FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1482回 バンコク市街の現状は?

 今日の埼玉は朝からちょっと雲が多い。その分冷え込みはなく、気温的には良いかも。ただ北風がちょっと強いため、今後花粉の飛散量も多くなると予想されています。

 一方バンコクの大気汚染は、昨日とほぼ同じ。バンコク市街は100以下の数値が並んでいますが、チェンマイ方面は100~200という高い数値になっています。

タイランドハイパーリンクスより

 札幌からエアアジアXでドンムアン空港に到着した65歳の日本人男性に38.1度の発熱があり、新型コロナウイルスの疑いという事で病院に搬送され検査中だそうです。
 
 北海道では感染者数がどんどん増えている現状がありますから、感染していてもおかしくない。「折角の旅行だから大丈夫だろう」と判断したのかもしれませんが、場合によっては2週間隔離という事も考えられ、この時期の旅行は結構大きな賭けだなという気もします。

 一方韓国で不法就労をして長期滞在をしていたタイ人が、6/30までに自発的に帰国すれば罰金なしで、再び就労が可能と韓国政府が発表したため、今後多くのタイ人が帰国すると言われています。

 実際には不法滞在のタイ人は10万人以上いるようで、その中で帰国するのは5000人ぐらい?しかし現在韓国では新型コロナウイルスの感染が拡大中で、この人たちによってウイルスがタイ国内に持ち込まれることをタイ当局は警戒しているようです。

アジアトラベルノートより

 2月にタイに行った方の旅行レポートが掲載されています。旅行客や客室乗務員のマスク姿はもちろんですが、記述内容で目立っているのが、どこもかしこも空いていること。

 中国人観光客、韓国人観光客が激減しているようで、日本人観光客はそうでもないと書かれています。日本は卒業式シーズンですから、感染しても重症になる頻度が少ないらしい若者にとっては、安く行けるチャンスなのかもしれません。

 当然個人手配できちんと調べれば、航空運賃やホテル代も通常より安くなっていると思われます。一方日本国内の感染者数は刻々と増えていますから、タイの方が安全と考える人もいるかも。

 とはいえ、微熱があるのに渡航し、空港で検査に引っ掛かってしまうと2週間の隔離入院となる可能性もあります。また、微熱でも構わずに入国する例が後を絶たないという事になると、タイ当局も日本人の入国規制に踏み切るかもしれません。

 しかし記事の画像を見ると、どこもかしこも閑散。どこへ行っても観光を楽しめ、おいしいものをたっぷりとのんびり食べられそう。

 「行きたいなあ」と強く感じますが、小心者で慎重派の私は、家族のことも考えると、やはり「まだまだ旅行は無理だ」と思えてしまいます。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1450-4001eec3