FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1443回 「Kha Ngu limestone」という観光地について

 アメリカ、イラン間の国際問題はイランのミサイル攻撃に対してトランプさんが武力反撃を控えたため、とりあえず武力衝突はなさそう。

 ただトランプさんは、より強固な経済制裁を科すことも匂わせていて、さらに今日の記事ではイランで墜落した旅客機は、誤っててミサイルで撃墜されたという情報も飛び出して混乱が増しているようにも思えます。

 その影響は国内ではガソリン代にはっきり表れているようで、我が家の近くのスタンドのガソリン価格は、いつも周辺よりちょっと安いのですが、1Lが142円を超えています。

 こうなると4月以降のサーチャージ料金も、再び値上げの方向に向かうのかなと感じます。温暖化の悪影響もとどまることがないようですから、航空機の利用も少し考慮した方がいいかなと悩んでいます。

 今日のタイの大気汚染は昨日同様というか、むしろ徐々に悪化しているように見えます。1/24~1/30は中国が春節を迎えるとの事ですから、タイにも多数の中国人観光客が押し寄せそう。

 そうなるとますます交通量が増し、大気汚染状況も悪化するように感じられます。

バンコクポストより

 バンコク市街より西に向かって車で2時間のところにある「Khao Ngu limestone」という観光地が紹介されています。

 
 
 バンコクから西に向かってナコーンパトムを経由して、そのまま西に進むと鉄道で有名なカーンチャナブリですが、この場所はナコーンパトムから南西に向かって50kmぐらい。

 掲載されている画像を見ると、大きな岩山と池の景色のコントラストが実に美しい。池ではペダルボートの貸し出しもあるようで家族向け。

 周辺は静かで落ち着いた雰囲気と書かれていて自然が満喫できそう。また池周辺にはコンクリート製の遊歩道が整備されていて散策も楽しめそう。

 周辺に生息している生物の種類も多いようで、池では魚に餌をあげることもできるみたい。もともとこの地域は多数の蛇が生息していたみたいですが、石灰の採掘がおこなわれたせいなのか今はいないようです。

 変わって公園入口には蛇の像も祭られているみたいです。英文が長いので読むのが面倒なのですが、どうやらかなり歴史のある場所みたいです。

 また今も周辺で陶芸が行われていたり、神秘的な彫刻が行われている洞窟があったり、植物園らしきものもあるようで、画像を見る限りすごく面白そう。

 問題はここへ行く方法ですね。ツアーについて調べてみましたが、日本語ツアーはなさそう。英語ならこまめに探せば見つかりそうですが、良く分からず。

 本当に行きたければもうすこし調査が必要なようです。
  
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1410-f7df46c1