FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1705回 ストリートビューで10年前のソイカウボーイを見学

  朝から素晴らしい青空が広がっている埼玉ですが、その分冷え込みがきつかったみたい。朝食時雨戸を開けるために窓を開けたら、とんでもない冷たさの外気が流れ込んできてびっくりです。

 水道の水も凍り付く寸前。洗顔のために蛇口を捻ったら、何やらシャリシャリした音と共に水が出てきました。たぶん水温は0℃か1℃ぐらいだったのではと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は171名。昨日から半減。13名はタイに入国した人。125名が外国人労働者。33名がタイ人の国内感染者。

 なんか落ち着いてきた感じ。羨ましいなと感じますが、日本と比べてタイの対応は早いなといつも感じます。日本は何故か、コロナより経済を重視する姿勢が鮮明で、何をやるにも少しずつ小出し。

 しかもその小出しにする時期が遅いという印象が強いです。しかも今ごろになって、特措法の審議が行われるみたいで、今度は罰則も強化されるみたい。

 gotoキャンペーンで外出を煽っておいて、感染者数が急増し内閣の支持率が下がってきたら慌てて罰則強化というのでは、なんか矛盾するなあという印象を持っています。

 この際年末年始に仕事をしていなかった?国会議員さんの収入も少しカットしてもらって、それらを医療や飲食店の支援金に回したらどうかとか、今後違反店を公表して罰則を科すなら、夜の会食をやめられない議員さんにも罰則を適用していもいいのではという気がします。

 さて昨日に引き続いてグーグルマップのストリートビューで、今日はスクンビット駅からソイカウボーイあたりのストリートビューを見ています。

 MRTの駅のエスカレーターを上がってアソーク通り(ソイ21)に出ます。正面には夜になるといつも小さなアルコール屋台が出現する出口ですが、昼間は何もなし。

 ここを左折すると交差点の角で左側には今はエクスチェンジタワーというのが出来ていますが、初めてタイに行ったとき、この一角は工事中でフェンスで囲まれていました。

 人通りも少なく、「すごい怪しい場所だな」と感じながらその先まで歩いて、不安を感じてUターン。MRT出口を右折してアソーク通りを北上していくと20mほどで、突然人の数が増え、あちこちから音楽と嬌声が聞こえてきたことを今も思い出します。

 そういった雰囲気に気おされながらその路地に入ると、両側にビアバー。それだけならともかく、それらの店の前に水着姿の女性たちがいて客引きをしている感じ。

 その様子は妙に明るい。高校や大学の文化祭で、客引きをする生徒や学生の雰囲気。「へえ~、こんな感じの場所だったんだ」と思いつつさらに奥に進もうとすると、私に声掛けをして、腕をつかむ女性もいたりしてびっくり。

 懐かしい思い出ですが、今グーグルマップで見ることが出来る情景は2011年の12月頃のものみたい。ちょうど10年前の情景。基本的なお店の並びは変わっていないみたいです。
 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1676-d7c0e0c5