FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第162回 タイ国際航空の印象

 今回の旅行では、初めてタイ国際航空を利用しました。私がこれまでのあちこちの旅行で乗ったことがある航空会社はJAL、ANA、CHAINA、ジェットスターという4つの航空会社のみ。ただしいずれもエコノミー席とビジネス席の経験あり。

 で今回のタイ国際航空ですが、チケット代が50000円ちょっと。同時期のチャイナは4万円ちょっとのチケットもありましたが、午前便の空席が無し。JALは6~7万。ANAも午前便は7万ぐらい。

 発着時刻を見ると、行きは成田発11時で、これは空港まで時間のかかる我が家からは助かる時刻です。しかもバンコクに到着するのは夕方4時前ですから、初日からたっぷり遊べます。

 いつも利用している安いチャイナは、成田が9時40分発で、ぎりぎりに到着することを覚悟しても8時半前に空港到着が目安になりますので、自宅出発は6時前でないと間に合いません。

 しかもチャイナの場合は台北乗継で、個人的には気分転換になってよいと思っていますが、時間的にはバンコク到着が5時ぐらいになり、まあ便利な時間だとは思いますが、移動している時間が9時間近く必要です。

 こういった長時間の移動が嫌なら、高くなることを覚悟してJALやANAを選択せざるを得ないのですが、タイ国際航空の時刻は、このあたりをうまく考慮しているように思えます。

 ただし帰国便は朝7時35分発と早く、前日の晩、飲み歩いて遊びほうけていると遅刻しそうだという不安はありました。(実際にはまあ何とかなるもんです)

 というわけで選んだわけですが、他の航空会社とここが違うなと思った点をいくつか列挙します。

・ 女性のフライトアテンダントさんの衣装が綺麗(いかにもタイという雰囲気)
・ 機内でのフライトアテンダントとのやり取りは、すべて英語
・ 男性のフライトアテンダントさんも多い
・ 行きのアナウンスはタイ語と英語のみ。帰りは日本語もあり
・ 座席はエコノミーですが、足元に若干余裕があるように感じました
・ 液晶が少し大きめ。ただし映画は日本語字幕は一切無し
・ 液晶はタッチパネル形式で、その下にリモコンがあり、操作が楽、反応も早い
・ 液晶の横にUSB端子あり
・ 食事はそこそこ美味しい
・ テーブルは折りたたみ式でスペースもそこそこある
・ ただし前席の人が座席を倒すと、やはり鬱陶しい
・ 機材そのものも割りと新しい(特に帰りのA380はきれいでした)
・ 天井の収納スペースが結構広い
・ 帰国便のA380は、2階建てということでしたが、天井が低いということはなかった
・ A380は機体が重いのか、加速が滑らか。上空では割と安定

 というような印象で、スターアライアンスに加盟しているので、今回のフライトで、私はANAのマイレージが少し増えたように思います。今後はチャイナの次に考慮する航空会社になりそうです。


関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する