FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1707回 フランポーン駅が11月に閉鎖?

  昨日は昼過ぎに近所の河川敷を1時間ほどウォーキング。今日も午前中は天気も良さそうで、気温も昨日と同じ程度ということなので、昼過ぎはウォーキングを楽しみたいと思っています。

 タイの大気汚染はかなり深刻化。今日の汚染数値はシーロムで188、王宮方面では205という数字も見えます。周辺地域も200前後の数値が並んでいます。

 シラチャーやラヨーン方面も150~200ぐらい。チェンマイ方面も似たような数値で、雨が降らない限り3月ぐらいまではこういった数値が続きそうです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は142名。残念ながら再び上昇。17名は海外からの入国者、外国人労働者が37人、タイ国内感染者が88人。

 外国人労働者の感染は収まりつつあるように感じられますが、タイ全体での封じ込めは成功していない印象です。しかし日本に比べてはるかに少ない数字は羨ましい限りです。

 そういった状況を考慮したのか、タイは1/22から13業種の規制を緩和するみたい。ただし夜遊び関連店は含まれていませんので、まだまだ苦境が続きそう。

 日本も飲食店ばかりを対象にしないで、こういった業種による規制があってもいいんではないかなと思うのですが、「そんな細かい規制なんてやっていられるか」ということなのでしょうか。

アジアトラベルノートより

 以前から取りざたされていたフアランポーン駅の閉鎖ですが、どうやら早ければ今年の11月になるみたい。11月からレッドラインが営業運転を開始とのことで、それに合わせるみたい。

 とはいえ、昨年末には駅はもうしばらく存続というニュースもありましたので、まあタイらしいと言えばタイらしい。要するに本当に閉鎖されるかどうかはまだ不明ということでしょうか。

 駅そのものは私も数回訪問していますが、いかにもノスタルジックな雰囲気を感じます。始めて行ったときは、日本の昭和の上野駅を連想させました。

 改札もなく、構内を自由に歩き回れます。場合によっては停車している列車内を歩くことも可能かも。ちなみに停車している列車はかつて日本で使用されていたものも多いみたい。

 列車にカタカナ二文字の記号も付けられていますから、鉄道ファンはたまらないかも。実際にツアーでアユタヤから蒸気機関車でバンコクに戻ったこともあります。

 フワランポーン駅に到着するまで3時間以上かかったと記憶していますが、構内に侵入するときは、田舎から都会に出稼ぎに来る人達の気持ちも分かるような雰囲気でした。

 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1678-e1ae6cd7