FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1674回 11月のスワンナプーム空港

  今日の埼玉は朝から曇り空。冷え込みはそれほどきつくなく、寝やすい室温だったせいか、7時の目覚ましで起床。いつもはだいたい6時半ぐらいに自然に目が覚めます。

 起きて朝食を食べながら、テレビをつけ、ついでに横目で新聞を読んでいるのですが、当然のようにコロナの話題が多い感じ。NHKでは、感染可能性の高いシチュエーションが解説されていましたが、想像通り飛沫感染が原因の大半と考えられるようです。

 ではマスクをしていれば問題ないかと言えば、マスクにも漏れがあるというのはコンピューターのシミュレーションで実証済み。さらに空気中に浮遊している飛沫も、マスクで100%防御することは出来ない。

 つまり人と人が近い距離で会話をすれば、必ず相手の飛沫を吸い込んでしまうということであり、これが病院や高齢者施設でもクラスターが発生してしまう原因だと思っています。

 さらにそういった環境がもっともあらわになるのが、夜の接待を伴う会食ということになるわけで、それらを考慮すると、逆に通勤電車で感染が起きないことも理解できます。

 というわけで、話好きの人には過酷な環境だとは思いますが、しゃべらないのが一番ということになりそう。私は普段から単独行動が多いので、そういった環境にはすでに慣れてしまいました。
 
 さらに話し込んでいる人たちからは距離を置くとか、風下に行かないというような配慮が必要かなとも思っています。

newsclip.beより

 ミャンマーに出稼ぎに行って、そのまま川を渡ってタイに密入国した女性たち10名が新型コロナにかかっていること分かり、現地では大騒ぎになっているみたい。

 この女性たち、ともかく14日間の隔離を逃れたかったみたいですが、その後タイ国内を自由にあちこち移動。移動中に発症。病院に行って感染確認とのことで、無自覚も甚だしい。
 
 問題はこの人たちが移動している時、国内で感染を広げなかったかということに焦点が移っているようですが、今のところその兆候はなし。

 というかタイの人たちは、感染しても無症状か軽い風邪の症状で済んでしまう人が多いようで、その結果国内感染者数がゼロという記録が続いているように見られます。

ユーチューブより

 バンコクでよく見かけるオプショナルツアーの老舗「ウェンディツアー」さんが、11月のスワンナプーム空港の様子を紹介する動画がありました。

 「う~ん、懐かしい」としか思えない。人も結構います。ただ飛行機を利用する人の大半はタイ人で、それも国内線の利用みたいです。

 3階の飲食店エリアも紹介されていましたが、私は利用経験なし。バンコク到着時は一目散に市街へ移動。出発時はチャイナの早朝便をよく利用しているので、利用機会がありません。
 
 しかし空港の雰囲気を見ていると、それだけでなんか旅行の雰囲気を身近に感じるから不思議です。国際線到着口はかなり厳重に感染対策が行われているみたい。
 
 10分ほどの動画ですが、結構楽しめます。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1644-44de462d