fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1812回 9/1から各種の規制が緩和

 朝方はわずかにこれまでより少しだけ冷たい空気を感じましたが、今はもういつも通りの気温で、今日も猛暑のようです。スーパーに買い物に行ったら、セールと書かれたキューリが1本70円ぐらい。高いです。

 市民農園は、今がちょうど春野菜と秋野菜の端境期で、何とか収穫できるのはナスとピーマンのみ。そのせいか、スーパーでもナスやピーマンは安くなっています。

タイランドハイパーリンクスより
 
 29日付で発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は16536名。17000名を切ったのは、リンク先ページ下部のこれまでの数字を見ると8/15以前になるようですから、「ダークレッドゾーン」指定の効果が出てきたと考えたいです。

 感染者数縮小の先が見えてきたのか、各種の規制が緩和。バンコクからの長距離バス26路線が、9/1より運行再開だそうです。ただし路線名に書かれた都市名で、「あああの辺か」と見当がつくのは5都市ぐらい。

 しかし換気の悪いバスに3時間以上乗車するのは、感染が拡大しそうな気もします。飛行機なら1時間程度で、換気も行われているみたいですので、リスクは下がります。

 ただ運賃は圧倒的にバスの方が安いと思われますから、バスを使わざるを得ないという人も多いのかもしれません。

 一方航空路線も9/1からフライトが再開されるみたい。そのためLCC各社は地方路線にキャンペーン価格を設定。これだとバスの運賃と変わらないかもしれません。

newsclip.beより

 バンコク首都圏では9/1から店内飲食も再開されるみたい。ただしアルコール飲料の提供は禁止で、営業時間も夜の8時まで。また夜9時~翌朝4時までの外出禁止は9/14まで継続だそうです。
 
PRTIMESより
 
 浦安にある「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」が9月限定でタイフェア「アロイ シェラトン」を開催するみたいです。

 アロイですから当然タイ料理を楽しめるフェアということになりそう。ランチブッフェが3700円(90分)、ディナーブッフェが5500円(120分)だそうで、掲載された画像を見ると確かにおいしそう。

 またロビーにはトゥクトゥク等のフォトスポットも設置され、ワークショップもあるみたい。当然ながらホテルですから宿泊プランもあるようですが、宿泊価格についての記載はなし。

 リンクされたページで予約が出来るみたいです。タイに行けなくてうずうずしている方には朗報かも。ただ緊急事態宣言は延長の可能性も出てきたようなので、埼玉から行くのはちょっと無理そうな気もします。
 
 

第1811回 警察署長ら6人の署員が容疑者を暴行

 「今日も暑いなあ」と思いながら6時に起きましたが、朝食時の室温はすでに29℃で湿度が75%。ともかく不快。そういえば以前「不快指数」なんて言う言葉が良く天気予報で使われていたなと思いだし、調べてみました。

 基本的には温度と湿度で算出するそうで、70~74で「不快」と感じる人が現れ、75~79で半数以上、80~85が全員不快となり、86以上で我慢できなくなると書かれています。

 計算式は0.72×(気温+湿度)+40.6で表せるそうで、試しの我が家のの現在の不快指数は、室温29℃、湿度75%で計算してみると113というとんでもない数字になりました。

 多分定義では、湿度の部分が湿球温度となっているため、湿度計で示される数値とは違っているのかも。とはいえ不快であることは間違いなさそうです。

 ちなみに日本気象協会が発表している、今日の東京都の不快指数は86となっていて、全員が不快と感じる数値を越えています。また計算式には通常の湿度の数値を入れる式もあるみたいです。

タイランドハイパーリンクスより

 26日付で発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は18501名。数としては相変わらず多いものの、ここ1週間何とか2万名弱の数値を維持していますので、今後は少しずつ減るのかもという期待を若干感じるようになりました。

 ただ亡くなる方は連日300名近い数値が並んでいますので、新規感染者数に占める割合は1.5%となり、ちょっと高い印象です。(日本は新規感染者数が2.5万人ですが、新規の死亡者は50名前後なので、割合は0.2%です)

 こういった数値を見ると、つい医療体制やワクチン接種率を比較したくなります。一方、日本も現在の死亡者数なら、徐々にインフルエンザ同様に、経済活動を考慮する「コロナと共に生きる道を探る」動きが出てくるはずで、今はその過渡期かなという気がします。

  同様の動きはバンコクでもあるようで、タイの民間企業は「バンコク・サンドボックス」モデルを提案しているようですが、多くの方が経済再開を急いでいるような気もします。

 警察署長らによる賄賂要求の拷問で容疑者死亡という記事が出ています。衝撃的なのは暴行の様子が動画として公開されていること。

 私は数分視聴しましたが、「こんなことが許されているのか」と愕然として、それ以上見る勇気が出ませんでした。容疑者は麻薬を販売した容疑だということですが、それに対して200万Bの賄賂が要求されたと書かれています。

 暴行は署長以下6名の部下によって行われたとのことで、どうやらこの署長は、これまでもそういったことを繰り返していたことが伺えるニュースです。


 

第1810回 バンコク近郊鉄道路線網

 今日は曇りという天気予報でしたが、実際には小雨。気温はたぶん27℃ぐらい。かなり蒸しています。パラリンピックが始まり、そこに参加する選手たちが紹介されているニュースをやっていました。

 私から見ると、この障害ではまず競技は不可能と思えてしまう人たちが、競技を行っている様子はかなり衝撃的です。

 私は6月に頸動脈狭窄の手術を受けてから、舌の動きが悪くなり、食べ物が食べずらくなったり、好きなフルートの練習がうまくいかず、練習意欲が減退しているのですが、「やっぱり努力あるのみなんだな」と、選手たちの競技姿勢を見て勇気づけられます。

 その意味ではパラリンピックの開催意義は、オリンピック以上に大きいと思っていますが、問題は国内の感染状況。首都圏では、少しですが「頭打ちか」と思える状況が生まれてきたようですが、医療崩壊が叫ばれ、入院したくても出来ない人が続出しているようです。

 その意味では、ワクチン接種が2回終わったからと言って決して気が抜けないなと思っています。未接種の息子の感染も心配で、毎日内心でハラハラしながら出勤を見守っています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナ新規感染者数は、24日付で17165名。1週間前の8/17付の新規感染者数は20128名だったので、もしかしたら減少に転じたのかもと期待を持てそうな数値です。

 ただワクチン接種率はあまり伸びていないようなので、減少に転じても、ちょっと気を緩めればすぐに感染再拡大が起こりそうです。

 と思っていたら、ヤフーニュースでも「ピーク越えの観測も」という記事が出ていました。9月に入れば落ち着いてくるのではという見方があるようで、私の予想というか感覚とも一致します。
 
エキサイトニュースより
 
 ここ数年でバンコク市街の鉄道網がどんどん広がって、もはや「レッド」とか「パープル」と言われても、どの辺の鉄道なのか、さっぱり見当がつかなくなりつつあります。
 
 将来的には更に5つの新路線と6つの路線延長が計画されているみたい。そういった新路線計画がまとめられている記事がありました。

  ただし全線開通には10年以上かかるとも書かれています。しかし来年も新しい路線が出来るみたいですから、沿線の観光情報が気になります。

 というか、そもそもどのあたりを走るのか?来年7月に完成予定なのはイエローラインとのことでラップラオ・サムロン間と書かれていますが、場所が全く不明です。

 改めてグーグルマップで見てみたら、どうやらバンコクの東半分を取り囲む環状線となるみたい。東京の外環道に相当する印象です。
 
 

第1809回 シーテープ歴史公園

 先日ようやく2回目のワクチン接種を受けることが出来ました。市の集団接種です。一足早く私より先に、2回目の接種を受けた妹は、夜に発熱があり、寝汗がすごかったと言っていたので、私も当然発熱するだろうなと身構えていました。

 当日は9時に集合で、本人確認、問診を経て接種。1回目よりは痛い感じ。と言っても、採血等の注射に比べると、まさに「チクットした痛み」程度です。

 接種後15分待機とのことでしたが、念のため20分待機。特に違和感もなく帰宅。夜になって接種部位に若干の痛みを感じましたが、1回目より軽い感じ。

 発熱の兆候はなし。しかし寝る前にはベッド横に着替えや体温計、血圧計、パルスオキシメーターを用意して就寝。いつものように深夜のトイレに起きた時、体温等を測定しましたがやはり発熱の兆候はなし。

 結局発熱という副反応もなく朝を迎えましたが、一晩中眠りが浅かったようで、起きるとかなりの倦怠感。これが唯一顕著な副反応でした。

 というわけで2回の接種が無事終わり、これならワクチンパスポートを申請してもいいかもと思ったのですが、調べてみると、帰国後の2週間の自主隔離は継続しているみたいで、利便性が悪い。

 その上、タイだとプーケットやサムイ島ぐらいしか行くところがない。というわけで、海外旅行はまだまだ無理そう。ただ接種後10日以上経過すれば、体内の抗体量が増え、感染しにくくなり、感染しても重症化しないみたいなので、今はその時期が来るのを待っています。

 当然ながらこの間にウイルスが体内に入る可能性もあるので、日常生活でマスクは必須だと思っています。ただ時折出かける市民農園で作業をしている高齢者は、マスクを外して談笑している人も多数。

 「これじゃあブレークスルー感染が増えるはずだ」という印象です。2回のワクチンを接種すればマスクを外しても大丈夫、と確信している高齢者が多いような気がします。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新規感染者数は、23日付の発表で17491名。なんとか2万人前後で踏みとどまっているようです。ただ亡くなられた方は242名と書かれていますから、率にすると1%以上。結構多い印象です。

 日本では東北北部や北海道南部に点在する縄文遺跡群が世界文化遺産に登録決定というニュースが先日ありました。タイの歴史を調べているうちに、私は日本のこういった遺跡にも興味を感じるようになり、機会があれば見に行きたいなと思っています。

 同様に、タイでも様々な場所に観光地化されていないというか、ガイドブック等で紹介されない遺跡が数多くあるようで、その一つ「シーテープ歴史公園」を世界遺産に推薦という記事がありました。 

 添付されている画像を見るとかなり立派で大きな遺跡みたいですが、ガイドブックでは紹介されていません。というわけで、先ずはその場所をグーグルマップで調べてみると、なんとも説明しずらい場所です。

 ロッブリーの北東100kmぐらいと言えばいいのか。なんでこんな場所に大きな遺跡があるのか。説明によればスコータイ王朝が出来る前に作られた遺跡ということで、周辺にも多数の遺跡が残っているみたい。

 遺跡を巡るトラムも運行されているようで、面白そう。また一つ行きたい場所が増えました。ただここまでどうやっていくのかは不明です。



 

第1808回 わがまま歩き「タイ・アンコールワット」

 今日は何故か早朝の5時頃目が覚めてしまい、そのまま眠れず。寝不足だなあと思いながら5時半にベッドを抜け出してリビングへ。外は良い天気。窓を開けると、空気も結構ひんやりでした。

タイランドハイパーリンクスより
 
 昨日発表されたタイの新型コロナ新規感染者数は20902名。かなり大きな数ですが、先週の金曜に発表された、これまでの最高人数が23418名ですから、何とか踏みとどまっている感じ。

 このまま反転して感染者数が減少に向かえばいいのですが、今はちょうどその境目なのかも。一方亡くなられた方は301名とのことで、少しずつ増えている印象です。

 さて、タイに行きたいのに行けないという状況がすでに1年半以上続いています。最後にタイに行ったのが一昨年の12月です。なんでこんなに行きたくなるのかという動機が自分でもよく分からないのですが、たぶんタイ好きの多くの方もそう思っているのでは?

 というわけで、そういった気持ちを癒すもしくは抑え込むために、最近タイに行き始めた頃買った、タイの旅行ガイドブック「わがまま歩き タイ・アンコールワット」という本を持ち出して、改めてすみから隅まで読んでいます。

 ちなみにこの本の発行年月日は2004年ということで、タイの国際空港はドンムアン空港のみ。市街図を見るとBTSやMRTの運行範囲もかなり狭いです。

 とはいえ、この本の後ろ半分はタイの地方都市についていろいろ書かれていて、改めて見直すと、行ってみたい場所がどんどん増えます。

 特に個人的に関心があるのがタイの北部や東北部の遺跡、寺院関係。チェンマイは一度行って街の雰囲気は分かったので、次はチェンライやメーサイといったゴールデントライアングルがらみの場所を見てみたい。

 またバンコクとチェンマイの間にあるスコータイの遺跡も見てみたい。これまでも行く機会はあったのに、なんとなく面倒に思えて後回しにしていた感じです。

 同様にスコータイならば、カンボジアのアンコールワットもはずせない。また東北部ウドンタニーの近くにある「バーン・チェーン国立博物館」にも行ってみたい。

 とはいえ、現実には旅行が不可能なので、行ってみたい場所が見つかったらユーチューブでその地域の案内動画を探してみています。

 2004年発行の古いガイドブックですが、意外に面白いなという印象です。 ちなみにアマゾンで確認すると2019年版も出版されていて、中古なら1円で買えるようです。(送料は必要です)