FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1786回 タイの感染者は増加傾向、日本もこれからリバウンド?

 今日の埼玉は朝から曇り空。昨晩降っていた雨は上がったみたい。気温はたぶん20℃前後で、湿気は多いものの、この気温なら過ごしやすいと言えそう。

 とはいえまだ6月。明日からは7月が始まりますが、例年の梅雨明けは7月下旬。ということはもうしばらくこの梅雨空が続くということで、気分的にはいまいちです。

タイランドハイパーリンクスより

 昨日6/29付のタイの新型コロナ新規感染者数は4662名。28名が海外からの入国者と書かれていますので、国内感染者が激増中?と思てリンク先ページ下部の、6月中の新規感染者数を見たら、6/28付の感染者数が一番多かったようで5406名。

 この人数を見ると、今まで市中感染をあまり気にせずPCR検査を積極的に行ってこなかったツケが出たような気もしますが、もしかするとインド由来のデルタ株が感染を広げているのかも。

 こうなると在住日本人の方たちもかなり心配なのではという気もします。

newsclip.beより

 こちらの記事では、現時点でタイの累計感染者数は254515名になったと書かれていて、いつの間にかというかここ一か月で急に増えたような気もします。

 一方、死者数は1970名で、単純計算での死亡率は0.77%とかなり少ない。一般的に感染症は感染率が大きくなると、その症状は軽くなる傾向にあるということなので、それがタイの傾向なのかも。

 とはいえタイ政府は再び都市部の規制強化を行っているようですから、今年秋にはワクチンパスポートを使ってタイ旅行という見通しも難しそう。

 何より日本でも、すでにリバウンドの傾向がみられる中でオリンピックやパラリンピックを強行しようとしていますから、国内感染者もこれから激増するはず。

 国は「機敏に対応」なんて口だけは勇ましいことを言っていますが、個人的には機敏さは微塵も感じられないなと思っています。



 

第1785回 タイの感染は拡大中?

 久しぶりに朝から青空が見えている埼玉ですが、午後からは天気が崩れるみたい。ということは、午前中に市民農園で除草かなと思っています。

 秋になって、最初に種を撒きたいなと思っているのが大根。だいたい8月下旬が種まき時期。だとすると、その2週間ぐらい前に土を耕して少しだけ肥料を入れておかないといけない。

 というわけで、今はその準備期間。同時に春に植えたナスやトマト、ピーマン、キューリ、インゲンの収穫時期でもあり、狭い畑なのにやることが多いです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は、6/27付のものですが3995人。内35人は海外からの入国者。45人は刑務所のクラスターと書かれていますから、刑務所内のクラスターは抑え込まれたのかも。

 ということは市街の感染者が増えているということで、多いのはバンコクで1370人、サムットサコン県289人、ノンタブリ県195人、パッタニ―県189人、チョンブリー県155人となっています。

 私が手術、入院療養をしている間に、かなり悪化したように見えます。ちなみにパッタニー県というのを始めて聞きましたので場所を調べてみるとタイ南部、マレーシアとの国境に近い県のようです。

 感覚的には「こんな地方都市でどうして?」という気もするのですが、ちょっと検索してみたら、このあたりでは新型コロナとは関係なく、イスラム勢力が強いみたいで時折テロ事件が起きている地域みたいです。

 もしかしたら感染拡大が続いている隣国マレーシアの影響もあるのかも。(個人的な見解です)

 てなわけで、タイは6/28からバンコクその他の感染拡大地域で再び規制が強化されるみたい。まだまだ飲食店の苦境は続くということですね。

 ちなみに時折ユーチューブでバンコク市街の状況なんかを見ているのですが、閉店もしくは休業していると思われる店が多数あるようで、惨憺たる状況みたいです。

 
 

第1784回 タイの新型コロナ新規感染者数は連日数千名

 自宅での療養生活が続いています。手術の影響で日常生活に今一番支障があるのは、舌の動きが悪くなりろれつが回りにくくなったこと。

 同時に食べ物を噛むときに、食べ物を口の中で左右に舌の動きで移動しにくくなったこと。入院中に手術後始めて病院食を口に含んだ時にそのことに気が付きました。

 今まで当たり前のように出来ていたことが、全くできないことに気が付いて愕然としました。食べ物を飲み込むときも舌の動きが関与しているようで、これでは誤嚥性肺炎を起こしかねないと感じました。

 結局、舌が動く範囲で、食べ物を口の中で小さく噛みきり、少しずつ飲み込むという作業を繰り返し、ようやく1口を食べ終わり一息。

 おかげでいつもより咀嚼回数も増えましたが、口の中は噛み切れなかった食べ物の残骸があちこちに残っていて、不愉快なこと夥しい。

 それ以来、病院の食事は主食がお粥、おかずはドロドロのペースト状にしてもらい、それらを少しずつ食べるということになりました。

 今も、ご飯はお湯の中で少し加熱し柔らかくして食べています。おかずはなんとか食べられるようになりました。てなことがあって体重は入院中に4kgほど減少。

 もともと痩せているのですが、特に感じているのは足の筋肉に張りがなくなったこと。まあほとんど歩かない(歩けない)生活を10日間ほど続けたわけですから止むを得ないとは思っていますが、高齢者が入院すると筋肉の衰えは激しいなと感じています。

 ちなみにこの手術の体験記をリンクのページに加えさせてもらいました。

タイランドハイパーリンクスより 

 昨日6/23に発表されたタイの新型コロナ新規感染者数は3174名。地域別ではバンコクが956人、サムットプラカーン県が501人、サムットサコン県が240人だそうで、事態はかなり深刻になっているように見えます。

 現地に長期滞在中の日本人の方も、かなり心配しているみたい。リンク先ページの下段にこれまでの感染者数が掲載されていますが、6月に入ってからは連日2200~4400名という数字が続いているようです。

 とはいえ、このようなことが日本でも起こりそう。すでに首都圏の新規感染者数は下降から上昇に転じつつあるように見えます。デルタ株に感染した人も増えているようで、この状態で今以上の人が首都圏に集まれば感染拡大は明白なような気もします。

 しかし国は、ともかくオリンピックだけは是が非でもやりたいようで、先日はアルコールの提供なんて言う、まったく現実にそぐわないプランも出てきました。

 一方で、観客は直行直帰でとか、飲食店は営業自粛とか、全く矛盾することばかり平気で言い続けています。ワクチンさえ行きわたればというう気持ちがあるのかもしれませんが、すでに職域摂種の予約も一時停止になりましたから、今後の予想は素人でも分かります。

 さてどうなるのか?第4波が早期に到来し、いよいよ医療崩壊が現実になりつつあるような恐怖を感じます。