FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第27回 帰国しました

 いやあ、帰ってきちゃいました。残念です。しかし仕事もあります。

 今日は飛行機が8時15分発のJALだったので、6時45分には空港に行った方がよいなと思い、さらにこの時間だとタクシーが便利と判断。

 だとすると6時過ぎにはホテルを出た方がよいので、遅くても5時40分には起きていようと目覚ましをセット。しかし起きたのはいつものように目覚ましが鳴る前の5時10分ぐらい。

 パジャマ等をスーツケーにいれ、忘れ物がないように同じ場所を何回もチェック。フロントに5時50分に行きチェックアウト。その場で「タクシーを呼んで欲しい」と告げると、すぐに連絡がいったようで「ちょっとそこで待ってください」と言われました。

 実は今回宿泊した「バンダラ・スイーツ」の前の通りは、交通量が多くなく、早朝にタクシーが捕まるのかなとちょっと不安に思っていました。

 しかし5分も経たないうちにタクシー登場。スーツケースを後ろに入れて、座席に収まると、運転手さんが「スワンナプーム空港?」と聞いてきましたので、「Yes」と一言。

 するとすぐに「500Bでいいか?」と聞いてきます。実勢価格とそれほど変わらないとは思ったのですが、やはりメーターで行ってもらいたかったので、はっきりと「ノー」と言うと、すぐにメーター使用。

 ホテル前ですから、ホテルのドア係りも見ていますので、ごちゃごちゃやりたくなかったのかもしれません。運転は比較的安全運転で好感がもてましたので、「その一言がなければ、逆にチップを多めに出そうと思っていたのになあ」と、ちょっと意地悪い心境に。

 途中高速を使って、これが75B。これはもちろん客が支払います。スワンナプーム空港までは30分ぐらいで、結局料金が261B。ということで280Bを渡しました。合計355B。

 以前は空港までメーター料金は220B前後でしたから、やはり料金値上げの恩恵はあるのだと思います。

 空港到着後は、さすがJAL。チェックインもすぐに終わり、手荷物検査、出国審査を通過し、ここで最後に「マンゴツリー」という店でヌードルを食べ搭乗口へ。

 機内食はカツカレーを選択しましたが、これも割とおいしかったです。途中いつもより揺れるなと思ったことが2回ほどありましたが、後は順調な飛行で、ほぼ定刻に成田空港着陸。

 頭の中には、まだゴーゴーのズンズンというリズムが響いているようで、旅行の思い出が走馬灯のように駆け巡っています。

 とりあえず、今回は短期集中型の充実した旅行だったなと感じています。
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する