FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第102回 交渉制タクシーを避ける方法?

 ホテル前にたむろしているタクシーのほぼ100%が、交渉制もしくはいわゆるぼったくりのタクシーだと私は解釈しています。良心的なホテルだと、部屋の中のホテル案内書に英語で「入り口付近で待機しているタクシーは、当ホテルとは何の関係もありません。利用しないことをおすすめします」と書いてあったりします。

 ホテル側としては、本来なら目の前に駐車してもらいたくないのだと思いますが、公道の路上駐車ですから、そこまで文句を言えないのが実情だと解釈しています。

 従って利用者がホテルを出るとき公正なタクシーを利用しようと思った場合、ホテルの係りにタクシーを呼んでもらうように告げるのが一番です。

 ところが単純に「タクシーを呼んで欲しい」と係りに伝えたとき、素直に公道に出て流しのタクシーを捕まえて、行き先やらメーター利用の確認までしてくれるホテルもあれば、係りによっては目の前に駐車しているタクシーに声をかけ呼んでくる場合もあります。

 要するに、係員さんが「タクシーを呼ぶだけで、どんなタクシーでも構わない」と解釈すれば、そういった怪しいタクシーが配車されることになります。

 これは特に早朝空港に行くときに多いように感じていますが、こういったタクシーは、料金もいい加減で暴走運転が多いようです。つまり短時間にいっぱい稼いで、あとはのんびりホテル前でカモ?を捕まえるという営業方針です。

 ある程度の水準以上のホテルだと、係員さんも「お客が不快な思いをしたらホテルの営業に跳ね返る」と思っていますから、面倒でもきちんと公道に出て、料金制の良心的なタクシーをつかまえてくれます。

 しかし客側が単純に「タクシーを!」と伝えると、どちらのタクシーが来るかは五分五分です。そこで私の場合タクシーを利用するときは「Do You call meter taxi?」とメーターを強調して係りに伝えるようにしています。

 これをきちんと伝えると、係員さんはホテル前に待機している運転手から声をかけられても、その場で事情を話して断り、公道のタクシーを捕まえてくれる確率が高くなります。

 しかしそれでも乗り込んでから、空港の場合「500B?」なんて言って来るタクシー運転手さんもいます。その場合の判断はお客さんしだい。私は「降りるのでストップ」と言いますが、そういうと係員からメーターで行くようにと伝えられているのか、素直にメーターを使う運転手さんも多いです。

 一方普通に乗っても空港までは高速を含めて400B前後になると思われるので、「そのくらいならいいか」と諦めることもあると思います。

 いずれにしても、態度は明確にして、ただし相手の人権を踏みにじるような言葉は使わないのが懸命だと思っています。このあたり女性は気を使う部分だと思います。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する