FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1565回 タイは、7/1からさらなる規制緩和

 埼玉県は朝から曇り空で、この後はさらに天気が悪くなるみたい。気温は低めですが、湿度が高いので、気分的には不快。とはいえ35℃を越すような猛暑ではないので助かります。

 一方お隣の東京は新型コロナの感染者が増加傾向で、埼玉県知事は、不要不急の都内訪問は控えるようにという要請を出したみたい。

 そろそろ都内に行こうかなと思っていただけに、ちょっと出ばなをくじかれた感じ。その東京では、小池都知事が、感染拡大に対して新ルールを作るそうで、そこには規制に関する数値目標が盛り込まれないみたい。

 という事は、その時その時の状況に応じて臨機応変に対応できるというメリットがありそうですが、ルールがなければ、実際に再規制を行うための決断が難しくなりそう。

 今の状況では、今後も感染拡大の傾向があるなと思っているので、数値による判断基準が撤廃されれば、経済活動を重視させたいという人たちの意向が強く反映され、ますます再規制をやりにくくなるだろうなと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナ新規感染者数は7名増加ですが、6人はインド、1人がアメリカだそうで、これで国内の感染者増は35日連続で0名だそうです。

 日本なら大手を振って経済活動再開となるような気がしますが、タイの非常事態宣言はどうやら7月いっぱいまで延長することになりそうです。

 その反面、7/1から一部の外国人の入国を許可することが認められたようで、対象となった国は日本、韓国、シンガポール、中国、香港からの短期出張者と政府関係者。

 ただし、入国にあたっての制限はいろいろあるようで、日本側もそれに応じた検査や検査証明書の発行が必要になると思われ、これが一般旅行客に拡大されるまではかなりの期間が必要であることは間違いなさそうです。

 とはいえ、ちょっとだけ門戸が開かれたというのはありがたい情報なので、推移を見守りたいと思っています。

 ちなみに明日からは夜の娯楽施設も再開されるみたい。とはいえ再開しても長期滞在者を除いて外国人観光客は存在しないはずなので、果たして歓楽街が復活するのかどうかは不明。

 この非常事態宣言期間中に、資金繰りが行き詰まって再開できな店も多いのではないかと思っています。次回行ったときは街の景観がかなり変わっているようにも思えます。

 さて今日調べているホテルはアソーク駅のナナ側にある「ザ・ウェスティン・グランデ・スクンビット」。このホテルもアソーク駅を頻繁に利用するころから見聞きしていますが、ホテル自体を利用した経験はなし。



 
 唯一利用したことがあるのが上階にある和食レストラン。高級感漂う空間で食べましたが、選んだ料理が悪かったのか、値段程のおいしさは感じられませんでした。

 トリップアドバイザーで宿泊価格を調べてみると、11月ごろの価格が表示されて18500円ぐらい。やっぱり私には縁がなさそう。ただ掲載されている画像を見ると、結構広くていい感じ。

 レビューを読んでも、たまたまひどい部屋に通されたという運の悪い方の苦情があったものの概して高評価。昨日調べたシェラトンとほぼ同じ価格ですが、こちらの方が私には印象が良い感じ。(カンです)

 でもアソーク駅周辺で、同価格帯のホテルなら、やはりソラリア西鉄ホテルがいいかなという印象です。
  
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1533-cc9ba587