fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1296回 タイでは一般家庭の屋内でも禁煙?

  台風の影響で一晩中雨が降り続いていたようですが、今は止んでいます。ただその分蒸し暑くなりそうです。今日は公務員の夏のボーナス支給日?

 フルタイム勤務時代は、今から思えばかなり大きな金額を手にしていたなと思えますが、半分以上を住宅ローンの返済。残りの半分ぐらいを税金や保険料の充填。

 残りの半分ぐらいを、夏のハワイ旅行のための積み立て。残った僅かな残金が、日ごろから買いたいと思っていた衣料品や国内旅行の資金となり、あっという間に消えていきました。

 とはいえ、この存在はやはり大きかった。今は住宅ローンの返済もなくなりましたが、税金や保険料は相変わらず。最近は介護保険料なるものも発生して、「こんなにふんだくられるのか?」と若干憤慨気味。

 まあそれでも、57歳で早期退職をしながらも、様々な努力を積み重ねて9年が過ぎました。おかげさまで在職中から通っていたタイには、退職後も通うことができ、まあまずまずの老後だなと思っています。

newsclip.beより

 タイでは、日本から見ると季節外れのインフルエンザが流行っているようです。日本人なら秋口に予防接種を受けている人も多いと思いますが(私も受けました)、その持続効果は半年程度。

 これからタイに出かける人は、予防接種の効果はすでになくなっていると思われるので、旅行中はうがい手洗いが必須になりそう。ちなみに私は5年ぐらい前、秋に予防接種をしたのに、3月にタイに行ってインフルエンザにかかりました。

 予防接種は半年しか効果がないということを実感した体験となりました。

バンコクポストより

 すでに空港では実施済みの全面禁煙ですが、これが一般家庭の屋内でも禁煙になりそうです。副流煙によって当人以外への影響が大きいということが分かったからですが、愛煙家にとってはまたしてもつらい法律になりそうです。

 さてタイの歴史について相変わらず図書館から切りてきた様々な書籍を読んでいますが、興味は人類発祥のアフリカまで遡ってしまい、収拾がつかなくなっています。

 そんな中、たまたま我が家の本棚を見ていたら、息子が高校時代に使っていた世界史の教科書と資料集みたいなものを発見。同じようなものを私も高校時代使っていた気もするのですが、資料集はページを開いた記憶が全くありません。

 というわけで改めて見てみたら結構面白い。紀元ゼロ年ぐらいから100年ごとに世界の移り変わりの地図が掲載されていますが、東アジアは中国の国盗り物語がすごい。

 それに比べると日本は朝鮮や中国からの侵略を何回か受けているようですが、やはり日本海の存在が大きく、大事に至ることなく、現在に至っているという違いが良く分かりました。

 一方タイという国はマレー半島の付け根の東側に位置していたので、西の方から拡散してきた人類には、位置的に見つけにくい要素があったのかなと感じました。

 つまりタイの国への移動経路は、中国やビルマからの移動しかなかったということになりそうです。


 

第1295回 野菜に残留農薬、タイエアアジアXが格安チケットを販売中

 昨日はかなり蒸し暑かった1日でしたが、今日も暑くなりそう。金曜日に鼠径部ヘルニアの手術を行って、日曜日に退院。それからほぼ1週間。

 患部の痛みはまだ続いているものの、当初よりかなり軽減。寝ているときの寝返りも比較的楽に行えるようになり、歩行も普通にできるようになってきました。

 これなら7月下旬から8月上旬にかけてであっても、海外に出かけられるのではと、ちょっと気分が高揚してきました。

タイランドハイパーリンクスより

 ちょっと不安になるニュースが出ています。それはタイ市場で販売されている野菜と果物のサンプリング調査で4割以上の野菜や果物に、国際基準を越えた残留農薬が検出されたというもの。

 また結果を見ると、生鮮市場よりスーパーの野菜のほうが問題が大きかったそうで、要するにスーパーに降ろすために見た目をよくする必要があり、その分農薬使用量が増えているということなのかなと思っています。

 また残留農薬の多い野菜果物は、カイラン菜、パクチー、唐辛子、トマト、広東菜、マンダリンオレンジ、ブドウ、ローズアップル、グアバ、パパイヤだそうです。

 タイに行くと、私は体に良いと思って野菜炒めを食べることも多いので、この結果はちょっとショックです。ただ現地で働いていて自炊している人はもっとショックかもしれません。

アジアトラベルノートより

 タイエアアジアXがかなりお得な料金を提供中という記事が出ています。片道の最安値が諸費用込みで8600円。日別の料金表も掲載されていますが、お盆の時期を除いてかなり安そう。

 成田からの運行時間を見ると行きは14時25分発というのがあって、これは便利そう。ただし復路の運行時間は不明。まあ調べればわかることですが、今はまだ私には時期尚早です。

 さてチェンマイについて調べていたら、タイの歴史というのが面白くなって、国の成り立ちについての解説本も読破。ところがこういった本では、最初に出来た国は北方で定住していた人が集まって、やがて都市国家になったという記述が多い。

 しかし北方で定住していた人はどこから来たのか?ということまで詳しく解説している本は少ない。というわけで、さらにその前の時代を調べてみると、中国南部やミャンマーから山を越えて移動してきたという記述を発見。

 ではその中国南部やミャンマーにいた人はどこから来たのかとしつこく追及してみると、どうやらインド北方のヒマラヤ山脈の北側ルートと南側ルートを横断してきた人がいるみたい。

 ではそのルートを横断してきた人はどこから来たのかと調べてみると、結局人類はアフリカから始まって世界に拡散していった、という、その昔、中学や高校で学習した生物、地学や世界史の知識まで戻ることになり、なるほどなあ、こんな風に人類は発展してきたのか、と今更ながらに再認識しています。

 てなわけで、そういった本で得た知識を総動員して次の旅行を楽しむことになりそうです。
  
 

第1294回 8月下旬のビジネスクラスのチケット料金を調査

  朝から良い天気ですが、これから暑くなりそうな気配も感じます。洗濯には良さそうな日和です。

タイランドハイパーリンクスより

 ここのところ連日パタヤでいろいろな事件が起きています。特に外国人によるものが多く、交通事故とか、暴力行為といった類ですね。今日の記事には泥酔韓国人がバーで飲んで支払い拒否という記事。

 警察官が駆け付けて結局支払いに応じたということのようですが、何とも人騒がせ。しかも金額が225B。ラッキースターというビアバーのようですが、飲んだことを忘れてしまったということでしょうか?

 乗車拒否タクシーの罰金が引き上げられるみたいです。現行は上限が2000Bですがこれが5000Bになるとか。これは結構インパクトがありそう。

 しかし乗車拒否の罰金が上がったと知った悪徳タクシー運転手さんは、次はどんな手を考えるのか?メーターに細工?交渉性が増える?遠回り?まだまだタクシー乗車は神経を使いそうです。

 もう1点。これは旅行者にとって重要な情報。空港での手荷物検査で、機内持ち込みの液体物の検査が厳格化されるそうです。現行は100mL以下の容器に入れたものは持ち込めます。

 ただ対象物の範囲を広げ、シロップ、ジャム、カレー、ナムプリック、歯磨き、シャンプー、スプレー、マスカラ、口紅、リップクリームも含まれるようになったとか。特に化粧品の多い女性は注意が必要かも。

 さて今日は次回の旅行の予備知識として具体的なチケット料金を調べています。次回の旅行はチェンマイにも行こうと思っているので、日程的に土日を最大限に利用して少し長めの滞在を考えています。

 出発は体調のことを考えて8月下旬の土曜日24日。帰国は日曜日の9/1。これが理想で8泊9日になります。こうすれば仕事をしている息子への影響が一番少ないと思っています。

 ちなみに読者の方から、この時期は台風シーズンとの指摘も受けていますが、まあそれはそれでしょうがないと思っています。

 というわけでこれらの日程をスカイスキャナーに入力して、さらに夜行便を除外してビジネスクラスの座席を調べてみたら、最安が香港航空の94989円。ただし移動時間は香港乗り換えで10時間ぐらい。

 次がいつものチャイナで114440円。移動時間は台北乗り換えで9時間弱。そしてマニラ乗り換えのフィリピン航空が115162円。使いやすいかも思ったのがエアアジアで127656円。これは直行便です。

 香港乗り換えのキャセイパシフィックが129570円。クアラルンプール乗り換えのマレーシア航空が168104円。大韓航空が172894円。なかなか日系航空会社が出てきません。

 JALは213895円でANAは244055円、タイ国際航空が260540円という結果でした。結果を見て、やっぱりチャイナがいいなという印象ですが、決定するのはまだ先です。

 私の体調は一段落ですが実家の母親の体調がいまいちです。



 

第1293回 美しいミスユニバースの候補者たちがパタヤに集結

  穏やかな梅雨の晴れ間が広がっていますが、昼にかけて気温はどんどん上昇するみたいですね。鼠径部ヘルニア手術を金曜日に行い、日曜午前中に退院。

 さすがに日曜は家から出ることもできませんでしたが、手術による痛みは日を追うごとに軽減。昨日月曜は市民農園まで行き、手術中に収穫の時期に達したナスやミニトマトを収穫。

 こんなに歩いて大丈夫かなと思いつつ、その後はスーパーへ行って買い物もしてきましたので、まずは順調な回復という感じでしょうか。

PJAニュースより

 3泊4日の手術入院では入れ代わり立ち代わり病室に現れる若い看護師さんたちの明るい対応にずいぶん癒されました。つくづく「男は単純だな」と内心で苦笑していましたが、皆さん実に親切です。

 まあ美しく若い女性は男性の誰もが憧れるわけですが、そんな中、タイのミスユニバース候補者がパタヤを訪問という記事が出ていました。

 いったいどんな女性たちなんだろうと掲載された写真を見ると確かに美しい。もともとタイの女性はスタイルも良く、目も大きい人が多いので、美人の要素はたっぷり。

 その中で選りすぐりの人たちが集まっているわけですから写真写りも抜群。いやあ、こんな美女たちに一生に一度ぐらい囲まれてみたいと誰もが思うのではないでしょうか。

 別件ですが、6/29(土)の夕方、民主記念塔付近で政治集会が行われる予定だそうです。日本大使館からの注意喚起が出ています。

 さて次回の旅行に備えて、少しずつ飛行機の情報を集めています。と言っても私の場合は夜行便は大嫌いなので、往復ともに午前中に出発。

 行きはバンコクに夕方到着、帰りは日本に夜の7時ぐらいまでに到着、さらに座席の広さや利便性を考慮すると、結局JAL、ANA、タイ国際航空、チャイナという選択肢しか残りません。

 この中でビジネスクラスという選択肢を加えると値段から考えて一番都合がよいのがチャイナ。たぶん往復で11万ぐらい。ただし台北乗り換えがちょっと面倒。総移動時間も乗り換え時のロスも含めると直行便より数時間長くなります。

 一方前回試しに利用してみたJALのエコノミー席は、リクライニングの角度には限りがあるものの、前席の下部に空間があり、足を多少伸ばせることも確認。

 「結構使いやすいな」という印象を持ちました。機内サービスにも不満はなく、直行便ですから移動時間のロスも少ない。ただし価格は10万弱となり、エコノミーにしては結構高い。

 ちなみにANAはエコノミー席もJALより高い感じで、現在のところあまり利用する気が起きていません。というわけで、今後日程とチケット代をにらみながらJALとチャイナのどちらにするかを決定することになりそうです。

 なおタイ国際航空も良さそうですが、エコノミーの席は値段は安いものの、従来の狭い席のままで、寛げないなという印象を持っています。



 

第1292回 相変わらず高額請求をするタクシーが存在するようです

  20日の木曜日午後から3泊4日の短期入院をしていました。理由は男性諸氏にも経験者がいるかもしれませんが、鼠径部ヘルニアという病気です。

 病気と言っても、ウイルスの感染というような内科的なものではなく、筋肉の隙間から腹膜が出て来てしまうというもので、これが悪化すると腸閉塞等になるそうです。

 問題はこれを運動や服薬で治す方法はなく、腹膜と筋肉の間にメッシュという膜を挟み込むような手術が必要ということです。

 というわけで木曜入院、金曜手術、土曜は休養して昨日午前中に帰宅。手術は一応問題なく終了しましたが、当然下腹部を切開していますから、今も痛みは継続。

 まあそれでも痛みを我慢すれば家の中を歩き回る程度に回復しています。一か月もすれば痛みもなくなり、完全復活できると信じていますので、さらに一か月ぐらい様子を見て、次回のバンコク旅行は8月下旬かなと考えています。

タイランドハイパーリンクスより

 韓国のホテルオーナーがタイ人予約客に人種差別発言をしたようですね。予約したのはタイ人女性で、予約後クレジットカードをたまたま紛失。

 そのため予約の決済ができなかったようで、その際のホテル側とのやり取りの中でホテル側オーナーから「貧しい人々、貧しい生活」という本来予約とは関係ない言葉があったようで、これが問題視。

 まあホテル側でも過去に嫌な経験があったのかもしれませんが、こういった意識を持ったオーナーが運営するホテルには私も宿泊したくないです。

 とはいえ、今でもタイの水商売関係の掲示板とかを見ると、日本人の中にも「貧しい」という経済環境だけで、働いている女性たちをさげすむような発言も見られ、「嫌だなあ」とは感じています。

 空港からタクシーを使ってカオサンまで移動したイギリス人男性が、運賃3985Bを請求されたという記事が出ています。普通なら渋滞に巻き込まれても400Bぐらいではと思われます。

 しかし初めてバンコクに行った人はそういった距離感や運賃の相場を知りませんから、初心者とみられるとこういう悪徳タクシーに遭遇する確率も上がるような気がします。

 リピーターの方はそれをどのように避けているのかということも気になるのですが、私自身は、空港で渡されたタクシーチケットは運転手には渡さない、ホテル名やホテルが建っている通り名をきちんと伝える、高速を使ったら料金所でさりげなく50B程度の現金を用意する、といったことには気を使っています。

 しかしこちらがいろいろ考えていても、悪徳タクシーが存在することは間違いなくあり、プチぼったくりには何回か遭っています。

 とはいえプチぼったくりなら被害額は100~200Bぐらい。まあ腹は立ちますが、それで暴力沙汰になるのも怖いので、ある部分泣き寝入りするしかありません。

 一方早朝の空港行きタクシーで、信号無視を繰り返すおっかないおじさん風のタクシーに乗車したこともあり、これはさすがに参りました。早朝で交通量が少ないのをよいことに赤信号を無視して徐行で交差点に進入。

 左右から車が来ないと見るや猛ダッシュ。おかげでいつもより早く空港につきましたが、5分や10分早くなったからと言って、その後の動きに影響が出るわけでもなく、ちょっと情けないですが、ただただ無事に到着することを祈っていました。