FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1570回 現状でビジネス客等がタイ入国するための手続き

 朝から雨が降っているのではと思いながら起きたのですが、意外なことに曇り空で時折薄日が差しています。一方で九州の豪雨災害はかなり悲惨。

 特別警報が出ていたのですから、もう少し早く避難しても良かったのではと思わないでもないのですが、もし自分がその場にいたら、まさかあんなすごい水害が発生するだろうなとは思わなかったような気もします。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナ新規感染者数は5名で、全員がクウェートからの帰国者。国内では42日連続で感染者なし。タイの規制解除の動きを見ていると実に慎重。
 
 特に夜の繁華街での感染拡大を恐れてアルコール販売や夜の街の営業そのものを、なかなか解除しませんでした。その結果が今に現れていると私は思っています。

 ところが日本は規制解除に伴って夜の繁華街で感染が増加。感染者数が発表されるたびに、「夜の街由来の感染が・・・・」という理由付けがなされています。
 
 であるなら、事業者の方には申し訳ないけれど、夜の会食に関する店の規制解除はもう少し慎重であっても良かったのではという気もします。

 タイ・エアアジアがバンコク、福岡線を9/2から再開だそうです。週3便、福岡空港とドンムアン空港間の運航を予定しています。ただし今後変更になる可能性もあるということで、予約はもう少し待った方がいいような気もします。
 
アジアトラベルノートより

 現状でタイ入国をするための手続きや必要書類がまとめられています。これを読むと、たとえビジネス関係でタイに行かなくてはならない人であっても、相当面倒な努力と手続きが必要だなと感じます。

 特に出発時に必要なものとして書かれている、入国が可能であることを示す証明書、出発72時間以内の検査による新型コロナウイルス陰性証明書、10万ドル以上の保険加入証書というのが問題。

 気になるのは72時間前以内の検査体制が出来ているのか、10万ドル以上の保険なんて存在するのか(まだ調べていませんが)ということ。

 手持ちのクレジットカードの付帯保険では、多分300~500万円が限度だったような気がします。また14日間以上の滞在の場合は、14日間の自主隔離措置が求められていて、ホテルは指定され、費用は自腹(14日間で3万~14万B)だそうです。

 正直とんでもなくハードルが高い。一般旅行客の場合はもう少し制限が緩和されることを期待したいと思いますが、そうなると行ける時期はもっと感染状況が落ち着いてからということにもなりそうです。

 とはいえ、関連記事には、日本からビジネス関係でタイ入国を希望している人は、すでに8000人が申請しているという記事もあって、やっぱり日本とタイはビジネスで強い結びつきがあるんだなという印象です。
  
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1538-cc2c13db