FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1814回 10/1から国境開放?

 埼玉は猛暑から一転して気温が急低下。連日20数℃となり、天気も雨が降り続いています。好きな市民農園での農作業も休まざるを得ず、さらに近所の散歩も出来なくなり、かなり運動不足。

 例年、こういう時は近郊のショッピングモールを徘徊し、買い物とウォーキングを兼ねていたのですが、不要不急の外出はダメと言われると自粛せざるを得ません。

 8月後半にようやくワクチン2回目の接種を終え、ほぼ2週間が経過。体内ではコロナウイルスに対する抗体量が目いっぱい増えているのではと期待しているのですが、どのくらい増えているのかは不明。体調もそれほど変化を感じません。

 まあインフルエンザのワクチンを接種しても、基本的に体内の変化は感じませんからしょうがないのかなという気もしますが、コロナワクチンの抗体量は、高齢者の場合3~6か月で急に減ってくるというニュースもありますから、旅行に行くなら今が最適なのかも。

タイランドハイパーリンクスより

 2日付で発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は14956名。前日が14802名ですから、増加数はわずか。先週の金曜日に発表された数値は18702名でしたから、かなりの減少。

 一方亡くなられた方は262名。相変わらず高率で、この状態は感染者数の減少が際立ってきた頃(8月下旬)から一か月ぐらいは継続すると思われます。

 そういった状態を意識しているのか、10/1からタイは外国人に対して国境を開放するという案が出てきたみたい。注目すべきは、これが実現すればワクチン接種済みを条件として、バンコクやチェンマイにも隔離なしで入国できることになりそうです。
 
 さらに10/15にはその地域を拡大予定とのことで、地名を見ると、行ってみたい場所のほとんどが含まれています。タイのことですから、実際の実現にはまだ紆余曲折があるとは思われますが、コロナと共存への道をタイは進み始めたと言っても良いのではないでしょうか。

バンコクポストより
 
 バンコクから北に向かって130kmぐらい。アユタヤを通り越して30kmぐらいのところにアントンという街があります。近隣のアユタヤ、ロッブリーという街が有名で、これまで関心を持ったことはほとんどなかったのですが、ここにはかなり立派な寺院があるみたい。

 その寺院のいくつかが画像で紹介されていて、かなり見応えあり。最初に紹介されているのか「ワットムアン」というお寺の巨大仏陀像。

 どうやらタイでは一番大きな仏像とされているようで、仏陀の指の爪が人間の身長ぐらいあります。

 次が「ワット・タータラート」。仏塔の基盤が面白い形の建物になっているみたい。10階建てぐらいで、内部を登れるみたい。他にも道教系寺院や巨大な模型博物館みたいなものもあるみたい。

 改めてグーグルマップでこの辺りを見ると、多数の寺院マークがついていて、それぞれ特徴がありそうです。問題はただ一つ。どうやって訪問するのか、交通手段がさっぱり分かりません。 

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1788-df61ee01