FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1554回 パタヤのバリハイ桟橋改修計画

 土日の埼玉はひたすら雨模様で、私は二日間とも家にこもっていました。今日はすでに暑くなりつつありますが、午後には35℃ぐらいになるという予報が出ています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナウイルス新規感染者数は、土曜日の発表で4名増加。4名全員がインドからの帰国者。ちなみにインドは昨日時点で累計感染者数が30万人を越し、世界第4位の感染大国になっています。

 もともと人口が多い国ですから、感染拡大が始まると簡単には終息しないだろうなという気もします。JohnsHopkins大学が日々発表している累積感染者数をグラフにすると以下の通り。横軸は3/5からの経過日数。縦軸は人数です。
インドの新型コロナ累積感染者数の推移
 昨日日曜日に発表されたタイの新規感染者数は5名。全員がサウジアラビヤからの帰国者。そして今日は1名。アメリカから帰国したタイ女性だそうです。

 サウジアラビヤも累計感染者数はすでに12万名を越していて、世界で16番目に感染者が多い国になっています。しかし世界第1位のアメリカの累計感染者数は6/12の金曜日に200万名をこしていますから、桁違いで、なおかつ今も毎日25000名ぐらいずつ増加しています。

 そういった世界情勢を考えると、一般人が自由にタイに行けるようになるのはまだかなり先になりそう。とはいえ、日本で2次感染拡大が起きなければ、日本~タイ間だけでも飛行機が飛ぶ可能性が少し出てきたようにも思えます。

 ただ今日の日本の新規感染者の動向を見ると、東京都で再び拡大に転じたようにも見えます。5/25に日本全体で規制が解除されてちょうど3週間。

 気持ちの緩みが出て、感染が拡大する時期に入ったと思われる兆候なのかも。ちょっと心配です。

 パタヤのウォーキングストリートからバリハイ桟橋辺りまでの景観が今後大きく変わるかも。今日の記事で紹介されているのはバリハイ桟橋。

 ウォーキングストリートをひたすら奥に歩いていくと到着します。時々桟橋に向かうソンテウが傍らを通過していきますが、乗っている人はどうやって行き先を確認しているのか、私には良く分かりません。

 桟橋には、ラン島に向かう船の乗船券を販売する建物があり、その周辺に若干魚介類を販売している店もあったりして、付近を散策するのも面白いです。

 ただタイ特有の薄汚れた雰囲気(庶民的ともいえると思いますが)が付きまといます。というわけでどうやらパタヤ当局がこの桟橋を明るく健全な観光地区に作り替えようと計画しているみたい。

 大観覧車やモノレール建設の計画もあるようで、もしこの通りにこんな街が作られれば、パタヤの猥雑なイメージは一変するような気もします。

 添付された画像を見ると、今の桟橋近辺の状況からは想像もできないような街になっています。完成予定は2025年と書かれていますが、果たして予定通りに進むのか?関心大です。 

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1522-69c1c43a