FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第103回 大混雑した空港での注意点

 ゴールデンウイークの時期になりました。今日は朝から各地の空港も混雑しているのかなと推測しています。移動だけでも疲れるのに、行った先々で人が多くいて、すべての動きが遅れがちになる時期だと思います。

 最初に直面するのが空港でのチェックイン。他の人はともかく、自分の手続きを少しでも早く終わらせようと思ったら、早めに行くか、ぎりぎりに行くかという選択しかないように思いますが、ぎりぎりに行くのはちょっと勇気が要ります。

 ツアーの場合は集合時間が指定されていると思いますので、その時間に行けばよいだけですが、個人手配の場合は早めに行くか、遅めに行くか悩ましいところです。

 また手続きを早く終わらせるために、荷物の重量制限に気をつけたほうが良いです。3月に行ったハワイ便ではチェックインカウンターで重量オーバーを告げられ、新たに空港内でバッグを購入するしかないと説得されている方がいました。

 詰め替えの時間や新たなバッグの購入費用等、面倒なことこの上ないです。私はいつも20kgを目安にしていますが、事前に自宅にある体重計で確認しています。

 ただ帰りは重量がはっきりしないので、持ち上げたときの感触を18L入りの灯油缶を思い浮かべて判断しています。またあらかじめ布製のサブバッグを用意して、現地でお土産が増えたら、重いものはサブバッグに入れて帰国という方法を使うこともあります。

 チェックインカウンターを過ぎて次に混雑するのが手荷物検査。あらかじめコンピューター等の電子機器をすぐに取り出せる位置に整理しておくと良さそうです。また列に並んでから液体物のペットボトルの処理に困っている人を良く見かけます。

 混んでいると周りの人もイライラしていることが多いので、スムースな流れになるように、意識したほうが良いです。というわけでその先の若干込み合う出国審査を抜けると出発ロビーですが、そこでまた長い待機時間になります。

 スワンナプーム空港到着後は、かなり足早に入国審査に向かうことが多いです。理由は単純。やたら混んでいるときがたまにあるからです。

 最近は整列指導がだいぶ行き渡り、入国審査書類の書き忘れで、カウンター前で書き直しを命じられている人を見かけることはなくなりましたが、それでも管理官の事務処理は「遅いなあ」といつも感じます。

 まあそれが異国に来たというカルチャーショックとなり、「面白い体験をした」ということに繋がるのですが、混んでいるとやはり疲れます。

 ただ入国審査の場所は200mぐらい離れた場所にもう一箇所あるので、あまりに混んでいる場合は移動したほうが良いかもしれません。私は過去に3回ほど移動しましたが、いずれもかなり空いていました。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する