FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第86回 バンコクのホテルを選ぶ条件(2)

 バンコクのホテルを選ぶ条件の二つ目は、やはり宿泊価格。その昔、バンコク旅行記を初めて読んだときはバックパッカーの旅行記が多く、そこにはカオサン付近の安い宿について、面白おかしくかかれたものが多かったように思います。

 1泊500円というような記述だったと記憶していますが、現状については良く分かりません。一度カオサンを歩いたことがありますが、今はずいぶん観光地化されているなという印象でした。

 一方チャオプラヤ川流域には、超高級ホテルがいくつかあります。これまた私が宿泊対象とするようなホテルではないと思っているので、宿泊価格を真面目に調べたこともないのですが、たぶん1泊数万円なのではと想像しています。

 チャオプラヤエクスプレスに乗って王宮方面に向かうと、こういったホテルを川から目にすることが出来ますが、川辺にはいかにも欧米人が好みそうなプールやレストランがあります。

 逆にホテルの室内から見下ろせば、庶民の船が川を行き来するのを見下ろすことが出来ますから、たぶん外を見ているだけである種の優越感にも浸れるのではないでしょうか。

 というわけで、バンコクにはピンからキリまでホテルがあると言われるわけですが、そんな中で60代のおじさんがある程度満足できるホテルの宿泊価格はいくらぐらいなのか?

 それは逆に個人個人がホテルに求めるものによっても異なるとは思いますが、先ずフロントに出向いたときの従業員さんの雰囲気は大きいなと思います。

 仕事ではなく遊びで行くわけですから、「微笑みの国」という言葉をキャッチフレーズにしている以上、にこやかに対応してくれればいいなと思っていますが、かつていくつかのホテルでは「ずいぶん事務的だな」と感じたこともあります。

 ただしそういう事務的なホテルであっても、それがむしろ機能的でわずらわしさがないから好みだという人もいるかもしれません。

 次にホテル全体に老朽化が目立つのも興ざめ。メンテナンスがしっかりしていれば言いのですが、安いホテルはメンテナンスにお金を回せませんので、ますますみすぼらしくなります。

 さらにバンコクのホテルの部屋は一般的に日本のホテルより、やけに無駄な空間だなと感じるぐらいゆったり作られています。しかし一人で60m2のスイート仕様の部屋に宿泊しても、空間を持て余すだけだと私は感じています。

 その意味では、居心地が良いなと感じるのは30~40m2程度の部屋が、適度にゆとりがあって使いやすいなと思っています。(長くなったので明日へ続きます)


関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する