FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第105回 貴重品はどこに保管する?

 明日から本格的な連休突入で、今日の深夜便や明日の早朝便で出かける人も多いんだろうなとうらやましく思っています。一方受け入れるタイの人たちも、こっこぞとばかり待ち構えているのだと思います。

 ヤフーのレートを見ると、今日は1B(バーツ)が3.618572円となっていますから、市街で両替すれば1万円が2750B前後になっていると思われます。

 初めてバンコクに行ったときは、よく分からずドンムアン空港で5万円ほど両替しましたが、渡された紙幣を見てびっくり。小さな紙幣で、おもちゃの銀行券みたいな印象でした。

 またデザインもほぼ同じで、なおかつぴったり2枚が重なっているときもあり、支払うときは今でもそうですが、いちいち数字や色を確認して払うことになります。特に飲み歩いているときは、ぼけた頭で支払いをしますので、1000B札と100B札あたりを間違えそうで不安でした。

 さらに小銭の方も、最初は区別が良くわからず、初めてパンを買ったときの支払いでは、売っているおばちゃんに小銭を見せて、そこから持っていってくれとジェスチャーでお願いしました。

 しかしこういうバンコク初心者でも、おばちゃんは親切に対応してくれ、タイの人たちの素晴らしさを認識しました。しかしその後、ネットでも様々な情報を検索するようになると、まあ当たり前ですが、少しでも多くお金をもらおうとする輩がいることも分かってきました。

 観光地でトゥクトゥクに乗せて連れまわす、なんていう話も良く聞きますが、一方で最初からきちんと断れば素直に相手も引き下がるということも多くあり、まあ面白い町だなと感じます。

 というわけで、バンコクに行くときは常に貴重品の管理に気をつけないといけないのですが、ネットの書き込みを読んでいると、ホテルのセキュリティボックス内の現金をごまかされたというような話もあって、いったいどうやって手持ちの現金を守るのかが難しいなと感じていたこともあります。

 しかしこれまで宿泊した1泊1500B以上のホテルでそういった経験をしたことはありません。ただ一応セキュリティボックスの暗証キーの番号は、誕生日、電話番号、パスポート番号と言った、容易に推測できるものは避けています。

 また現金を入れた財布は、さらに封筒に入れ、その封筒の表書きに何月何日時点でいくら入っていると明確に書いています。

 それでも心配な場合はスーツケースに入れ、鍵をかけ、その鍵を持ち歩くということもやりましたが、今度はその鍵を落としたらどうなるんだろうと考えて不安になってしまいました。

 すべてを持ち歩くという人もいるように聞いていますが、夜飲み歩く私のような旅行者は、バンコクではちょっと危険だなと思っています。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する