FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1620回 2泊3日の国内旅行に行ってみて

 15日から昨日まで、2泊3日の伊豆旅行を楽しんできました。昨年12月のバンコク旅行を最後に、約9か月間、泊を伴う旅行は行わず、自宅から50km圏内の観光地を日帰りでドライブしたことが数回あっただけで、今回はかなり気合が入っていました。

 主たる目的は投げ釣り。釣りは小学生の頃から好きで、ず~っと続いている趣味の一つです。最初は近くの池や川、やがて父親と共に海で投げ釣り、渓流釣りを経験。

 仕事に就いてからは、防波堤や磯釣り。さらに遊漁船による釣りを覚え、多いときは月2回程度埼玉から湘南や伊豆に通っていました。

 当時は高速も整備されておらず、埼玉からだと小田原まで3時間、伊東まで4時間ぐらいかかるのが当たり前でしたが、今は圏央道が整備されたことにより、大幅に時間短縮。

 15日は自宅を9時に出発しましたが、11時半頃伊東のちょっと手前の宇佐美という、遠浅のきれいなビーチに到着です。夏場は海水浴場となりますが、今年はコロナの関係か、時期的に遅いのか海水浴客は皆無。

 数kmに渡る広いビーチに、サーファーが数名。その間に釣り座を構え、久しぶりの投げ釣り。当然ながら、このところ加齢に伴って、体力、腕力が低下。

 なかなか遠くまで投げることが出来ませんが、他に釣り人が誰もいない砂浜で、おもりをぶん投げるという行為は、魚が釣れても釣れなくても爽快です。

 コンビニで買った弁当を食べながら3時ぐらいまで頑張りましたが、今年はフグが多いみたいで、ずいぶんハリスを切られました。結局この日の釣果は小さなキスがわずか2匹。

 3時ごろ「今日はもういいか」と伊東マリンタウンでちょっと休憩後、予約した伊東市内の「ラフォーレ倶楽部 伊東温泉 湯の庭」という旅館へ。 

 15年ぐらい前に家族で何回か利用し好印象を持っていた旅館です。ここを楽天トラベルで予約。gotoキャンペーンが適用され、8畳の部屋の一人用で1泊朝食付きが7千円ちょっと。

 普通だと1泊1万円以上です。旅館に到着すると、新型コロナの感染対策で様々な工夫を行っている印象でした。ここまでやってくれれば、感染の危険性はかなり減るだろうなという印象でしたが、今後はこういった対策がごく普通のことになるのかもしれません。

 具体的には、チェックイン前にマスク装着、検温、アルコール消毒、さらに健康確認書の記入、朝食時もマスク着用、トング用ビニール手袋、テーブル席使用中の札、装着したマスクを外した時のマスク保管袋等。
 
 あれやこれやで、優雅な滞在となりました。朝食もおいしかったです。そのせいか、平日なので宿泊客は結構多いみたいでした。つまり感染対策の有無を、客もきちんと評価しているということでしょうか。

 反面、ドライブ中に道沿いの店でクローズした店も多く見かけ、やっぱり観光客がいなければ、体力の弱い観光産業は厳しいんだろうなと感じました。

 日本ですらこんな感じですから、日本以上に外国人観光客に経済を依存していたタイ経済は疲弊の度合いも大きいのではと思えます。

 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1588-f311de4b