FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1507回 インドネシアの感染者が増加中

 今日の埼玉は、風が若干あるものの朝から良い天気。昨日はスーパームーンだったようですが、見逃しました。今日は見ようかなと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの感染者数は昨日より111人増加で2369人になったみたいです。この数字は結構大きい。昨日は増加の勢いが少し衰えたかもと書きましたが、この数字を昨日の記事のグラフに書き加えると、勢いはそれほど衰えていないという事になりそう。

 亡くなられた方は30名で、回復した方は888人と書かれていますので、この回復率約37.5%は世界的な数値よりかなり高いようにも思われます。(世界全体の回復者数を感染者数で割り算すると21%ぐらいになります)

 ネットの情報では、最近になって高温多湿で紫外線が強い地域ではウイルスの増殖率が抑制されるというレポートも出ています。

 以前は「そんなことはまだ分からん」と否定する論調が多かったのですが、高温多湿の東南アジアと低温の北欧の国の感染者数の増加傾向を比較すると、確かにそういった傾向があるなと私も思っていました。

 だとすれば、ともすれば嫌われる紫外線ですが、日本にも昨年同様の猛暑の夏が早く来てほしいなという気もします。

 一方、newsclip.beによれば、増加した感染者111名の中の42名がインドネシアからの帰国者だったという記事もあります。この数字を111人から引き算すると、タイ国内で増加した感染者数は69名となり、やはり減少傾向なのかもしれません。

 当初「インドネシアには感染者がいない」と喜んでいた人も多かったようですが、最近は急増。もしかしたら国として油断があったのかも。

 昨日のインドネシアの感染者数は2738人となっていますので、タイより多くなってしまいました。逆転したのは4/4ですから、今後どんどん差が開いて、場合によっては日本と同じぐらいの感染者数になるかもしれません。

 しかしまあ世界中の国の様々な対策を見ていると、医療水準の影響よりも、国家のまとまりや情報公開の姿勢、国民一人一人の意識の高さが感染拡大に大きな影響を及ぼしているような気もします。

 普段から自由にわがままな生活が許されるという国ほど、感染拡大の勢いが大きいような気もします。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1475-26ba1b52