FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1637回 gotoキャンペーンは不平等?

 朝から秋っぽい空が広がっている埼玉です。この空を見るとちょっと出かけたいなという気になりますが、鳴り物入りで始まったgotoキャンペーンでは、売れすぎて販売縮小に踏み切った旅行代理店があるみたい。

 しかし販売縮小に踏み切った旅行代理店と、これまで通りの販売を続ける代理店もあるようで、利用者側からすると分かりにくい。というかたまたま選んだほぼ同じ内容の旅行で、代理店によって料金が大きく異なるというのも不思議。

 その差がわずかなら、まあ旅行代理店の採算の都合もあるのだろうと考えますが、その差が数千円から数万円の差になると、文句が出るのは必然。

 gotoイートキャンペーンでも、少額の商品を頼んでポイントを集める裏技も生じたようで、どうも消費喚起のキャンペーンとして、企画設計の段階で庶民の感情を予想できないお粗末なプランを作ってしまったみたい。

 実行してみて不具合があったら修正するというのは、ある意味当たり前のことではありますが、政府が掛け声をかけて行ったキャンペーンで次々と不具合が指摘されるのでは、いったい何をやっているんだ?という不信感も出てきそう。

 ましてやその原資となっているのは国のお金ですから、元をただせば税金。つまりタコが自分の足を食べて生きながらえるという状況と同じだなという気もします。

 しかし、その税金を使って楽しむという状態だと、食いはぐれた人の不満はますます高まるような気もします。その意味では情報弱者の高齢者の中には、消費増税でお金をむしり取られて、何とかキャンペーン参加にはスマホの操作が難しくて参加できない人もいるはず。

 とはいえ、平等にキャンペーンを楽しめる環境づくりというのも難しいはず。本来ならその制度設計に数年はかかると思われますが、今回は思いついたように数か月で実施。

 齟齬が出るのは当たり前?と書きつつも、「それなら少しでもキャンペーンを利用しないと」と囁く内なる声が聞こえるのも事実。

 さてどうするか?タイに行けないなら、その代償として、神社仏閣なら紀伊半島、おいしいものを食べるなら北海道、景色を楽しむなら三陸海岸、海やリゾートを楽しむなら沖縄、てなことを考えながらこれを書いています。

 さて肝心のバンコク旅行ですが、少しずつ門戸が開かれる兆候はあるものの、一般庶民が自由に行けるという状態は今年度中は不可能だと思っています。

 10月下旬にはプーケットに中国人観光客が訪問するようですが、その人たちが訪問することによってリスクはどのくらい増えるのか?

 結果が分かるのは早くて11月中旬。そこで特に問題がなかったと判断されれば、12月以降は更に観光客を受け入れるはず。しかし訪問した観光客の中に、感染者が一人でもあらわれれば、門戸開放は更に先延ばし?

 当然ながら一般的なタイ人も6割は外国人観光客受け入れに消極的みたいですから、もし感染者が一人でも発見されれば、外国人観光客への忌避感情はさらに高まりそう。

 となると、受け入れに前のめりなのは観光業界のみ?まあ日本も同様だと思われますが、あれやこれやを考えていると、以前のバンコク旅行が実に懐かしく感じられてきます。


関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1605-2f1016b7