FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1723回 大きな地震の震源地までの距離

 土曜日の寝入りばなの地震には驚かされました。私はだいたい11時までには寝ているのですが、「アッ地震だ」と感じたのとほぼ同時に、枕元に置いてあるスマホから、例の気持ち悪い音が鳴り響きました。

 ちなみに我が家は埼玉県ですから、震源地までの距離は300kmぐらいあるはず。地震波の速度は一般的には縦揺れのP波の方がスピードが早く、 6km/sぐらい。あとから到達するS波は3.5km/sぐらい。

 以前はこのP波(プライマリー波の略)とS波(セカンダリー波)の速度差を利用して、震源地までの距離を算出していました。

 というわけで、一般的な少し大きい地震の場合。最初にガツンと衝撃があって、しばらくしてユサユサ揺れるという感覚を覚えることが多いようです。

 ちなみに、P波の早さが6km/sだとすると、震源の福島県沖から埼玉までは、時間にして50秒ほどかかります。次にS波が到着するまでは86秒ぐらい。

 つまり最初に小さな振動を感じてから36秒後に大きな揺れが来るという計算になります。ということは最初に小さな揺れを感じて、しばらくしてか大きな揺れが来た場合は、震源地までの距離は離れているものの、かなり大きな地震が発生したということになります。

 てなことを頭に置きながら当日を振り返ってみると、緊急地震警報が来たのはp派の揺れが始まってからだったような気がします。そして警報が鳴っている最中に大きな横揺れが来ました。

 幸いに家具が倒れるといった実害はありませんでしたが、一応階下のリビングに降りて、火の元を確認後、テレビで概況を確認。東日本大震災を思い出した方も多いと思います。

 関係するかどうは分かりませんが、最近大量のボラが遡上、深海魚が浮上、クジラが漂着といった、海の生物に関する異常が報告されていたこともあり、ちょっと心配してました。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は166名。帰国者が28名。国内感染者は138名。サムットサコン県の感染者は減少傾向ですが、変わってパトゥターニー県での感染者が増えているみたい。

 と言われてもこの県がどこにあるのかが不明。というわけでグーグルマップで調べてみたら、バンコクの北、ノンタブリーの北に位置する県みたい。

 ドンムアン空港の北と言えばわかりやすいかも。さらにその北はアユタヤ県になるようです。しかしどうしてここで感染が拡大しているのかは不明です。

 アイコンサイアムにタイで最大になるスターバックスがオープンしたようです。動画も出ていますが、空港のビジネスクラスのラウンジやホテルのラウンジみたい。

 カフェの雰囲気は楽しめそう。ちなみにコーヒーの味は、個人的にはあまり好きではないです。疲れたときに休憩を兼ねて利用するぐらい。チェンマイで飲んだ珈琲の味は良かったです。
 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1696-38881547