fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1748回 タイ旅行のワクワク感がたまらない

 今日の埼玉は雨は上がったものの風が強い。土日に天気がよかったらお墓参りに行こうと思っていたのですが、風と雨で延期。今日こそと思っていたのですが、今日行ったら線香の火が藪火事を起こしそうで、今日も断念することになりそう。

 カレンダーを見ると、明日が彼岸明けということなので何とか明日には行きたいなと思っています。一方今日で首都圏に出されていた緊急事態宣言が解除され、想像通り土日の繁華街の人出は激増したみたい。

 その影響はすぐには表れないというのがこのウイルスの怖いところ。しかも相手は目に見えませんから、警戒しようにも手探りで行うしかない。

 てなわけで、当面私はこれまでと同じ生活を継続するしかないなと思っていますが、旅行に行きたいという気持ちは強まるばかりです。

 ちなみに行きたいのはやはり海外。なんでこうも旅行に魅力を感じるのかということをよく考えるようになっているのですが、その動機は、決まり切った日常生活からの脱却、解放に伴うワクワク感が大きいなと感じています。

 タイ旅行の場合は、最近はかなり厳しくなりましたが、以前はそういったワクワク感が、経済的に少し気軽に味わえるというのが大きな魅力になっているみたい。

 チャイナエアラインのビジネスクラスに乗って、ほんの少しですがエコノミー客とは違う扱いを受けて搭乗を楽しみタイに到着。空港からは日本では滅多に利用しないタクシーやリムジンに乗車。

 ホテルは1万円前後の宿泊料で30m2前後の広い部屋のシティホテルに宿泊することが出来、レストランでは300Bぐらいで、そこそこのおいしい料理が食べられる。

 昼間はあちこちの観光地を見て歩き見聞を広め、夜はちょっとした夜遊びを気軽に楽しめるというのが魅力。これらすべてが日常生活では感じられないワクワク感を生み出すみたい。

 そう思って通い続けて、今年が16年目。今改めて私のバンコク旅行の旅行記を記したメインサイト「バンコクぶらり一人旅」で確認したら、すでに過去28回行っていたみたい。

 あと2回で30回達成ということだったのですが、目前でコロナの感染が拡大。この間、バンコク市街では鉄道網が大きく発展し、ずいぶん便利になりました。

 一方タイの物価は少しずつ上昇し、逆に日本の経済は停滞気味となり、経済格差はどんどん縮小しているみたい。サイアムのショッピング街を歩いていると、日本との経済格差はほとんど感じられないばかりか、ある意味タイの方がきらびやかに見えることもあります。

 新型コロナの対策でも、タイでは政治形態の違いはあるものの、素早く対応しているように見え、日本の後手後手と指摘される感染対策を見ていると、かつての経済大国は3流国家に成り下がったのかもと思えることも多いです。

 まあ少子高齢化で老成した国家は、若く勢いのある国家に駆逐される運命にあるのかもとちょっと悲観的な見方もするようになっていますが、なんとか若い人たちに頑張ってもらいたいなという気持ちは強いです。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1721-00cf986e