FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第104回 飛行機の座席指定

 ハワイ関連のブログでよく書いているのですが、エコノミーの座席はかなり狭いです。唯一足元が広いのがドアのある席ですが、たいてい予約と同時にあっというまに埋まってしまうので、これまでそこに座れた経験は数回しかありません。

 そこで個人手配で座席を指定する場合は常に通路側を選択するようになりました。バンコクに行き始めた当初は、右側から富士山が見えるとか、東南アジア上空から地理の教科書に出てくるような蛇行した川を見るのが面白くて、よく窓側を指定しました。

 しかし最近はある程度巡航速度に達するとブラインドを下ろしてくださいと言われることも多くあり、あまり外の景色を楽しめなくなりました。

 さらに機内では食事前にビールを飲むことが多いので、最低1回はトイレに行きます。というわけで通路側を選択し、足を伸ばすために、あわよくば隣に誰も来ないことを願うのですが、これがなかなかうまくいきません。

 これまでの経験では、飛行機の乗り降りや騒音を考えると、座席はなるべく左側の列の前のほうが便利だということがわかっています。

 要するに飛行機の乗り降りは左側の前の方のドアから行われることが多いという単純な理由です。またエンジン音も、翼の前と後ろでは若干違う気がします。

 個人手配でチケットを購入する方は、そういったことを知っていますので、一般的に左側の前の方、それも通路側の席から座席が埋まっていきます。

 一方私はバンコク便でツアーを利用したことはないのですが、ツアーの場合、旅行期日間際(もしくは空港のチェックイン時)に座席指定されるので、後ろの席になることが多いように感じています。

 また、同じ通路側でも窓側と中央側では、中央4列席の両端の通路側のほうが、隣が空いていることが多いようです。

 隣が空いていてうれしいのは、足が伸ばせるだけでなく、デジカメや不要な枕といったものを、その座席に置くことができ、空間を有効活用できるということに尽きます。

 というわけで毎回、出発間際まで自分が指定した座席の隣に誰もいないことを確認して空港に向かうのですが、いざ飛行機に乗ってみると、しっかりお隣さんがいることが多いです。

 これもたぶん間際になってツアー客の方が入ってくるのだろうと推測していますが、それでも4~5回に1回は隣があいていることがあるので、そのときは開放感と共に、チケット料金が得になったように感じます。

 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する