FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第54回 バンコクには子供が遊べる遊戯施設がない?

 エカマイにあるショッピングモール「ゲートウェイ・エカマイ」に、昨年開業予定だった「スノータウン」が7月にようやく開業することになったようです。

 建物の地下に水族館を作った「サイアム・パラゴン」の「オーシャンワールド」もすごいなと思いましたが、今度は雪です。広さが3000m2。中央に400トンの雪を積もらせ、その周りに店を配置するようです。

 ただし実際に雪があるのは750m2と書かれていますから、だいたい25×30m2という広さになり、イメージとしては体育館ぐらいでしょうか?商業施設はその他の2250m2となっています。

 バンコクの人たちにとって雪はものめずらしいと思われるので、人気が出るかもしれませんが、雪の維持やその中での遊び、気温等を考えると、実際どうなんだろう?という気はします。

 しかし面白い試みですし、こういうことを大胆にやってしまうというのも、タイという国の特長であるような気もします。

 入場料がいくらに設定されるのか、関心がありますが、上に書いたオーシャンワールドの入場料もどんどん上昇しています。開業当初は確か500B前後だったと思われますが、今は正規入場料がなんと990B

 ホームページを見ると、観光客と地元の人では料金プランが違っていて、地元の方は半額ぐらい。バンコクのお寺でもそうですが、かなり大きな差別?があるようです。

 ただホームページでチケットを予約購入すると、平日の昼間の午前中なら745Bになるみたいです。しかし円換算で2800円ぐらい?水族館の規模を考慮すると、どう考えても割高です。

 とはいうものの、家族連れ観光客がバンコク市街で遊べる場所というのは限られているような気もします。大人は買い物やマッサージ、お寺めぐりやグルメといったことで遊べますが、子供連れには辛い。

 家族連れはやはりバンコクを通り抜けてプーケット方面に行くのでしょうか?しかし乗り換え等の手間や、飛行時間、海の美しさを考えると、日本人の場合はハワイのほうが良いようにも思えます。

 というわけで、当たり前ですが、まだまだバンコクには子供たちが気楽に遊べる施設が少ないということなのだと思います。そう思ってみると、いわゆる遊園地の類が全然ないなと改めて気がつきました。   
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する