FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1472回 新型コロナウイルスで夜遊び客も激減?

 久しぶりに冬の寒さが少し踊ってきた朝です。ただ空は晴れていて気持ちがいいです。ところがどうやら大気中には多数の花粉が飛散しているようで、ちょっと外に出ると、途端に鼻がむずむずしてきます。

 花粉症の息子は「目が見えない!」と叫びながら出勤して行きましたが、かなりつらそう。鼻がつまるので呼吸も苦しいと言っていました。

 一方大気中には、新型コロナウイルスや通常のインフルエンザウイルスも浮遊しているはず。ウイルスについては空気中での生存期間はそれほど長くないように思っていますが、だとするとクルーズ船の爆発的な感染者の拡大が説明できません。

 後日、どういった部屋からどのように感染が拡大していったのかという事も、週刊誌あたりが報道するような気もしますが、一般的なニュースで示される感染率よりも、本当はもっと高いのではという印象を受けます。

 まあ誰もが免疫を持っていない新型というわけですから、誰もが感染しやすいというか、誰もが感染しても免疫系の防御体制が整っていないという事で、発症しやすいということでしょうか?

 しかし中には感染しても症状が現れない人もいるという事で、こういった方たちの体調について、もう少し詳しい情報が欲しいなと思っています。

 今日のバンコクの大気汚染状況は、見るも無残なほど大幅悪化。バンコク市街及び周辺部、さらにシラチャーやラヨ~ン方面も軒並み120~180という数値が並んでいます。

 チェンマイ方面も100~160ぐらい。「こりゃ厳しいや」というのが一目瞭然です。

タイランドハイパーリンクスより
 
 BNK48のナンナパット・ルートナームチュートサクンという方が主演の美少女ホラー映画「ストレンジ・シスターズ」の紹介記事が出ています。

 予告編もリンクされていたので少し見てみましたが、確かにおっかなそう。私はSF映画が好きで、スターウォーズやスタートレックッシリーズは公開されると必ず見に行くのですが、ホラー映画はどうも苦手。

 日本でも3月6日から公開されるようですが、映画館は密室だよなと考えると、これまた出足が鈍る要因の一つになりそうです。

 一方バンコクでは一時期マスク着用率が上昇して、8割の人がマスクをしていた時期もあったようですが、ここのところ感染拡大は抑えられているという安心感が広がったのか、着用率は2割程度に減少という記事が出ています。

 記事ではソイカーボーイの例が書かれていますが、特にゴーゴーは密室度が高そう。ましてや若い女性との密着度も求めようとすると、まさに濃厚接触?

 そんな時、どちらかが感染中だとしたらと考えると、迂闊に夜遊びも出来ない。しかもこういった歓楽街でマスクをしていたら、それだけで避けられそう。

 というわけで、夜遊びもなかなか悩ましい問題になりそうです。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1440-d5faad23