FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第75回 漫画喫茶でくつろぐ

 昨年の年末バンコクではプロムポン駅周辺も歩いたのですが、そのとき工事中だった「エムクオーティエ」というショッピングビルが3月27日から先行オープンしているみたいですね。白っぽい美しいビルで、工事中の概観を見ても、高級感がありました。

 営業店舗には「ユニクロ」や「ビームス」「ソニー」「JTB」「紀伊国屋書店」というの日系ブランドも入るそうで、全店舗数が約130。こんなにあちこち商業施設を作って、過当競争になっていないのかというのが気になるところですが、新しく作るということはそれだけ売り上げがあるという見通しも立っているのだと思います。

 さてバンコクでの昼間の時間の過ごし方ですが、マッサージ、映画、読書と来て次が漫画喫茶です。

 私がここのところ頻繁に利用するようになったのは、「トンロー駅」から歩いて10分程度のところにある「KOTO」という漫画喫茶。トンロー駅の3番出口を出てソイ55を北上。400mほど歩いた先の小道を左折。30mぐらい先の右側です。

 日本ではこういった店を利用したことはありません。周辺には飲食店もあり、特にお隣のラーメン屋さんではなく、数軒手前の中国料理やさんはおいしかったです。

 もちろん「KOTO」でも、日本風の食事をすることも可能です。店はそれほど広くはありませんが、2階もあります。中央に机と椅子があり、壁際にびっしりと漫画本が並べられています。

 店に入ると一番奥に受付があるので、そこで飲み物や食事を注文して適当な座席に座ります。後は棚から好きな漫画を取ってきて読むだけ。値段的にも良心的に思えます。

 いつ行っても、私同様の暇な日本人?が、一生懸命漫画を読んでいます。週刊誌の最新号も置かれていますので、これも結構利用価値が大きそうです。

 またこの店までの途中の歩道沿いには、様々な飲食店があり、それらを見ているだけでも楽しいです。また駅近くにはタイ特有の、レストランと屋台の中間ぐらいに位置する、いわゆる食堂のような店もいくつかあり、最近は「おいしそうだな」と感じるようになりました。
 
 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する