FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1652回 日本とベトナム ビジネストラックを設定

 昨晩は雨が降っていたようで、起きたときは路面が濡れていました。今は雨も止んでいて、これから晴れてくるという天気予報が出ている埼玉です。

タイランドハイパーリンクスより

 フィリピンに大きな被害をもたらした台風19号が、明後日(5日)の午後にはベトナムに上陸する予報が出ています。予報円を見ると当初の予想よりも南側にずれているので、、今回は結構バンコク近くを通過するかも。

 バンコクに最接近するのは6日の午後。勢力はだいぶ衰えたみたいで、中心気圧は1000ヘクトパスカルと書かれていますから、ちょっとした低気圧程度。

 それでも大雨が降るはずなので、チャオプラヤ川上流部の降水量が増え、都市部では水位が上昇、一部で氾濫する危険性もありそうです。

newsclip.beより

 日本ではあまり報道されていないようですが、日本はベトナムとの間で「ビジネストラック」を開始しました。この制度を利用して入国すると14日間の隔離期間中も行動範囲を限定した形でビジネス活動が出来るとのことです。

 ベトナムは感染者数も亡くなられた方も非常に少ないことで有名です。(現在の累計感染者数は1192名、死亡者は35名です。JohnsHopkins大学の数値です)

 日本は10万人を越していますから、ベトナム側の方が日本人の入国を警戒している筈です。またタイの累計感染者数は3787名で、死亡者は59名ですから、やはりかなり少ない。

 一方欧米諸国の累計感染者数は、国による違いはあるものの、50万人を越えている国が多いので、この違いはいったい何が原因なんだろうといつも疑問に思いながらニュースを見ています。

 ユーチューブ等の記事では、新型コロナには遺伝子型がいくつかあって、弱毒性の遺伝子を持つコロナに事前に感染していると強毒性のコロナに感染しても、抗体が出来ているため症状は軽くて済むという記載もあります。

 現状の感染分布を見ていると、そういう要素もあるんだろうなという気はしますが、最近になって、獲得した抗体も数か月でその効力が失われるという記事も散見されます。

 こうなると、複数回感染するということもあり得るわけで、さらに言えばワクチンが出来ても効果が発揮できないという可能性もありそう。

 この冬、どの程度世界各国で感染が拡大するのかということを注視しないといけないなと思っています。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1620-adfeb833