FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第143回 次回はシー・ラチャーへバスで行く!?

 バンコク週報というサイトのニュースを見たら、8日のバンコクは早朝から大雨で交通がマヒ状態に陥ったとか。9時半ごろには道路の冠水は収まったようですが、さぞかしすごい雨だったんだろうなと想像しています。

 バンコクの雨は通常昼間大気が熱せられ膨張し急激に上昇。その結果上層部でその大気が冷やされ、夕方頃雨になって夕立というパターンだと理解していました。

 これから雨季に入るみたいですから、旅行に行く場合は雨具が必要。さらにホテルはBTSやMRTの駅から近いところが便利そうです。

 もう1点、キャセイ・パシフィック航空がバンコクに新ラウンジをオープンだそうです。

 ビジネスクラス以上の乗客が対象になるようですが、キャセイ・パシフィック航空自体の評判も良さそうなので、一度利用してみたいと思っている航空会社です。

 ただバンコク便については、日本からだと乗り継ぎ便になるうえ、私好みのちょうど良い時間帯に運行されている飛行機が無いので、利用する機会がありません。

 さて昨日も書いたように、次回のバンコク旅行以後、少しずつ移動範囲を郊外に拡大しようと思っているのですが、タイと言う国の場合、鉄道よりもバスの交通網が発達しているようです。

 というわけで、先ずはバスの発着場所を調べてみました。すると市街に全部で三箇所の発着場があることが判明。このうちパタヤ方面に行くのがBTSエカマイ駅近くにある東バスターミナル

 ここから発着している走行距離が200km以内(日帰りの限界かなと思ったので)のバスの行き先は、チョンブリー80km。行きやすそうですが、情報が少ない。

 次が目的としているシーラチャー。104kmでパタヤのちょっと手前。バスターミナルから25分から40分の間隔で運行。時間が2時間。運賃は値上がりが続いているようで94B。日本円で350円。100km走ってこの値段は信じられません。

 尾の次がパタヤ136km。意外に近い!そしてサッタヒープ161km。手元にある「我がまま歩きタイ」というガイドブックを見たら、鉄道の終点。その先がラヨーンで182km。

 ここはタイの若者のリゾートと上記のガイドブックに書いてありました。ちなみにバスには2種類あるようで、もうちょっと安いけど、座席数が多いバスもあるみたいです。

 しかしこういったことを調べ始めると、ちゃんとしたバス路線マップや時刻表が欲しくなります。(ネットで簡単に調べることも出来るのですが)またタイという国の地図も欲しくなります。次回のバンコク行きでは、こういった雑誌を、東急の紀伊国屋書店で探してみようかなと思います。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する