FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1534回 タイは雨期入り、雷鳴と道路冠水が懐かしいです

 セキュリティ向上のために、URLをhttps://に変更したため、アクセスカウンターの数値がちょっとおかしくなっています。読者の方への影響は、自動で変更されるようなので、特に問題ありません。 

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナウイルスの感染者数は3028人。金曜日の前回の記事から10名増加。昨日からは3名の増加だそうです。ただしこの3名はすべて海外からの帰国者だそうで、隔離施設に滞在中とのことです。

 という事は、一般的な市中感染はないということで、ここまでくれば大多数の人が安心して動き回れそうです。一方国際便の飛行禁止は6/30までですから、タイに遊びに行けるのは、どんなに早くても7月以降。

 ただしこの間に、到着後14日間の隔離処理規制、健康証明書、保険加入といった義務が解かれないと、渡航は難しそうです。また渡航が再開した瞬間に、日本も含めて、まだ感染が拡大している可能性がある様々な国からの入国があると思われます。

 その結果7月中旬以降に、海外からの渡航者による感染拡大という事が起きかねません。その意味では、7月後半になっても何も起きなければ、そこで始めて「大丈夫だ」という確信が持てるかも。

 別件ですが、タイ気象局が本日5/18から雨季入りを発表。10月中旬まで続くと書かれていますが、タイは水不足が心配されていたと記憶しています。

 また新型コロナは、個人的見解ですが湿気には弱いと思っているので、雨は歓迎。しかもタイの雨は、夕方数時間一気に降るという特徴があるので、その特性を踏まえていれば、雨季でも旅行は楽しめます。

 エータスルンピニに宿泊していた時、ルンピニ公園の向こう側に黒雲が発生し、やがてその雲中で稲光が発生。それを見ていたら突然土砂降りの雨。

 眼下の道路がみるみる水浸しになって冠水。やがて激しい雷鳴が聞こえ、全館停電なんてことを数回経験。でもそんな時でも、エレベーターは普通に動いていて(自家発電?)、フロントで働いている人も真っ暗な中で平然と作業をしていてびっくり。

 「さすがにタイの人は慣れているなあ」という感じ。やがて雨が上がると涼しい風も吹いていたりして、水たまりをよけながらパッポンに向かうのが何故かうれしい。日本では滅多に味わえない感覚です。

トライシーより

 トンロー駅近くで5/8の開業を予定していたホテルJALシティバンコクですが、開業は延期となっています。ただし再開の日程はまだ決まっていないようです。

 駅から徒歩3分で全室バスタブ付き。スタンダードルームは28m2でそこそこ広い。次回、料金によっては宿泊してもいいかもと思っていたホテルです。

ヤフーニュースより

 スクンビット線が延伸されたので、この方面の観光が少し容易になりました。私は昨年の旅行でバンプー岬にも行きましたが、多数のカモメがいて面白かったです。

 今回の記事ではそれ以外に巨大な象で有名なエラワン・ミュージアムやエンシャントシティが紹介されていますが、それと同時にケーハ駅の先にあるワット・アソカラームというお寺の記事が出ています。

 すごいなと思ったのが建物。添付されている画像を見るのが一番ですが、ぜひ自分の目で見てみたいと思えるお寺です。
  
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1502-f0ee3e23