FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1536回 夜のお店の再開判断はいつ頃?

 今日の埼玉は妙に涼しい。曇り空で湿度も高いみたい。食中毒の季節ですね。食べ物の管理に気をつけようと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナウイルス新規感染者数は2名増加で3033名。2857名が回復だそうですが、これは昨日と同じ人数。亡くなられた方56名も、人数に変化なし。

 というわけで、いまだに夜間外出禁止令が出ているものの、商業活動は少しずつ再開中。となると日本人旅行者が気になるのは、航空路線の再開時期と自粛隔離14日間という制限がなくなる時期であるような気がします。

 しかしその他にも入国に際して健康証明書が必要という規制もあり、今のところ基本的に入国は不可能。その上、夜間に繁華街をうろつくのも禁止となると、行けないし行っても遊べない。

 てなわけで、夜間のお遊び系のお店が復活する時期も気になるところですが、そんな中、タイのCOVID-19状況管理センターが、今後の感染者増が1桁台を維持できれば、夜間のお店も数週間のうちに再開できるかもと明らかにしたそうです。

 タイの経済はこういった夜間のお店の営業が寄与している部分は大きいと思うので、当局の本音はなるべく早く再開したいのではという気もします。

 ただ5/17にモールが解禁した瞬間客が殺到したそうですから、この人たちの中で感染者が現れれば、その影響は今月末から来月初めにかけての感染者数増になって表れそうです。

 という事は、逆に考えるとその頃が判断の分かれ目かもしれません。たぶんすでにタイで一か月以上の長期滞在をしている人は、その日を待ち望んでいて、ナナあたりのビアバーが一気に活況を呈するのかなという気もします。

バンコクポストより
 
 営業が再開されつつあるバンコク名物の屋台でも、ソーシャルディスタンスを確保するために、一人一人が離れて座り、さらに対面にもならないように、同じ向きに着席するようになったみたいです。

 また大きな店では、4人掛けテーブルがなくなり2人掛けとなり、さらにその二人の間にはビニールフェンスが設置。もとより大声による会話も控えるように言われていますから、聞こえるのは調理や食器がぶつかる音、料理を注文する声ぐらい?

 リンク先には画像も出ていますが、なんかこれまでの雰囲気と大きく変わりました。英語なので文章を読むのは苦痛ですが、画像を見ると言いたいことがすぐ分かるような気もします。

 しかしだとすると大声で、はカウンター席に座って、外の景色を楽しみながら会話を交わしていたビアバーの営業形態はどうなるのか?

 話好きな欧米人には辛い状況かも。逆にこういったバーでも、静かにアルコールを飲む日本人観光客は、落ち着いて飲むことが出来そう。

 そんな時、店の奥から派手なロックではなく、落ち着いたジャズ等が聞こえてくれば、気分は最高?てなことを考えながら、今は再開の時期をと待つのみですね。


関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1504-3ada49ed