fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1764回 新規感染者数増で、再び規制強化?

  埼玉は朝から小雨模様。気温は昼に向かって20℃前後まで上がるようですから、今後はじめじめした蒸し暑い日が続くことになるのかも。

 ただ湿気が多く暑い日は、ウイルスの活性は弱くなるという傾向もあるみたいですから、感染抑制には良いのかも。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は985名。昨日の感染者数を少し上回りました。海外からの入国者は5名なので、国内感染者は980名。確認されたのは62都県。

 タイの都県は77あるみたいですから、タイ全土の8割で感染者が発生しているということになります。多いのがチェンマイで246名、バンコク137名、チョンブリ92名、サムットプラカーン83名となっています。

 感染拡大が顕著になってきたためか、タイ王室庁は4/13から状況が改善するまで王宮等の施設を一時閉鎖することにしたようです。

 本来なら4/13から恒例のソンクラーンが行われるはずですが、催しは完全中止。当然それに関連した各地域で行われるイベントも次々と中止になっている筈。

 これまでは「タイの方が安全だ」と感じていた方も多かったと思いますが、この数字を見ると、巷で潜在的に増えていたウイルスが、一気に表面化したとも言えそう。

 もしくはやはり感染力の強い変異ウイルスが入り込んでしまったのか?それにしてもチェンマイあたりで急増となると、現地の医療体制は良く分かりませんが、すぐに病室が埋まってしまうような気もします。

 またバンコクポストには、トンローで発生したクラスターの中に変異株が見つかったという記事もあります。ただ変異種そのものがタイ全土に拡散している明確な証拠はないようなことも書かれています。

 日本でワクチン接種を終えれば、タイにも気軽に行けるようになる期待がありましたが、日本人高齢者へのワクチン接種そのものも始まったばかり。

 河野大臣は、高齢者への接種は6月中に終える予定と言っていますが、果たしてその通りに行くか?高齢者が遅れれば、一般の人たちへの接種も遅れるはず。

 さらにその後ワクチン効果で、日本とタイの双方で感染者数が減少し、その後入国に対する様々な制約が緩和されないと、一般旅行客の旅行は困難。

 旅行時期はどんどん後ろにずれこんでいく感じ。その間に高齢者の場合、年齢はどんどん増して、海外旅行に必要な体力も衰えるはず。「どうにかならんもんか?」とは思いますが、現状は1個人の力ではどうにもなりません。

 今は健康に留意して、体力が落ちないように頑張るしかないのかも。どうしても我慢できないときは、ユーチューブで現地の動画を見るしかなさそうです。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1737-c19ec012