FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第20回 セブンイレブンの店内に入ってみましたが・・・

 突然ですが、金曜日から5泊6日でバンコクに行くことが決まりました。飛行機は出発6日前の24日に決定。現在ホテルの予約を依頼していますが、まだ旅行代理店から返事が来ないので結構綱渡りです。

 過去にも7日前の予約ということがありましたが、今回はそれよりさらに1日切羽詰まっての決定です。職場の仕事に日程の変更があり、空きが出来たためなのですが、気持ちは高揚しています。

 
 ちなみに飛行機はJALの午前便。行きが羽田出発、帰りが成田着という変則旅行。(我が家は埼玉県です)旅行中も近況を書けたら良いなと思っています。なおこれが15回目のバンコク旅行となります。

 さて、話しを戻します。歩道橋を渡ってラチャダーのエメラルドホテルの斜め向かいあたりにあるセブンイレブンです。入り口のまん前辺りまで屋台がせり出し、そこを通勤に向かうと思われる多数の人たちが肩をぶつからせるようにして行き交っています。

 「いやはや大変な街だな」と思いつつ、自動ドアを潜り抜けると、そこは通りの雑踏とはまったく異なる垢抜けたコンビニの店内が広がるはずでしたが、どうもイメージが違う。

 先ず広さが日本のセブンイレブンの半分か3分の1ぐらい。間口が狭く、奥行きがあります。しかしその関係か、通路が妙に狭い。そこを恐る恐る通り抜け店内をぶらぶら。

 日本のきれいに商品が陳列されている店に較べるとどこか雑然としている。確かにここの商品はきちんと区分されているのですが、なんか違う!原因は不明。たぶんですが、足元等になんとなくおいてある陳列しきれない商品や補充されていない商品のせいかもしれません。

 というわけで、折角だからビールでも買って帰ろうかと思ったのですが、ショーケースを見たら欲しかった銘柄がなんと1本しかない。

 日本なら「もっともっと買ってくれ」と言わんばかりに、1本取るとその奥のビールが自動的に滑り出てきますが、この店の欲しいビールは1本だけ。その周囲には空間が広がっています。このあたりも雑然とした雰囲気を感じたのかもしれません。

 それでもしょうがないので、そのビールでも買おうかと思って手を伸ばし取り出したまでは良かったのですが、振り返ってレジを見たら大混雑

 しかも日本の通勤風景のように、係員さんも妙にテキパキ動いていてびっくり。実はこの時点で、自分が持っている小銭が何Bに相当するかも分かっていない状況だったので、なんだか気後れ。結局すごすごと退却。

 店を出て屋台の間を抜け、相変わらず寝ている犬の傍らを通り、屋台を通り抜け、目つきが悪そうに見えるバイタクのお兄ちゃん達の間を抜け、ホテルのロータリーへ。

 たかだか20分ぐらいの散歩でしたが、カルチャーショックが大きすぎます。 

 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する