FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1711回 チョンブリ県でマッサージ店等の営業再開

 埼玉は朝から曇り空。ただ冷え込みはそれほど強くないみたい。テレビの朝のニュースでは、世界で感染者が1億人を突破という昨日書いた内容が伝えられていました。

 「そんなことは昨日の時点で分かっていたぞ」と、ほんのちょっとだけ誇らしい気分になりましたが、ブログを書く参考にするため、タイやハワイの海外のニュースを読んでいると、「なるほどなあ」と感じたり、日本では報じられない海外の災害報道があったりします。

 とはいえ、一足早く知ったからと言って、自分の生活に影響があるわけでもなく、まあ自己満足の世界でしかなわいわけですが、新型コロナの感染拡大防止に関しては、中国やタイの取り組みも参考になるのではと思っています。

 特に中国ではいち早く専門病院を建設とか、タイではあっという間に夜間のアルコール提供や販売禁止といった処置がとられたことが、一定の成果を上げたのではと思っています。
 
 日本の場合は、菅総理が何とか感染防止に取り組もうと頑張っているようには見えますが、国際的な視野、日本全体の視野、医療側の視野、困窮者の視野、経済界と様々な視野から見た情報をうまく整理できていない印象も受けてしまいます。
 
タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は819名。ちなみに記事の日付は昨日1/27ですから、数字は1/26のものと思われます。

 11名はタイの入国者で国内感染者は808名。その中で外国人労働者は716名、タイ人が92名と書かれていて、相変わらずバンコクの隣サムットサコン県の外国人労働者に感染が広がっているみたい。

 ただこういった場所以外での感染拡大は落ち着き始めているようで、パタヤ、シラチャーといった街があるチョンブリ県では1/27からマッサージ店を始めとする一部の業態の店の営業が可能になったようです。

 それにしてもタイという街はマッサージ店が多い。初めてタイに行ったときはその多さに驚くとともに、その業態の多様さにもびっくり。

 通常のマッサージから違法マッサージまで各種あるようで、私が試しに始めて入店した店は、怪しくない店を選んだつもりでしたが、途中から何やらマッサージ師の女性が何気なく特定の部位に触れて来てびっくり。

 店頭で通常の正規のマッサージをとお願いしてあったのですが、1対1の接客段階になると、何が行われるか分からない世界なんだなと、カルチャーショックを受けました。(でも良い思い出になっています)

 しかしコロナの感染が拡大している以上、換気が出来ないような密室で、肉体的接触を伴うマッサージという仕事は大変だろうなという気もします。

    
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1683-7ba1f688