眺めとはちょっと違ってそこそこ高級感がありそうです。

 部屋の設備はどうなのかなと見てみましたが、通常の部屋にはバスタブがないみたい。スイートにはありそう。スイートは68m2と書かれているのでかなり広い。というか一人では広すぎる感じ。
 
 私にはバスタブがないことがネックになりそうですが、気にならなければ駅からは近いし、従業員さんのサービスも良さそうなので、リピーターが多いことも分かるような気がします。


 

第1987回 ノボテルバンコク・プルンチットスクンビット

 今日の埼玉は朝から寒い。ちょっと冬が戻った感じ。先ほどゴミを捨ててきましたが、冷たい北風も吹いているようです。 明日は気温も上がり、19℃の予報になっているようですが、その分花粉も多く飛びそうです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は23618名。週末にかけて増加する傾向があるとはいうものの、やはり2万名台が定着した感じです。
 
 日本の新規感染者数も、個人的には下げ止まってきたなと思っているので、今後は再び反転するのかもしれません。4月初めに国内旅行に行こうと思い、国内線のチケットを先日予約しましたが、その先ホテルの決定に躊躇しています。

アジアトラベルノートより
 
 タイ・エアアジアXが5月1日より成田~バンコク便を再開する予定だそうです。料金は15500円~だそうで、距離を考えると信じられないぐらい安いです。
 
 スケジュールを見ると、行きの成田発が9時15分となっていて、結構朝が早い。一方帰りはバンコク発が23時50分の夜行便ということで、体力に自信が持てない私は利用できなさそうです。
 
 しかし最終日夜の9時ぐらいまで遊んで帰国ということも出来そうで、若い体力のある人向きだなという気もします。

 さて今日はグーグルマップでナナ駅の隣、プルンチット駅を見ています。駅の真ん前東南側に「ノボテル・バンコク・プルンチット・スクンビット」というホテルがあります。

 駅からは高架では結ばれていないものの、駅から階段を降りてスクンビット通りに出て30mほど歩くとホテルの入り口になります。ただ敷地が狭いせいか、ホテル前のロータリーはかなり狭いです。

 グーグルマップでの口コミ評価は4.5で4つ星ホテルとなっています。表示されている宿泊価格を見ると6000円台が多い。過去に私も宿泊したことがあるホテルですが、当時の宿泊価格は1万前後だったと記憶しているので、ちょっと値下がり気味?

 いくつか口コミを読んでみましたが、値下がりの理由が不明。私も感じましたが、スタッフの対応は良かったです。ということはやはり施設の老朽化と部屋の狭さで値段が下がっているのかも。
 
 公式サイトに飛んでキングサイズベッドのスーペリアルームを見てみると、価格が5400円ぐらい。写真で見る限りですが、部屋の広さは25m2前後ですがバスタブがないことが日本人にとっては、大きな欠点かも。

 しかしバスタブの有無を気にしない人にとっては、この値段だったら利用価値は大きそう。ともかく駅からの利便性は抜群です。

 ちなみにこのホテルからソイ4のナナプラザまでは400mぐらい。ナナ駅からナナプラザまでは300mぐらいですから、ちょっと遠い。ただ気軽に歩いて行けるのは間違いなさそうです。
 
 

第1989回 インターコンチネンタルバンコク

 3回目接種の副反応は結局接種部位の痛みだけで終了したようです。接種3日目の今日の朝にはその痛みもほとんどなくなりました。

 感覚的なものですが、1回目接種の副反応とよく似ているので、それだけ体内の抗体量が減少し、1回目の接種を受けた状態に戻っていたのではという気もします。

 しかし国は4回目の接種の検討を始めたということですから、半年後にはまた接種を受けるかどうかの判断を迫られるような気がします。

 ちなみに日本全体の感染者数は、歩みこそのろいものの3回目接種の普及につれて緩やかに減少しているような気もします。

 結局第5次の感染拡大が急速に減少した理由は今も明確な説明がありませんが、やはり2回目接種が急速に進んだことが原因であるというように感じます。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は 22984名で再び2万名越え。地域別ではバンコクが3192名、チョンブリ978名だそうで、まだまだ安心できるレベルではなさそう。

 タイで3回目の接種を終えたのは2100万人を越えているみたいなので、接種率はちょうど30%ぐらい。日本よりは普及しているので、もう少し感染者数が減ってもいいのではという気もするのですが、もしかすると当初に使用した中国製のワクチン効果が十分でなかったのではという気もします。

 ちなみにタイで現在利用されている3回目のワクチンはアストラゼネカ、ファイザー、モデルナとなっているようで、交差接種の組み合わせも人によって様々になっているようです。

 さてBTS至近のホテルを調べています。今日はチットロム駅。初めてタイに行ったときから伊勢丹に行くために利用するようになっている駅です。

 駅を降りて西に向かい200mほどのところの北側に、超高級ホテルだという認識だった「インターコンチネンタルバンコク」があります。

 BTSの高架からホテルの入り口付近を見下ろすと、真っ白な制服に身を包んだドアマンがいつも立っていて、「すごい高級ホテルなんだな」という印象でした。

 その後旅行中にホテル内の中華料理レストラン(サマーパレス)を利用したこともあるのですが、従業員さんの対応は洗練されているものの、意外に人懐っこく、良い印象でした。料理の味も良く、値段も高級ホテルにしてはまあ妥当という印象でした。

 改めて今の宿泊価格を公式サイトで見ると1泊が1.6万円ぐらい。個人的には予算オーバーですが、一度ぐらい超高級ホテルに宿泊してもいいなと考えれば、なんとかなりそうな気もします。
 
 部屋ですが、「クラシックルーム」というのが一番スタンダードな部屋のようで45m2。バスルームにはバスタブと独立したシャワールームがあるみたい。

 レビュー評価も高く、いくつか読んでみましたが、概して朝食の評価が高いみたい。私の気持ちの中では、気になるホテルの一つ
として記憶されました。


 

第1988回 タイに滞在しているロシアの観光客

 昨日は妙に寒い1日でしたが、近隣の都市で新型コロナの第3回目ワクチンの集団接種が行われるという情報を聞きつけて、朝1番の接種を予約。

 実際の接種にあたってはモデルナのワクチンということで、私の場合はファイザーを2回、最後にモデルナという交差接種になりました。

 怖いのは接種後の副反応、果たしてどんな反応が生じるのかと緊張しながら接種。接種後は緊張しすぎたせいか、ちょっと動悸やめまいを感じましたが、どうやら心理的なものだったみたい。

 帰宅して「とりあえず寒い日だし今日は1日静かに過ごそう」と考え、自宅で生活。夕方ごろから左腕上腕部が傷みだしましたが、寝る時になっても発熱の気配はなし。

 枕元に体温計とポカリスエット、さらにロキソプロフェンを用意して寝ましたが、若干眠りが浅く、又左腕の痛みが気になった程度で、無事朝を迎えました。

 今日1日様子を見る必要があるなとは思っていますが、今回の副反応は、初めてファイザーを接種した時の1回目の副反応に似ている感じです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は18943名。曜日の関係で少なくカウントされる日だと思うのですが、2万名を切ったというのは朗報であるような気もします。

 ただ地域別に見るとバンコクは2939名、チョンブリは1003名だそうですから、都市部はまだ安心できるレベルではなさそうです。

 ちなみに私が不安に思いつつ3回目接種を決断した理由は、4月以降に国内もしくは海外に旅行に行きたいなと考えているからです。

 結局旅行先で感染して病気療養というリスクをなるべく下げるためには、副反応の強弱が不明であっても受けておく必要があるなという判断です。

 タイ国内にロシアとウクライナの旅行者が7000人いて立ち往生という記事が出ています。プーチンさんの蛮行により世界から経済制裁を受けているロシア国民ですが、タイに来ているのは一般の観光客のはず。

 しかしこれからのタイでの生活をどうするのか?手持ちの現金がルーブルだけだったら、タイバーツには両替できない状態が続いているようですから悲惨。

 クレジットカードも使えない、国際送金も使えないとなると手持ちのお金でやりくりするしかない。もしドルを持っていればしばらくの間は持ちこたえるでしょうか、その先は?

 帰国しようにもロシアとタイを結ぶ直行便は現在運航していないみたい。いったいどうなるのか?他人事ながら気になります。