FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1615回 インド方面から感染が拡大中?

  台風一過の青空が広がっている埼玉です。朝方は涼しかったので、ちょっと1時間弱ウォーキング。朝食を食べている内にも気温がどんどん上昇してきた感じです。

newsclip.beより

 日本の新型コロナ新規感染者数は、現在減少中。そもそも日本で感染者と呼ばれている人たちの多くは無症状であることも多いようで、最近では感染者ではなく、陽性者と呼ぶべきだと主張している人も多い。

 私もそう思っている一人ですが、ユーチューブ等でネットの記事を見ていると、そもそも日本の場合は、昨年末にすでに新型コロナの特定の型のウイルスが国内に入り込んでいたと主張する人も多いみたい。

 またこの新型コロナのウイルスには三種類あって、最初に感染が広がったのが弱毒性のウイルスで、この感染によって、結構多くの人が知らず知らずの内に体内に抗体を形成。

 その後強毒性のウイルスも進入したのですが、すでに持っていた抗体が、このウイルスを撃退したため、重症者が少ないという説が多いみたい。

 そう考えるとタイでも、感染者が少なく、重症者も少ないという現状が理解できるような気がします。つまりタイでも昨年は中国からの観光客が多数訪れていた関係で、日本同様抗体を持っている人が多いのでは、ということです。

 ということは、日本~タイ間で国交を再開しても、両国で爆発的に感染者が増えるという事態にはならないのかなという気もします。

 しかしだとすれば、PCR検査ではなく、自分が抗体を持っているかどうかを知りたいなという気もします。しかしどうやら感染して多数の抗体が活躍しているときに検査をすれば、抗体は陽性となるみたいですが、普段はリンパ球内にその抗体産生の設計図だけが存在するようで、これを検出するのは難しいみたい。

 まあPCR検査でも、擬陽性や偽陰性があるみたいですし、検査後に感染する場合も考えられ、どこまで検査をしてもキリがないなあという気もします。

 ちなみに9/4~9/7に確認されたタイの新規感染者数は18名だそうで、1名以外すべて海外からの帰国者という記事が出ています。また感染している人(陽性者?)のほとんどは無症状みたいですから、やはり皆さん抗体保有者なのかなという気もします。
 
 ただバンコクポストには、ここのところ隣国ミャンマーで感染が拡大しているので、国境付近で警戒すべしという記事が出ています。

 最初はミャンマー西部で感染が始まり、現在は中央部に広がっていると書かれています。地図を見るとラカイン州はさらにその隣のバングラデシュに接しています。

 バングラデシュの西には、最近世界で米国について感染者が多くなってしまったインドが広がっていますから、徐々に西から感染が拡大しているという状況なのかもしれません。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1583-a8bed562