fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第53回 バンコクの物価上昇と円安に打撃を受けつつあります

 バンコク関連の最新ニュースを見ているのですが、プロムポンの「エンポリアム」に2月中旬高級映画館がオープンしたという記事がありました。

 平等性を尊ぶ?日本では余りこういった差はないように思いますが、ともかくニュースの写真を見ると、その雰囲気が豪華。シティホテルのフロントのような受付と、飛行機のファーストクラスのような座席が用意されています。

 見るものは同じ映画ですから、何もそこまでという気がしないでもないですが、カップルでこの座席に座って、手を取り合って映画を見る、なんてことが楽しそう。

 価格は、最高700Bですから、一度ぐらい経験してもいいかなと思いますが、一人で座るのはちょっとさびしい気もします。

 
 
 しかしこういった座席が販売されるということは、バンコク市街の物価がどんどん高騰しているということのように思えます。さらにこういった座席を利用できる地元の人たちも増えているように思えます。

 というわけで、ここのところタクシー値上げが話題になっていますが、当然ながら衣料品や食品の類もどんどん値上がりしているように感じます。

 日本人の場合は、これに政府が主導する円安が加わりますので、さらに厳しい。今日のヤフーのバーツのレートは3.7円を越しています。ということは10000円が2700Bぐらい。

 海外で年金を使って長期滞在を夢見ていたこともありますが、この物価と現在のレートでは、もしかしたら日本のスーパーの食材の方が安いかもしれません。

 ということは航空券代や住居代まで考慮すると、タイでの長期滞在は今後ますます厳しくなりそうです。そういったリスクを避けるために、現地の銀行に口座が開ければいいのですが、旅行者は結構大変そう。(一応口座を開ける可能性があるということは知っています)

 もう一つ最近考えていることは、私はハワイ好きなので、わずかですがドル預金をハワイの銀行でしています。これをバンコクで引き出し、ドルからバーツへ両替するという方法もあるなと思いつきました。ただ手数料等は調べていません。

 ともかく今後も円安が続くとすると、旅行はますます厳しくなりますから、旅行好きとしては、なんとか少しでも対策を考えないといけないなと思っています。


関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する