FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1468回 大型クルーズ船のツアーについて調べてみました

  昨日の記事を書いた直後に、新型コロナウイルスの感染者数を見たら、前日に比べて急増していてびっくり。ついに武漢の医療体制が崩壊したのかという不安に襲われましたが、どうやら算定基準が変更されたみたいです。

 要するに新型コロナウイルスであるとはっきりわかった段階ではなく、そういった兆候があると判断できる人も感染者数や死亡者数に含まれることになったようです。

 より実態を反映する数値に近づいたと言えそうですが、反面こんなにいるのかという驚きもあります。日本でもついに国内の感染者が亡くなられたとか、感染経路が不明な感染者が見つかったとか、どうやらすでに日常生活の中に感染が拡大している印象です。

 しかしそうなるとますます旅行どころではないし、日常生活で繁華街をうろつく機会も減りそう。しかしそれでも感染拡大はやまない、という事になるといずれは我が身にも・・・という不安を覚えるようになりました。

 というような不安を払しょくしたいなと思い、気持ちを切り替えて、今日もまずはバンコクの大気汚染状況を確認。するとバンコク近郊は昨日よりさらに良くなっていて逆にびっくり。

 市街には40~70という数字が並んでいて、日本と変わりません。周辺地域も同様。チェンマイも70~90という数値が多い。これはたぶん雨が降ったんだろうなと想像しています。

バンコクポストより

 大型クルーズ船ウエステルダム号は無事カンボジアの港に到着したようですが、一方でタイのプーケットに、4000人以上の乗客乗員が乗船している大型クルーズ船が2隻入港したようです。

 いずれも乗客の中に感染者はいないという確認があったようですが、一方で寄港を断り、一方は寄港を許可という当局の姿勢がちょっと物議を醸しているようです。

 しかしとなると、プーケット市街をこれらの船から降りた旅行客が歩き回ることになりそうで、もし今後感染が確認される乗客が乗船していたらと思うとちょっと心配。

 とはいえ日本のクルーズ船のように、一律10日~2週間、狭い船室に隔離するという方針も、症状のない乗客にしてみれば実に理不尽に感じるだろうなと思います。

 難しい問題ですが、一方で今回改めて、世界のあちこちで大型クルーズ船に乗船して旅行を楽しんでいる人がいたんだなと感じました。

 そう思ってクルーズ船ツアーという検索語句でネットを調べてみたらJTBのページが出てきたので、今そのページを見ています。かなりたくさんのーが紹介されていて、大多数の出発が横浜港。

 そういえば以前横浜中華街に行ったとき、ウォーキングついでに大桟橋に行ってみたら、でかい船が停泊していたことを思い出しました。

 しかし結構いろいろなツアーがあるんですね。知りませんでした。ただこのページには日本からバンコクまで行くクルーズ船のツアーはなさそうでした。

 海外だと韓国や台湾が多いみたい。日程は10日間が多い感じ。これだとどうしても乗船客には年金暮らしのシニアが多くなるはず。台湾あたりなら行ってみたい気もします。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1436-c27d30ea