FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1367回 大気汚染が悪化、パタヤの深夜の営業時間が延長?

 朝から良い天気ですが、気温も上昇しそう。明日からは10月だと言うのに、今日も埼玉の最高気温は30℃近くになりそう。暑くなるなと思ったので、Tシャツ短パン姿でこのブログを書いています。

 明日から消費増税ということで、実際の増額分より心理的抵抗感が大きいですね。ちょっと出歩けば、その消費額がすべて2%増になると考えると、余計な出歩きは出来るだけ控えようという気になります。

 そんな中、12月にバンコクに行きたいなと思って先日チャイナのマイレージを確認したら2万ポイント近くたまっていました。さらにいつも利用しているアメックスのスカイトラベラーカードのショッピングポイントを確認したら3.5万ぐらいたまっていました。

 というわけで昨日これをチャイナに移行する手続きを行いました。合計5万ポイントになるので、アジアの2点間のビジネスクラスの特典航空券を獲得できることになります。

 移行には10日前後かかるみたいですが、10月からはサーチャージも値下げされるので、移行完了次第12月旅行のチケットを確保しようかなと思っています。

 従って、12月の旅行は往復の旅費が少し浮くことになり、その分をホテルに回してもいいなと、ちょっと気持ちが楽になってきました。

 そう思いながらバンコクの大気汚染状況を確認すると急激に悪化?シーロム付近で152なんて言う数字が出ています。さらに王宮近くで202。その他あちこちで150以上。

 シラチャーが99。ラヨーン方面が100前後。チェンマイ方面も100前後。乾季になって夕方雨が降らなくなったせいかなと想像していますが、ちょっと心配です。

タイランドハイパーリンクスより

 エビ釣りレストランでセクシーダンスという記事が出ています。動画もリンクされていますが、さすがに場違い。エビ釣りをしている人も困惑気味?踊っている方もやりにくいのではという気もします。

 パタヤのナイトスポットの営業時間が明け方4時まで延長されるかも。現在の営業時間は深夜2時まで。しかしそれを4時まで延長するという計画があるそうです。

 いくつかのネットのブログを読むと、2時以降も密かに営業している店もあるようですが、これが実施されると4時営業までの店が続出しそう。

 かつてソイ10のホテルに宿泊した時、セカンドロードから聞こえてくるヘビメタのドラムの音が2時まで聞こえてきて眠れなかった記憶がありますが、これが4時になったらと思うと、今後パタヤに行ってもホテルを選ぶのに苦労しそうです。 


 

第1366回 タイへの移住は想像以上に大変

  おはようございます。朝から青々らが広がり、湿度も低い感じ。秋の花粉も飛び始めたようで、ちょっと鼻水症状を感じます。

 一方タイでは乾季に入った影響なのか、少しずつ大気汚染が悪化。今日のバンコク近郊の様子を見ると、パヤタイ駅近辺が97となっています。

 さらにシラチャー方面が70台。ラヨーン方面が90前後。一方プーケットは57となっていて、インドネシアの森林火災の影響が少し薄れた感じ。風向きの影響もあるのかもしれません。

 ついでなのでクアラルンプールを見ると50前後。しかしシンガポールは109。さらにジャカルタは168となっていて、かなり深刻。

 北部のチェンマイを見ると80ぐらい。決して良い数値とは言えないなと感じます。この数値の動きによっては12月旅行の目的地も変更せざるを得ないかもと思っています。

ヤフーニュースより

 移住先として人気のタイですが、実際に移住すると予想以上に大変、という記事が出ています。内容を見ると、「まあそうだろうな」と思えることも多い。

 特に、「綿密な計画もなしにフラッと行っても仕事は見つからない」というのは良く分かります。実際タイの人たちで、最先端で働いている人たちの学力は、相当なものだなと感じます。

 これはホテル等のレセプションで、美しい発音で応対するタイの人たちの様子を見ていると良く分かります。まあ特に仕事上の取り柄がない人がタイに行っても、そう簡単においしい仕事にはありつけないということです。

 では年金暮らしだったらどうか?月15万程度の年金があれば、タイで気楽に暮らせるのでは?と私も一時期考えていたこともあります。

 しかし日本人が満足するような居住環境のコンドミニアムを賃貸すれば、一か月の賃貸料は少なくとも5~10万ぐらいになるはず。1食の食費がたとえ100Bで済んだとしても、3食なら300B。一か月なら9000B。

 日本円なら3万円を越します。その他衣食住に必要なものを考えると、生きていくために各種日用品や通信費、交通費、医療費等も必要になり、それらの総額はやはり3万程度になるのではと思われます。

 ということは、タイで生きていくだけで最低6万+5~10万の家賃ということになり、合計11~16万。つまり15万の年金だと、生きていくだけでそれ以上の余裕はないということになりそう。

 早い話が夜のアルコールを楽しみ、タイから各地に観光旅行なんてのは、年金だけではほぼ不可能。ましてや言葉が不自由では、シニア世代ではまず移住は不可能だなと私は判断しました。

 実際チェンマイあたりに移住した人は多いということは聞いていますが、その人たちがどんな暮らしをしているのか、ちょっと知りたいなという関心はあります。
 

 

第1365回 日系航空会社のサービスが低下?

 「中国に追い越される!?日系航空会社サービスレベル低下の危機」というダイヤモンドオンラインの記事があって、一読して少し中国系航空会社に対する認識を改めました。

 内容は主としてラウンジにおけるサービス意識の低下という部分に焦点を当てているようですが、もし本当なら確かにそうだろうなという気もします。

 とはいえこういったラウンジを利用できるのは上級クラスの利用者でしょうから、エコノミークラスの利用者には関係がないとも言えそう。

 エコノミー利用者にとって最大の関心ごとは、座席の広さや機内食、そして定時運航率かなという気がします。その意味ではJALやANAの座席はエコノミーでも他の航空会社よりも少し広く感じら、機内食もそこそこおいしい。

 一方、目的地にたどり着くまでに乗り換えが必要な場合、定時運航率が気になるわけで、LCCの場合はこの点がすごく不安。てなわけで記事中の定時運航率という語句でネットを検索。

 するとトラベルボイスというページがヒット。今それを見ながらこれを書いているのですが、2018年のランキングが掲載されています。

 それによればアジア太平洋圏の航空会社で1位は香港航空ですが、2位はなんとバンコク・エアウェイズとなっていてびっくり。3位以下はカンタス、ANA、ジェットスターアジア、JALだそうで、「へえ~、そうなんだ」と認識を新たにしました。

 ANAやJALを利用していると、さすが日系。随分きちんと時刻表通りに飛んでいるなという感想を持っていましたが、それよりも上がいて、それが中国やタイの航空会社だとは驚きです。

 ちなみに私がお気に入りの運賃が安いチャイナエアラインは、台湾の航空会社ですが、一時期は妙に遅延が多かったのですが、最近は定時運行にも力を入れているんだなと感じています。

 12月に予定している旅行では、再びチェンマイ行きを考えているのですが、次回はバンコク到着後そのまま飛行機を乗りかえてチェンマイ方面に向かうのも良いかなと思っています。

 その意味ではタイ国際航空の利用も視野に入ってきます。ただ以前利用した時、座席の広さがこれまで通りの広さでJALやANAに比べて少し狭いのが不満。

 その分かどうかは不明ですが、運賃は安いようなので、安いけど時間がかかるチャイナや、ちょっと広いけど運賃が高いANAやJALと比べながら、地方に行く場合は検討する価値はあるなと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 前回の旅行でチェンマイのターペー門を見学。その際門周辺には多数の観光客とハトがいるのを確認。さらにハトの餌売り業者もいて、「こりゃハトはどんどん増えるだろうな」と思ってみていました。

 しかし今日の記事で、この業者たちが許可を得ずに餌を販売し、さらに観光客の写真撮影を恰好よく見せるために、わざとハトを驚かせて飛び立たせている書かれていました。

 実際私が見ているときも、突然ハトを飛び立たせるような威嚇をする人がいました。何を意地悪しているんだと思っていましたが、写真撮影のためだったようです。

 ということは次回行ったら、門周辺はもう少し落ち着いた雰囲気になっているのかもしれません。

ターペー門
 
 

第1364回 10月からカオサン通りで大規模改修

  埼玉は朝から秋らしい青空が広がっていますが気温は高め。9月の終わりだとは思えません。しかし青空が広がると「どこかに行きたい」という気持ちも強くなります。

newsclip.beより

 スマトラ島の森林火災によるプーケットへの悪影響が深刻になっているようで、プーケット空港では到着客に無料でマスクを配り始めたということです。

 逆に言えばそれだけ悪影響が大きいということで、旅行予定者はマスクを持って行った方が良いかも。しかしプーケット市街でマスクをして街歩きというのも、海辺のリゾート地だけになんとなく格好悪そう。

 とはいえ気管支に問題がある人は見栄えよりも健康が大事です。

沖縄タイムスより

 バンコク市街でバックパッカーが集まる場所で有名なカオサン通りで、10月から大規模改修工事が始まるようです。今から15年ほど前、タイ旅行に関心を持ち、旅行体験記を読み漁った時期がありました。

 そのとき、どの旅行記にもカオサン通りの記載があって、ともかく安い宿があり、得体のしれない人たちが集まっているという記述が多数。

 「いったいだどんな通りなんだろう?」と思っていましたが、5年ほど前に初めてチャオプラヤエクスプレスに乗って訪問。桟橋からお寺の境内を抜けてカオサン通りに入ると確かに多数の観光客がいました。

 しかし昔の旅行記で読んだ怪しい街の面影は全く感じられず、あえて言えばナナ駅近くのソイ11を歩くような雰囲気で、いささか拍子抜け。

 「こんなところだったのか」と思いながら一回りして帰ってきました。ただ裏通りに入れば、もしかしたら怪しい雰囲気も感じられたのかもしれません。

 とはいえ、その通りが大規模改修され、舗装や露店の配置も見直されるそうですから、10月以降はさらに近代的な通りに生まれ変わりそう。もう1回歩いておけばよかったな、とちょっと後悔しています。

 さてメインサイトの「バンコク ぶらり一人旅」では、8月の旅行記も書き終わり、現在滞在中に訪れたチェンマイの寺院についてまとめていますが、改めて書き出してみたら、ともかく訪問した寺院の数が多くてびっくり。

 今回は4泊5日の滞在で15ぐらいお寺巡りをしていたようです。というわけで、次回もまたチェンマイに行こうと思っているのですが、次回の日程12月は乾季のせいか宿泊価格も少し高くなるみたいです。

 また前回の旅行で分かったことは、お寺巡りを目的とするなら、宿泊はターペー門近くまたは旧市街中心部が何かと便利だなということ。

 また格安のタイ雑貨や夜遊び目的なら旧市街東側のナイトバザール周辺が便利そう。旧市街だと高層のホテルはありませんが、ナイトバザール周辺は見晴らしの良い高層のホテルも多いようです。

 というわけで、次回の旅行について、少しずつイメージを作り上げています。


 

第1363回 エアアジアがビッグセール!しかし価格は・・・

  三連休明けの初日ですね。現役時代は、こういった連休明け翌日の出勤が「面倒だなあ」と思うこともしばしば。行ってしまえばいつもの勤務が始まるわけですが、行くまでの心理的葛藤が大きかったことを思い出します。

newsclip.beより

 スマトラ島で森林火災が起きているようで、その影響がプーケットにまで及んでいるようです。そう思って久しぶりにタイの大気汚染地図を見てみました。

 するとバンコク市街は40~70ぐらいで、まあ悪いなりに、何とか生活できる数値を保っています。シラチャーやラヨーンもほぼ同様の数値。

 というわけでプーケットの数値を見てみると、東海岸の値ですが147となっていて、確かに気管支の弱い私のような人間には不向きな数値だなと感じます。

 ついでなのでマレーシアのクアラルンプールを見ると100~150。インドネシアのジャカルタは160。タイでは雨季が終わり、これから絶好の旅行期間になる時期ですが、同時に大気汚染も悪化することになりそう。

 次回の旅行もチェンマイ方面に行こうと今は思っていますが、場合によっては目的地変更もあり得るかもと思うようになりました。

Fly Teamより
 
 タイで主に国内線を運航しているバンコクエアウェイズが、アメリカ拠点のAPEXの航空会社評価で五つ星評価を獲得したという記事が出ています。

 前回チェンマイに行くときも利用を検討した航空会社ですが、私は何となくLCCの格安航空会社でサービスはいまいちという印象を持っていました。

 しかし今調べてみたら、LCCではないということで、ちょっと印象が変わりました。どうやらJALと関連もあるようで、バンコクまでJALで行き、そこから乗りかえてチェンマイに行こうとすると、このバンコクエアウェイズが指定されるようです。

アジアトラベルノートより

 エアアジアがビッグセールを開催中。搭乗期間は来年2/10以降のようですが、片道8000円という語句に惹かれてちょっと検索。エアアジアのHPにたどり着いて、3月の予定を入力してクリック。

 しかし閲覧している人が多いのか、サーバーの働きが弱いのか、ページが全く表示されません。数分待ってようやく表示されましたが、一部の表示が消えた状態でそこから進めず。

 再度やり直してようやく表示。しかし経路を見てがっくり。クアラルンプール乗継便で、しかも時間帯も深夜便ばかり。さらに値段は行きが最低18200円、帰りが16890円。

 安いことは間違いないのですが、「これじゃあいくら安くても使えないな」というのが第一印象です。