FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1478回 タイではインフルエンザが流行中

  新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるためにイベント自粛が発表されました。これを受けて、我が家の近隣で行われる予定だった桜祭りが中止になりました。

 その後市が予定していた各種のイベントも中止されたという話を息子から聞きました。ようやく感染拡大防止に向けて、少し動きが出てきたかと思っていたのですが、夕方になって今度は小中高の臨時休校という処置が発表されました。

 突然の発表なので、あちこちに混乱が生じているはず。ちょうどこの時期は学年末考査や卒業式、入学試験等の行事が目白押しになる時期で、影響はひじょうに大きい。

 とはいえ、児童生徒の中に一人でも感染者が存在すれば、韓国の例を持ち出すまでもなく、感染拡大は間違いない。ということで、個人的には今回の英断は歓迎しています。

 しかしだったら…と考えると、1月の時期にきちんと専門的な対策会議を開いて、今後感染の拡大傾向が確認されたら、こういった措置を取るかもしれません、という情報を流すべきだったんだろうなと思います。

 その意味では、まあどんな組織でもそうなのですが、初動が遅れたという批判が今後あちこちから寄せられるような気もします。

 さてバンコク旅行とは関係ないように思える話題ですが、こうなると自宅に児童生徒がいる家庭が激増するわけで、お盆の時期のように、だったら家族揃って旅行という事を考える人がいるかもしれません。

 家族旅行でバンコクを選ぶ人は少ないような気もしますが、問題は何回も書いているように空港や機内での感染。さらに最近あちこちの空港でニュースになっているのが、一緒に乗っていた人の中に感染者がいた場合、その航空機の乗客乗員全員が隔離されるという話。

 受け入れ国側は、感染拡大を抑えるために当然の処置だと考えると思いますが、ルンルン気分で到着したら誰かが検疫で引っ掛かり、全員隔離という事になる可能性もゼロではなさそう。

 そうなるとクルーズ船のように2週間身動きが取れないという事になり、これまたリスクが大きいなと感じています。

 今はとにかく、自分自身が感染せずに、こういった混乱が早く収まってくれればいいなと願うだけです。今回の多少強引とも思える措置が効果を発揮すれば、終息時期も少し早くなるかなと期待しています。

 タイの大気汚染指数は、バンコクや近郊では改善。100~180ぐらい。一方チェンマイ方面は、本格的な野焼きが始まったのか、更に悪化しています。

newsclip.beより

 日本は新型コロナウイルスの話題ばかりですが、タイ北部では通常のインフルエンザが流行しているようです。現在の感染者数は70363名で亡くなられた方も2名。

 アメリカ本土でもインフルエンザが蔓延していますから、この冬は新型コロナウイルスはもちろん、各種ウイルスがやたら活発になっている印象を受けます。
 

 

第1477回 新型コロナウイルス タイではほとんど増えないのが不思議

  連日新型コロナウイルスの話題で恐縮ですが、やはり気になります。政府はようやく感染拡大の防止のために行事、イベントの中止要請という方向に舵を切ったようで、「今更遅いのでは」という不安も感じますが、今の時期はこういった要請が必要かなと思っています。

 まあ誰しも自分の身に何らかの影響が降りかかってこない限り、なかなか本気になれないということのようで、日本政府の動きは、当初衛生状態の悪い中国での感染拡大はあり得るな、と高をくくっていたのではないでしょうか。
 
 早い話が対岸の火事だったわけで、民間レベルでは救援物質をおくっていたようですが、政府は通常のインフルエンザよりちょっと重いだけの病気で、医療が充実している?日本なら問題ないと思っていたのかもしれません。

 しかし、中国は突貫工事で新たな病院を作ったなんて言う話をまともに聞いていれば、これは早晩日本にも影響があるはずで、今から対策をしないとと考える人がいてもおかしくなかったと思います。

 さらに大型クルーズ船の寄港あたりから、徐々に事態は混迷。一度に4000人近い人を隔離対象にしたわけですから、現場が混乱したことは間違いない。

 この対応に問題があったことは間違いないようですが、現場で日夜働いた人には敬意を表したいと思っています。ただそんな現状があるのに、なかなか本格的な対策会議を開かず、日本国としての対応に遅れが出た印象です。

 しかも今回審議の加藤厚労大臣の答弁を聞いていると、新型コロナウイルスの今現在の検査の実施件数は、1日で900件ぐらいだそうで、一時は1日3800件の検査能力があると言っていたのに、なんか矛盾が大きい。

 これまたもっと早期に検査体制を拡充していればと悔やまれます。ただこの検査の拡充は感染防止のためには必須で、今後は万単位の処理能力が必要になると思われます。

 とはいえ、ようやく今後の対策指針が発表された事で、一応の進展は見られました。これによって海外旅行自粛の影響は今よりもっと大きくなると思われますが、しょうがない。

 旅行産業は大きな影響を受けると思いますが、ここ1,2週間が勝負といわれるなら、3/14ぐらいまでは、混雑する場所に出かけることは控えようと私も思っています。

 これによって、一定の効果が得られれば、3月下旬の春休み頃には先の見通しも見えてくるような気もします。

 ちなみにタイの今現在の感染者数は現在37名。バンコクやパタヤ、チェンマイには大勢の中国人が出入りしていたのに、日本に比べてほとんど増えていません。なんでだろう?と不思議に思っているのですが、

・ 感染しても自然に治癒する人が多い
・ 気温が高いのでウイルスが繁殖しにくい
・ 気温が高いので、人間の免疫活動が活発
・ 湿度が高いのでウイルスが繁殖にしにくい
・ もともとタイの人たちの免疫力が高い
・ 感染しても検査キットが少なく、判断できない

といった原因を勝手に想定しています。
 

 

第1476回 日本政府の新型コロナ感染対策は手ぬるい?

 毎日毎日新型コロナウイルスの話題ばかりですが、感染は拡大する一方。今日は四国でも感染者とかヨーロッパでも新しい感染国が発生とか、いよいよ世界中に広がってきたなと感じています。

 こんな時世界視野で頼りになるのはWHOだとこれまでは思っていたのですが、中国はよくやっているとか、マスクは必要ないとか、まだパンデミックではないといった、本当にやる気あるのか?と思えるような発表が多く、あまり当てにならないなと感じるようになりました。

 また日本はクルーズ船での隔離に失敗し(大変な数の乗員乗客でしたので、短時間での隔離体制の構築が難しかったんだろうなと思っています)、感染者が日本各地で発生。

 今頃になって本格的な対策会議が開かれたとのことですが、中国でこの病気が発生したのが昨年12月。感染者が増加して突貫工事で大規模病院をいくつも建設。

 この実態を見れば、やがては日本もという発想になるのは当然だと思っていたのですが、いまいち初動が遅いように感じられます。

 とはいえ、とりあえず指針みたいなものは発表されましたので、それに従って今後は医療体制が構築されるのかなと期待していますが、ニュースを見ている限り、ともかく感染力が強いなと感じます。

 というわけで、必然的に感染しそうな場所には近づかないという選択になり、自宅にこもる時間が増えそう。当然ながらスーパーに行くときも混んでいる時間帯は避けるようになっていますから、旅行なんてとんでもない?。

 中国の感染者数は、最近になってようやくピークを迎えそうだというニュアンスの記事が出てきましたので、今後はだらだらと終息に向かうのかもしれませんが、日本はこれから。

 すでに各種受験、卒業式、入学式、就職活動、入社式、サッカーの試合にも影響が出始めていますが、今の様子だとゴールデンウイークの旅行は壊滅だろうなという気もするし、オリンピックは可能なのか?という疑問も感じます。

 しかし「どこかに行きたい!」という内なる欲求は今後高まるばかりかも。だいたい「行くな」と言われると行きたくなるのが人間の常です。

 てなことを思いながらタイの大気汚染状況を見ると、昨日よりは少し良くなりましたが、まだまだ汚染はひどいようです。北部チェンマイ方面も160~250なんていう数字が並んでいます。

 またタイランドハイパーリンクスによれば、タイでは新型コロナウイルスの感染者が35名から37名に増えたという記事も出ています。

 さらに美容整形手術を行う病院では、日本人の全患者に対してタイ入国後14日間のホテル待機をして、感染が認められなかった場合のみ手術を受けることができるようになったようで、こういった動きはどんどん拡大すると思われます。