FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1556回 トンロー駅近くのホテル

 昨晩、「蒸し暑いな」と思いながら、エアコンをかけて夕食を食べていると雨。雷も聞こえてきて、夕食後窓を開けたら、エアコンの入った室内よりも外気温の方が低くなっていてびっくり。

 慌てて節約のためエアコンを切って、窓を網戸にすると涼しい風が吹き込んできました。夜も割と寝易くなり、朝起きると良い天気。きれいな青空も見え、湿度も低そう。

 この青空を見上げると、ちょっとドライブでも、という気になります。幸いにも埼玉は今日からほとんどの規制が解除され、日常生活が復活。

 ただ都内への移動はちょっと勇気がいるなと思っていますし、不要不急の隣接県への移動は依然として自粛が求められているような気もします。

 一方タイでは次々と経済活動が再開されたり、閉鎖された寺院の拝観が再開しているみたい。ところがこの数か月の感染拡大で収入の道を閉ざされた人も多数いて、どうやら次々と誕生したアイドルグループのいくつかがすでに解散したみたい。

 一時期はちょっしたブームになり、各地で私には子供にしか見えないアイドルグループが次々と誕生していましたが、舞台での発表の機会を奪われ、解散という事になっているようです。

 さて昨日書いたように、久しぶりに「歩くバンコク」の地図を見ながら、駅に直結しているとか、歩いても200m以内のホテルを、中でも夜の飲食を楽しむアソークやナナ、シーロム、サラデーンといった駅と利便性が良いホテルを探しています。

 今日はトンロー駅。スクンビット線のアソーク駅から二駅。距離にして3kmちょっと。BTSでの所要時間は3~5分ぐらい?私が注目しているホテルは「ホテル・ニッコーバンコク」と「バンコク・マリオットホテル」の二つ。

 両者ともに駅から200mぐらい。前者はホームページ上では徒歩2分と書かれています。確か数年前に改装されたのではと記憶しています。ただし現在は閉館中みたい。

 しかし予約はできるみたいで、仮に9月の日程を入力してみたら、一番安い部屋が3200Bぐらいでした。と思ったらこれに税金やサービスチャージがついて合計3740Bぐらい。

 宿泊予約サイトならもう少し安くなる可能性もありそう。部屋は36m2でバスタブ付き。写真も掲載されていますが、割と良い感じ。というか、3000Bを越える部屋なら当たり前?

 ホテル内には通常の洋食レストランの他に和食レストランもあるようです。トンロー駅周辺は日本人向けの飲食店も多いので、利用しやすいホテルのように思えます。

 続いて「バンコク・マリオット・ホテル・スクンビット」。トンロー駅の東200mぐらい。屋上にスカイラウンジ「オクターブ」という店があって、ここは私も行ったことがあります。

 特にサンセット時の景色が良かったです。ホテルニッコーバンコクと同じ9月の日付で1泊料金を調べたら最低料金が3555Bでした。しかし税金その他の料金を入れると約4200Bとなります。

 部屋の広さは34m2でバスタブ付き。気になったのはネット接続が有料と書かれていたことぐらい。2013年建設となっていますから、もう7年も経過しているんですね。

 トンロー駅周辺ならこの二つのどちらか。あえていえばニッコーの方が、日本人としては利用しやすいのかもしれません。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1524-7dd4d98e