FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1650回 世界各地で感染拡大中

 昨日に引き続いて今日も埼玉は良い天気になるみたい。ただ日曜に向かって最低気温は下降するとの予報も出ています。気温が下がって気になるのが新型コロナの感染拡大。

 ヨーロッパでは、感染拡大傾向が鮮明になり、再び様々な規制を行う国が増えてきたみたい。私は個人的に、特に根拠はないのですが、寒さはウイルスを活性化させると思っています。

 ただ、マスコミの論調では、寒くなると換気の悪い室内にこもる人が増えるからだという意見があるみたい。どちらが正しいのかはよく分かりませんが、寒くなると感染者が増えるという傾向は間違いないような気もします。

 一方、確かにそういう原因もあるだろうなとは思いますが、日本人の感覚からすると、ちょっと規制が緩むとすぐにマスクなしで様々なイベントに参加している欧米人の気質にも問題があるのではという気もします。

 しかし日本でも感染者数はじわじわと増えています。明日は累計感染者数(正しくは陽性者数だと思っていますが)が10万名を突破しそう。新規感染者数のグラフを見ても、増加傾向がはっきり見えてきたような気がします。

 さてそういった傾向がはっきりしてきましたが、国内では各種キャンペーンが行われていて、人の移動も日々増えているように感じています。

 ちなみに日本のはるか南の海上、フィリピンの東沖では台風19号と20号が発生。19号はベトナムやタイ北部に向かうみたいですが、20号は台湾や沖縄方面に向かうみたい。11月の第1週に沖縄方面に向かう人が影響を受ける可能性が高そうです。

バンコクポストより

 タイ当局は、現在行われているタイ入国時の14日間の隔離処置期間を10日間に減らすように方針を変更するみたいです。健康と経済を考慮した結果だと書かれているみたいですが、英語のため詳細は不明です。

 また経営破綻しながら、営業を続けているタイ国際航空は、今後の会社立て直しに向けて、5000名の従業員さんの早期退職を促すみたい。

 経営破綻しているんだから当然だという気もしますが、今のコロナ情勢の中で、職を失った人たちの行方はどうなるのか?

 先日はANAも5100億円の赤字というニュースがありましたが、日本の航空業界も経営実態は厳しくなっている筈。銀行が借金に応じてくれている間は何とかなりますが、それでも経営赤字が続くなら、従業員さんの雇用にも影響が出てくるはず。

 だからこそ政府はgotoキャンペーンを後押ししていると考えられそうですが、冒頭に書いたように感染者数は増加傾向に転じたみたいですから、先行きはかなり厳しいと思わざるを得ません。

 10/6に日本国内で高熱を出したタイ人の留学生が、回復後?10/21にタイに到着。隔離されている状態で10/24に陽性を確認という記事も出ています。

 この学生さんは今も咳と痰の症状があるみたい。若いからと言って油断はできないようです。
 
 

第1649回 遂に東急百貨店も閉店

 今日の埼玉は秋晴れ全開。洗濯及び布団干し日和。ただし今少し風が吹いてきたみたい。昨日は、ハワイが日本人観光客受け入れに向けて、入国条件を緩和といううれしいニュースがありました、

 緩和の内容は、到着72時間前以内の新型コロナ検査で陰性となった者を対象にして、その証明があれば入国後の14日間の隔離処置が免除されるというもの。

 ハワイはこういった条件で、すでにメインランドからの観光客を受け入れていますが、アメリカ以外の国では日本が初めて。ただ今後は対象国も広げるみたい。

 よしこれでハワイ短期旅行に行けるかというと、もしかすると早計かも。ハワイから帰国した時の日本入国時の隔離処置は緩和されていないはず。

 つまり1週間のハワイ旅行を楽しむために3週間の旅行期間を見込まないといけないということです。ただもはや現地の観光業や旅行業者の窮状を考えると、ともかく少しでも多くの旅行客を呼び込まなくてはいけないという切迫した事情もあるのかも。

 さてどうなるのか?アメリカ本土ではトランプさんが相変わらず強気の発言を繰り返しているようですが、感染者数は拡大する一方で、昨日の株式は大幅下落。

 ヨーロッパでも感染が拡大し、規制再開に踏み切る国が続出。個人的には、やっぱり寒いとウイルスの活性は高まるのではと思っているのですが、だとすればタイは安全?

 とはいえインドでは感染拡大が続いていますから、暑さだけが要因でもなさそう。人種や抗体、遺伝子の問題もありそうで、なにか一つの要因だけでは感染拡大の説明がつかないようにも思います。 

タイランドハイパーリンクスより
 
 遂に東急百貨店もMBKにあった店を閉鎖するみたい。営業は1月まで。ここの東急はMBKに併設されていたせいか、伊勢丹や高島屋に比べると庶民的な価格の商品が多かった印象があります。
 
 バンコクに行くようになって、このお店で何点か衣料品も購入し、今もそれを時々着ています。また店内にあった和食レストランの味も良かったように記憶しています。
 
 ただ近年、あちこちにもっと安い商品があることが分かり、ちょっと中途半端な価格設定だなと感じて足が遠ざかっていました。とはいえ、日系の雰囲気がある店が減るのは残念。
 
 逆に跡地にどんなお店が入るのか関心があります。


 

第1648回 ANAが5100億円の赤字

 過ごしやすき気温が続いていますが、今日は朝から曇り空。新聞朝刊には、ANAが過去最大の5100億円の赤字に転落という記事が出ていて、「まあ当然そうだろうな」という印象です。

 ともかく国際線がほとんど機能していない現状ではどうしようもない。コスト削減についても様々書かれていますが 、その内容はかなり大掛かりで厳しそう。

 私はタイと同様にハワイも好きなのですが、コロナ前に導入した大型機のHONUシリーズ3機も満足に飛ばないまま、今は倉庫入り?遊覧飛行には使っているみたいですが、あくまで臨時便で、その収入はわずかのはず。

 ちなみにANAも新しいビジネスモデルとしてJAL同様格安航空の設定も考えているみたいですが、プランは出来ても路線が再開されない事には、どれも机上のプランとなりそう。

 当然ながら利用者がとしては「大変な事態だな」と見るだけですが、雇用関係にある人たちにとっても死活問題となりそう。

 一方、昨晩少し新型コロナ関係で、政府見解以外の動画を少し視聴していたのですが、「日本人にはすでに抗体が出来ている」とか「感染者は多いけど重症者は少ない」という現状を前向きに考えている人も増えているみたいです。

  つまり現状は、第1次感染が拡大した時より、数字上で感染者は増えているものの、重症化する人の人数はインフルエンザよりも少ないと考えている人も多いみたい。

 そもそも感染者という言い方も、本来は陽性者であって、実態を反映していないという見方もあるようで、この考え方は私も納得。また陽性者を検出するためのPCR検査の精度の問題も指摘されているようです。

 さらに現状の重症者や亡くなられる方たちの数字を、他の病気や自然災害、交通事故等と比べると、やはり少ないみたい。(これについてゃ私も調べました)

 ということは、新型コロナは生きていく上でのリスクの一つではあるけれど、今騒いでいるほどのリスクではないという結論が得られそう。

 そう考えるとgotoキャンペーンも、感染に注意しながら参加していいのかなと思えますが、年度当初の「コロナは危険」という意識が、日本全体に染みわたっているのか、旅行には踏み切れないという人も多いのかも。

 まあ年度当初の危険キャンペーンのインパクトが強すぎたということもあるのかもしれません。とはいえ、欧米で感染拡大というニュースを聞くとやはり身構えてしまいます。

 さて今後どうなるのか?個人的に心配しているのは、バンコク行きでよく利用していたチャイナエアラインの動向ですが、当然ながら赤字は拡大している筈。

 私はこの航空会社のゴールドメンバーになっているのですが、先日新しくゴールドカードが送られてきました。出来ればすぐにでも活用したいなと思っているのですが、現状は不可能。

 せめて日本~台湾の航空路線だけでも復活してくれないかなと願っています。