FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1420回 王宮観光は中国系観光客ばかり

 バンコク時間の朝7時。スワンナプーム空港のチャイナエアのラウンジからです。今日は5時15分起床で、45分にチェックアウト。タクシーに乗ったら、途中まで一般道を走り高速料金は無し。

 時間的には高速と5分ぐらいの差でしょうか。6時15分ぐらいに空港に到着して料金が260Bでした。チェックインはすぐに終了。エコノミーのチェックインは20人ぐらい並んでしました。

 手荷物検査はすぐ通過できたのですが、出国審査が行列。ここで10~15分消費。ようやく抜けてチャイナのラウンジ到着です。

 昨日は朝食後サナームチャイ駅まで行き、そこからタクシーで王宮へ。行ってみたら、王宮前の道路が通行禁止となっていて、タクシーを100mぐらい手前で下車。

 入り口に向かうとともかく大混雑。オープンしたばかりだったからかもしれませんが、ともかく団体客が多い。しかも見た目ですが8割ぐらいは中国系。

 以前は欧米系観光客も多数見られましたが、ともかく中国系が圧倒的。旗を持ったガイドさんの周りに20~30人ぐらい集まっていて、正直なところ、うるさいし、道の途中で説明を始めるので邪魔。

 500Bの入館料を支払って、その先から入場。しかしこの場所から団体客が押し寄せるため入り口が大混雑。中国系の人たちは行列に慣れているのか、我先にという習慣が定着しているのか、途中から列に割り込んだり、声高に「あっちに行け、こっちに来い」と叫んでいるようで、ともかく混沌。

 こんな状況がもしかしたら日本の京都あたりでも起きているのかと心配になりました。というわけで、ようやくの思いで入場。今回は3回目の訪問だったと記憶していますが、左手に見える三つのキンキラキンの仏塔が、記憶にあるより大きくてびっくり。

 それを取り囲むような通路に立派な壁画があって、さすが王宮という感じです。裏手にある「アンコールワット」の模型というのも見てきましたが、これは思ったより小さかったです。

 しかも見上げるような場所に配置されているので、ちょっとわかりにくい感じです。本殿はともかく大混雑。入り口が狭いので、多数の人が殺到して押し合いへし合い。

 こんな場所でも中国系の人達はかまわず団体の力で押し入っていくようで、後ろから背中を押される感じ。思わずムッとして振り返ると少しだけ押す力が弱くなりますが、すぐにまた元の状態に。

 てなわけで、「新しい発見がいろいろあったな」と思いましたが、本堂を見終えるとあとは外周りの宮殿を見るだけ。ただその手前にあった王宮博物館は見学者も少なく、展示物も意外に見ごたえがありました。

 少し休憩したいなと思い一番近い桟橋まで歩いてきましたが、なんとこの日はエクスプレスボートが王室御座船のパレードの準備のためクローズ。

 つまり船で動き回るのが不可能。しょうがないのでターマハラートまで歩いてコーヒーブレーク。川を眺めていたら、御座船のクルーズの様子を見ることができました。

 というわけで、そこから再びタクシーでサナームチャイ駅に戻り、向かったのワットパクナム。新しい鉄道に乗ってみたいという希望もありました。

 チャオプラヤ川の下をくぐり、対岸に抜けるとBTSと同じ高架になるのが新鮮。「バーンワー」駅まで行って、そこからタクシーでワットパクナムへ。

 今回は緑の天井はもちろんですが、お隣のワットクンちゃんという寺院をもう少し詳しく見てきました。ただ仏像前に新しく大きな屋根が出来ていて、巨大な立像の景観が悪くなりました。

 そこから再びタクシーで、「BTSの駅まで」と伝えたら、「Pho Nimit」駅に到着。そこからシーロムに戻って、またしても寿司田に行ってチラシ丼。

 ホテルに戻って昼寝。起きてブログの更新作業、スーツケースへの詰め込み作業、更に風呂に入ってすっきりして夕食へ。昼が遅かったので、あまり空腹ではなかったので、シーロムコンプレックス内の「一風堂」でラーメン。

 噂通り結構おいしいラーメンでした。ここならまた来てもいいなと思いながら、最後にキングキャッスル1へ。ここで目鼻立ちがくっきりした、ともかくモデルのような子がいて、「きれいだなあ」と思ってみていたら視線にきずいてくれ、ニコッと笑って手を振ってきました。

 というわけでちょっと飲み物を奢って最後の夜を楽しんで、10時ごろホテルに戻って就寝です。


 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://wander-thai.com/tb.php/1387-de20fe75