FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1428回 バンコクで部分日食、カールトンホテルが開業

 起きてカーテンを開けたら路面が濡れていました。夜は雨が降っていたみたいです。しかし今は晴れてきれいな青空が広がっています。今日はちょっと近郊に遊びに行こうかなと思っています。

 タイの大気汚染は相変わらず100~200ぐらいの数値が並んでいます。またヤフーの天気情報でバンコクの週間天気予報を見ると晴れマークが続いています。

 気温も最高気温が32~33℃となっていて、12月上旬より少し高くなった感じ。ただ最低気温は20~23℃になっているので、朝晩は涼しく感じるだろうなと想像してます。

 というわけで、いつも通り雨がほとんど降らない乾季に突入していますから、大気汚染の大幅な改善は期待できなさそうです。

タイランドハイパーリンクスより

 タイ当局も大気汚染の影響を考慮しているのか、タイの環境省が12/18から毎週水曜日は「ノーカーデー」にすることを決めたようです。

 すでに18日から実施されているわけですが、これが本格的な実施になるかどうかは微妙。なし崩し的にいつもの混とん状態に戻るのではという気もしますが、水曜日に空港から、若しくは空港へのタクシーの移動は若干緩和されるかもしれません。

newsclip.beより

 12/26はタイ全土で部分日食が観測できるそうです。バンコクでは午前10時19分から午後1時57分までだそうで、欠ける面積は最大で81%。

 このぐらい欠ければ、日中の明るさもかなり減るので、空を見上げる人も多いかも。本来なら観測には太陽光を通しずらいフィルターが必要ですが、手元にある厚紙の中心に小さな穴を開けて、そこを通る太陽光を何かに映し出せば、間接的に日食を観察することができます。

 先週からシーロム通り等で週末に始まった歩行者天国の画像が出ています。シーロム通りは大変な混雑です。道路両側に多数の屋台が出店し、真ん中を歩行者が歩いているみたい。

 以前体験した時の歩行者天国よりも、パッと見で、店も歩いている人も増えているように見えます。シーロム通りの歩道上には以前多数の屋台が営業してますしたが、当局の指導で撤去。

 今回の歩行者天国の出店はその反動もあるのかなという気がします。

バンコク週報より

 12月上旬のバンコク旅行中に配信されたメルマガのニュースを見ていたら、シンガポールの高級ホテル「カールトンホテル」がアソークとプロンポン駅の間、ソイ27、29にオープンという記事を発見。

 先日の西鉄ホテルのさらに上をいく上級ホテルではないかと思っています。建物は34階建て、客室は338室。かなり大型ホテルです。

 「歩くバンコク」の地図を見て場所を確認しましたが、アソーク駅とプロムポン駅の中間で、ほんの少しアソークより。地図では工事中となっています。

 アソーク駅の高架橋を東に進み、スクンビットスイーツというホテル前の階段を降りて、そこから300mぐらい。まあ気楽に歩けるぎりぎりの距離でしょうか。3月から予約受付開始で3/31までは宿泊料金が15%引きだそうです。

 リンク先のホテルページを見たら、デラックスルームの広さは37m2でバスタブとシャワーもアリ。現時点の宿泊価格を見たら1泊3400Bとなっていました。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1395-f614f391