fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1840回 ワットクンチャンが紹介されていました

 今日の埼玉は朝から曇り空。天気予報ではこの後晴れてくるとなっていますが、現状の雲はかなり分厚いようです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は6904名。 ようやく7000名を切る水準になりました。バンコクは813名、チェンマイ373名だそうで、都市部がまだ多い感じ。

 とはいえ、順調に減り始めたことは間違いなさそうです。

 ミャンマーから密入国する人が増えているようです。政治が不安定で、治安やコロナ感染の問題もあるはずで、やむに已まれずということでしょうか。

 今日発表されているのはこれまでで最高の218名ということです。画像も出ていますが、本国ではかなりきつい労働をしていたように見える服装です。

 ブローカーに一人当たり25000~26000Bを払ったということですが、日本円にすれば30万円になり、そんなに払えるのかとちょっと信じられません。

 しかもこの人数で国境近辺をウロウロしていたら逮捕されるのは明白なような気もしますが、やはり本人たちは本国を脱出したいという一念だったと思わざるを得ません。

 日本ではかなり有名になった「ワットパクナム」ですが、そこから徒歩5分ほどのところに「ワットクンチャン」があります。ワットパクナムからは、路地を通って小さな橋を横断します。

 川には多数の魚が生息しているようで、地元の人が餌をあげている姿も見えましたが、水面が泡立つように魚が集まり壮観でした。

 ワットクンチャンは記事を読んでよく分かりましたが、どうやら現ミャンマー風の建築様式となっているようです。

 実際私も見てきましたが、これがタイのお寺?と思えるような奇抜なデザインの建物や仏像、お釈迦様、動物の姿が目に付きます。

 お釈迦様を支える象の下には、金色の大きな球を持った「プララーフー」と呼ばれる、真っ黒な顔をした神様もいて、ここでも他とはちょっと違うなという印象を強く持ちます。

 リンク先ページに出ていたグーグルマップを見ると、川を渡る前の道をさらに南に進むと「Wat Absonsawan」というお寺もあるみたいで、どうせならここも見たかったなとちょっと悔やんでいます。

 またワットパクナムから北に進むとやはりお寺がいくつか点在しているみたいで、いずれもグーグルマップでの口コミ評価は高いみたいなので、このあたりをフラフラ彷徨うのも面白いのかもしれません。


関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1815-0171cae0