FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第73回 バンコク旅行中に映画館もおすすめ

 今日の朝刊に「タイ、戒厳令解除へ」という見出しが出ていました。現在解除をするかどうかの検討段階だそうですが、戒厳令という物々しい語句がなくなるのは、観光客にとってはありがたいことです。

 ただ、実際に旅行をしていると、「戒厳令」という語句はほとんど意識に上りません。逆に言えば、「戒厳令」があったために治安も安定している可能性もあります。

 ゴールデンウイーク中のバンコクは、今のところ人気がかなりあるようですから、戒厳令解除かもというニュースは、タイの観光業界には恵みとなりそうです。

 ところで、3月24日にバンコクでは大雨が降ったようで、スクンビットのロビンソンデパートの地下にあるスーパーが浸水なんていう記事がネットに出ています。

 まあバンコクに大雨と洪水はつき物ですが、これに対する都知事の発言「洪水がいやなら山に移り住むしかない」という責任転嫁とも取れる発言は、いかにもバンコクらしいです。日本なら進退問題に発展しそうです。

 バンコクでは、この週末モーターショーが一般公開されているようですが、そこで来場者をひきつけているのがコンパニオンなんだそうで、写真も出ていますが確かに若くて美しい。一見の価値があるかもしれません。

 さてバンコク旅行で昼間に何をするかですが、最近私は映画館に良く行くようになりました。日本で行くより頻度が多いかもしれません。

 上映されているのはタイ語または英語ですから、内容が分かりやすいものを選ぶしかないのですが、料金も安く、椅子も座り心地がよく、空間も広め。それほど混雑することもないので気に入っています。

 音響も良く、シートもちょっと高いペアシートみたいなものがあって、映画館でビジネスクラスを楽しめる雰囲気。また公開れるのも何故か日本より早いので、最新作を誰よりも早く見ることができます。

 注意事項としては、本編が始まる直前に国王の映像が流れ全員が起立すること。これは観光客も全員立ち上がっています。また会場内が寒いこと。かなり冷えるので、Tシャツ、半ズボンだと途中でトイレに行くことになりそうです。  

  
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する