FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1422回 今年のバンコクはかなり涼しい!

 昨日の日本は季節外れの暖かさだったようで、暖かかったバンコクからの帰国でも、あまり体へのショックは感じませんでした。しかし今年のバンコクは逆に、やけに涼しかったです。

 特に朝方、朝食を食べて9時ごろホテルの外へ出ると、半袖のシャツでは涼しすぎる感じ。MRTに乗っても車内が寒く感じられました。

 ただ11時を過ぎると徐々に暖かくなり、日が出ている場所で動き回っていると汗ばみます。要するに朝晩の気温差が激しいという事のようで、地元の人の中にはダウンみたいなジャケットを羽織っている人もいました。

 そういった影響か大気汚染の影響かは不明ですが、1割ぐらいの人がマスクをしていました。幸いなことに、激しい咳をしている人には遭遇しませんでしたから、もしかしたら大気汚染の影響なのかも。

 実際1週間程度バンコクに滞在したわけですが、帰国日が近くなってきたころ、喉のあたりが多少イガイガするように感じられました。

 一応うがいをこまめに行っていたので、問題はナシです。ちなみにゴーゴーで踊っている子たちも、飲み物を進呈した子のほぼ全員が、どこまでが本当か分かりませんが、ダンスから戻ってくると「寒い」と言ってすり寄ってきました。

 ちなみに今久しぶりにバンコクの大気汚染状況地図を見たら、出発した日よりかなり悪化している様子。150~200という数値が並んでいます。これだと確かに気管支には悪影響が出そうです。

 また今日のタイランドハイパーリンクスには、「17歳少年が自宅で凍死」という衝撃的な記事も出ています。寝ているときの隙間風で体温が下がり、そのまま凍死という事になったみたいです。

 しかし暖かいタイではちょっと信じられない事件だと思われますが、ほかにも似たような事件が何件か発生しているみたいです。実際ホテルに滞在していても、朝方はほとんどエアコンの必要性を感じませんでした。

 ある意味、いつものバンコクと違って過ごしやすいとも思える気温ですが、地元の人たちは何十年ぶりかの低温だと感じているのではないでしょうか。

 実際私もすでに15年近くタイに通っていますが、朝晩に路上で「寒い」と感じたのは初めての経験です。

 話変わって、タイランドハイパーリンクスのニュースを見ていたら、来年春に新しくオープンするホテルが紹介されていました。最寄り駅はチットロムみたいですが、駅から南へ300mぐらい?ランスワン通り沿い。

 名前が「シンドーン・ミッドタウン」というそうですが、建物は31階建てになるみたいで、高層ホテルが好きな私の好みに合いそう。

 駅から300m程度なら、歩ける範囲。ホテルのウエブサイトには、来年3/1オープンと書かれていて、既に予約も受け付けているみたい。

 一番安い部屋は33m2ぐらいで、1泊が3500Bからと書かれています。私の定宿であるエータスルンピニは40数m2ですがそれよりも少し狭い。

 とはいえ一人旅なら30m2もあればじゅうぶんな広さだと思われます。最寄り駅がチットロムですから、買い物派には便利。夜遊び派もナナやカウボーイは行きやすそう。

 タイ資本のホテルという事ですから、開業当初はスタッフがちょっともたつく可能性はありますが、もしキャンペーン価格等が設定されるなら、一度は宿泊してみてもいいかもと感じました。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1389-49007d29