FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第63回 スワンナプーム空港の入国審査

 スワンナプーム空港ですが、とにかく広いです。飛行機を出てからイミグレーションまで、のんびり歩いていると15分以上。歩く歩道上を必死に歩いても10分近くかかることが多いです。

 焦って行っても、結局機内預けのスーツケースがなかなか出てこないこともあるので、あまり急ぐ必要もないのですが、問題はイミグレーション(入国審査)です。

 機外に出た人が急ぐ理由は、要するにこのイミグレが妙に混雑するときがあるからだと思っています。最近はそれでもきれいに並ぶような体制が出来ていますから、かなりイライラは減ったと思いますが、それでも到着便が重なると、通過に30分以上かかることがあるみたいです。

 というわけで、多くの人が飛行機を出ると、必死に急ぎます。私もどちらかというと急ぐほうです。(ちなみに昨年の旅行では最長15分ぐらいで通過しました。ただしゲートの場所を以下の記述のように移動したりしています)

 イミグレーションは、向かって右側がタイの地元の人用で、左側が外国人用。それぞれの列に並ぶと、最初に入国審査書類をきちんと書いているかどうかのチェックがあります。

 以前はこれを入国審査を行う係官がやっていましので、その時点で未記入が分かると、そこでその書類を完成させる間、後ろに並んだ人は延々と待つという不都合がありました。今はそれがなくなったので、かなりイライラ感も減少しました。

 入国審査は、パスポートと入国審査書類を見せるだけですが、それを事務処理する係官は、笑顔をまったく見せません。「微笑みの国じゃないぞ」といつも感じますが、これはこの10年まったく変化無しです。

 ちなみに入国審査を行うゲートは二箇所あって、200mぐらい離れています。片方がやたら混んでいるときは、もう一箇所に向かうと空いていることが多いようです。

 またこの二つのゲートの中間あたりに、ビジネスクラス以上の人だけが利用できる「プレミアムレーン」というのがあって、ここだと待ち時間はほとんどありません。

 なお機外に出た直後から、あちこちに両替所があります。レートは日本の銀行に較べるとかなり良いのですが、市街の両替所に較べると、かなり割高です。

 どうしても両替が必要なら、当面必要な交通費ぐらいを両替して、あとは市街の両替所を利用したほうが節約になります。
 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する