FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第124回 5月のバンコクは暑くて昼間は動けない?

 バンコクに来る前は、メーンクロン線に乗ってみようかとか、週末はウイークエンドマーケットへとか、久し振りにチャオプラヤエクスプレスでノンタブリーへとか、いくつか考えていたのですが、実際に来てみたら、とにかく昼間が暑い、と言うことが分かりがっくり。

 数百m歩くと汗が噴き出ますので、勢い最小限の歩きで行けるような場所で、涼しいところを彷徨うようになっています。

 結局主たる活動時間は夕方以降と言うことになり、必然的に飲み歩きばっかり、というのが今回の旅行の特徴になってしまったようです。

 やはりバンコクへの旅行の時期は11月ぐらいから2月ぐらいまでがベストなんだなと言うことがよく分かりました。一方こういった暑い時期で、グレードの低いホテルに宿泊すると、部屋で寛ぐのもままならないと思うので、今回のホテルの選択は正解だったと言えそうです。

 さて今日は6時半に目が覚めて、朝食前にこれを書いています。明日が帰国なので、遊べるのは今日だけですが、カーテンから見える街の様子は、いかにも暑そう。

 ただ土日になると明らかに車の通行が減りますね。今日は渋滞も少なそう。と言うことは土日にバンコクに来れば、空港からのタクシー利用が便利かもしれないなと気がつきました。

 昨日は上に書いたような理由で、最初はチットロムの伊勢丹へ。やはりこちらの紀伊国屋の方が、プロムポンのお店より、慣れているせいか本も探しやすいように思います。

 昼は今回のバンコク旅行で初めての和食「サガミ」という店で、おろしそばとミニ海鮮丼。「やっぱり和食はさっぱりしていていいなあ」 と感じました。

 その後はホテルで昼寝やブログ書き、読書。持参した2冊目の新書本の内容が佳境に入り、一気に読み終えてしまいました。「種の復活」という本です。

 夕食はソイ23に昔からあって、気になっていたアイリッシュパブ「Grant’s」という店でポークチョップを食べました。そこそこ美味しいと思いましたが、ナナのハンラハンズで食べたものの方が良かった気がします。

 店の雰囲気は、まさにアイリッシュパブでしたが、私の好きなカジュアルな雰囲気とちょっと違っていました。

 その後はカウボーイではなくナナへ。帰国が迫っているので、レインボー4から2、さらに3と行って店を比較。4と2は日本人好みの美しい子が多いなと感じますが、客と視線を合わせる子が少ない。

 3では、昨晩話をした子がすぐに来てくれてしばらく遊んでくれましたが、この日はどうやら予約客があったようで、途中でいなくなってしまい残念。

 その後どうするか悩んで、パッポンへ。ピンクパンサーやバダビンに顔を出しましたが、時刻が11時前後になってしまったせいか、こういった店では珍しく、すぐに一緒に出かけようという意思表示をする子が多く、飲物を飲みながら話だけで充分と考える私とは折り合いがつきません。

 というわけで諦めてホテルへ。ちょっと不完全燃焼気味で就寝です。
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する