fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第802回 2017年ミスユニバースタイ代表が決定

 土日は曇り空で割と気温も低めでした。しかし今日は朝起きたら、窓の外には青空が広がり、暑くなりそうな気配です。熱中症に注意して、涼しい場所を探して出歩こうかなと思っています。

バンコクポストより

 2017年のミスユニバースのタイ代表が選出されました。25歳の「Mareeya Poonlertlarp」さんという方で、タイとスェーデンのハーフだそうです。

 写真を見ると大柄な人だということが分かりますが、身長はなんと183cmだそうです。またスェーデン語、英語、タイ語、中国語の4か国語に堪能。

 優勝賞金は100万B、さらにダイヤモンドのティアラ、そして車だそうです。美しいだけ?でこれだけの商品がもらえるなんて、ちょっと不平等ではと思えないこともないですが、4か国語堪能ですから相応の努力もしているのだと思います。

 写真も出ていますが、ハーフというだけあって、タイ人というより欧米系の顔立ちのように見えます。最終選考の候補者は5名いたようですが、皆さん確かに美しい。

 しかもみんな背が高い。この人たちが20cm近い高さがあるヒールを履いて写真におさまっていますから見ごたえがあります。しかし、万が一、一緒に歩くような機会があったら、身長172cmの私は見上げざるを得ませんので、背の高い女性側にも悩みはあるのだと思います。

 ちなみに比較の対象にしたら両者に失礼ですが、ゴーゴーでダンスをしている子たちで背の高い子は少ないですね。ステージ上では20cmぐらいの高さのヒールを履いてる上、ステージは見上げる角度になっていることが多いので、スレンダー系の子は背が高く見えます。

 ところが実際に話をしようとそばに呼んでみると、意外に背が低いことが多いです。ほとんどの子は150cm代で、中に160cmぐらいの子がいるとかなり大柄に見えます。

 とはいうものの、タイ関連のニュースではメタボ僧侶が増えているというような報道もあり、ダンスをしている子の中にも、実際ふくよかな子が増えているような気がします。

 その意味では、貧しいイサーン地方の出身者というイメージは徐々に払しょくされているような気もします。ただし食糧事情は良くなったのだと思いますが、こういった子たちへの教育は満足できるレベルでもないような気がします。

 要するに何とか食べられるようになった。次は教育ということになるのでしょうか?すでに裕福な家庭では、子供たちに対して十分な教育が施され、そういった子たちの一部がホテル等に入って、流ちょうな英語で観光客の対応をしているような気がします。

 英語は勉強したけどロクに話せない日本人の若者は、今後海外ではますます肩身の狭い思いをするかもしれません。私の場合はすでにシニアですから、話せなくてもやむを得ないとちょっと居直っています。

 
 

第801回 タイでやるのはゴルフ、サーフィン、シュノーケル、乗馬、釣り

 newsclip.beより

 インドネシアのジャカルタで、高校生がその知識を競う「第48回国際物理オリンピック」が開催され、タイからの参加者が金メダル2個、銀メダルを3個獲得したそうです。参加国は88か国395人だそうで、日本チームはタイと同じく金2銀3だったそうです。

 これだけでは何とも言えませんが、タイの教育水準はどんどん高くなっているような気もします。経済的な発展では、タイは日本に後れを取っているような気もしますが、学習意欲という点では日本のほうが遅れをとっているような気もします。

 ちなみに数学オリンピックではタイは金3、銀2、銅1だそうで、国別では7位。日本は6位だそうです。

 さてタイに行って観光の次に何をするか?飛行機に乗るとき、他人の荷物が見えることがありますが、やはりゴルフをしに出掛ける人は多いみたいです。

 ターンテーブルに大きなゴルフバッグを乗せているのですぐに分かります。だいたいグループ行動が多いようで、一人の人は少ないです。

 ハワイに向かうと、サーフボードを持ち込む人もいますが、タイの路線では見たことないです。しかしネットで調べてみると、大きな波は立たないものの、サ-フィンができるビーチもプーケット方面にあるようです。

 要するに現地の人もあまりやらないので、メジャーな遊びになっていないということでしょうか。またサーフィンと同様ですが、シュノーケルやダイビングスポットも、やはりプーケット周辺に多いようです。

 しかしこういった遊びは南のプーケットやクラビー方面に限られるようで、バンコク市街をうろつく私のような旅行者には、せいぜいがゴルフでしょうか。(ただし私はゴルフはやりません)

 では例えば乗馬なんかはどうだろうか?と考えてネットで調べてみたら、軍の施設で乗馬教室をやっているというような記述が見つかりました。

 探せばいろいろあるもんですね。私も実は馬ではありませんが、楽器を演奏するので、その練習場所がないかなと市街のスタジオを探したことがあるのですが、どうやらそういった貸しスタジオはほとんどないようです。

 続いて釣り。これはオプショナルツアーでいろいろあるみたいです。ただ海まで行くのに時間がかかるので、バンコク市街に宿泊しながら釣りを楽しむというのはかなり難しそう。

 ただ一部のツアーではナマズ釣りみたいなものもあるようです。とはいうものの、バンコクの日差しや気温を考えると、よほど好きでないと「よしやるか!」という気にはなれないような気がします。

 その意味では、やはりいろいろな旅行代理店が主催するツアーに参加するのが一番ですね。オプショナルツアーだと、現地ではパンダバスウェンディツアーが有名ですが、パタヤにはHISの支店もありました。 
 




 

第800回 次のバンコク行きは、早くても9月以降

 記念すべき?800回となりました。続くかなと思ったのですが、何とか細々と書き続けています。ただ最近はタイに行っていないので、必然的に過去の話題やニュ-スネタが多くなり、自分自身書いていて面白くないなと思うことが結構あります。

 たまたまこのブログを検索で見つけて読んだ人には申し訳ないなと思っているのですが、昨年夏にクモ膜下出血という大病を経験し、手術、数か月の入院を経て、昨年11月に退院ということで勘弁です。

 それでも退院後は、何とか実生活にカムバックしました。とはいうものの、病気や手術に伴う後遺症というか高次脳機能障害として、若干のふらつきや味覚異常等が残っていて、目下これを少しでも軽減すべく運動やリハビリに努めて、すでに1年近くが経過しています。

 まあ現段階でも旅行に行っていけないことはないと思っていますが、現地に到着後ふらつきが悪化したり、そもそも飛行機に乗れるのかという部分で不安も感じるので、まだ様子を見ています。

 今後の予定としては、8月初めに車で4~5泊の国内旅行に行き、体調の確認。8月下旬か9月に飛行機で北海道もしくは九州、沖縄あたりに行けたらなあと思っています。

 そうやって少しずつ旅行の領域を拡張しながら、先ず第一目標はバンコク滞在です。昨年までは、「行くぞ!」と決めたらすぐに行動に移せたのですが、そんなわけで今年は目標に向かってじわりじわりと進んでいるという段階です。

 8月の終わりごろ、手術1年後の検査があるので、この時に症状が悪化していなければ、また少し目標に近づくなと思っています。

 というわけで、次にバンコクに行けるのはどんなに早くても9月以降。場合によってはバンコク同様に好きなハワイにも行きたいので、さらにその先になる可能性もあります。

 ただ、「行けない」ということが分かっているだけに、なおさらバンコク市街のあのレストランに行ってみたいとか、BTSのあの駅周辺をふらふら歩きまわってみたいとか、なじみになった子がいるパッポンのゴーゴーに何とか顔を出したいとか、こうした期待が毎日頭の中を交錯しています。

 加齢に伴って体力が衰えると旅行に行く元気や気力もなくなるということは、50代のころ何となく予想していましたが、60過ぎて、思ってもみない病気になることまでは考慮していませんでした。

 ということは、以前から思っていたように、「行けるときに行かないと行く機会を永遠に失う」という年齢がすぐそこまで近づいたということなのかなと思います。

 何も無理やり海外旅行に行くこともないのではという気がしますが、だとすると何のために80、90まで生き続けるのかという人生の目標すら失ってしまうような気もします。

 というわけで、今はともかく旅行資金をため込む時期なのだと自分に言い聞かせています。


 
 

第799回 バンコク市街の主な観光地

 昨日午後からの雨で気温は急降下。夜は久しぶりにエアコンなしで寝やすかったです。雨は嫌ですが、猛暑よりは良いような気もします。

 さて学校が夏休み期間に入り、お盆休みも近づいてきたので、すでにバンコクに向けて出発した人も多数いるのではないかと思っています。

 旅行の場合、現地で何をするか?というのが大きな問題ですが、バンコクの場合も観光、食事、買い物、体験、飲み歩きなんてことに分かれるのかなと思っています。

 このうち観光は、バンコク市街の場合基本的に「王宮見学」や「ワットアルン」見学あたりが主体になるのかなと思います。それ以外で私が観光して印象に残っている場所としてはナショナルスタジアム駅に近い「ジム・トンプソンの家」、パヤタイ駅に近い「スアン・パッカード宮殿」あたりが面白いと思います。

 ただし両者ともにこの時期は蒸し暑いので、見学場所によってはかなり汗をかきます。また両者ともに樹木が多いので、必然的に蚊の発生も多いようです。

 タイの歴史に興味があるなら、王宮近辺にある「国立博物館」と「サイアム博物館」は外せません。前者はチャオプラヤエクスプレスのタープラジャン船着き場から500mほど歩いて行くことができます。

 ただしここは王宮の次の桟橋になるのですが、船によっては対岸の桟橋に行ってしまうことがあるようです。その場合は渡し船に乗って対岸(つまり王宮側)に戻ってくることになります。

 一方後者のサイアム博物館は「パーククローンタラート船着き場」から300mほど歩けばいいだけです。初めて行くなら後者のサイアム博物館のほうが涼しくて近代的です。

 その他先日も触れましたが、シリラート病院内にある博物館も医療看護系の人には興味深いと思います。

 王宮の北側にはカオサン地区という有名な場所があります。昔はバックパッカーの聖地として、貧乏旅行者の巣窟?だったようですが、今はごく普通の観光地となっています。

 ザ~っと一回りしましたが、昼間からカウンターでビールを飲んでいる欧米人が多数いて、けだるい雰囲気は感じました。しかし買い物等で面白いものを探そうという気にはなれませんでした。暑いせいもあったかもしれません。

 その他ちょっとマニアックな観光地としては、バイヨークスイートの展望台がいいですね。ARLのラチャプラロップ駅から歩いていくことができます。

 展望台というか、展望デッキから360度の視界が開けるのですが、その床が常に一定速度で回転しているので、黙って立っていれば360度すべての景色を見ることができます。

 もう一つだけ。非常にマイナーな博物館ですが、サパーンタークシン駅からジャルンクルン通りを北上し、シロッコのある交差点を右折。この通りがシーロム通りですが150mほど歩くと、右側にバンコク貝博物館があります。

 面白い形や美しい色の大小さまざまの貝が、3階建ての小さな建物内に展示されています。見学は1時間もあれば十分だと思いますが、海の生物が好きな人は楽しめると思います。



 

第798回 空港の受託手荷物から現金が窃盗される

newsclip.beより

 スワンナプーム国際空港の受託手荷物から現金を盗んだ空港作業員2名が逮捕されました。容疑者宅には盗品とみられる腕時計等もあったそうで、過去にも貴重品を盗んだという自白もあったようです。

 しかし通常受託手荷物というとスーツケースが思い浮かび、これらにはチェックインカウンターで貴重品や壊れやすいものを入れないようにという指示があります。

 実際には鍵をかけて預ける場合が多いと思うのですが、だとすれば貴重品を入れないようにという指示そのものが不思議です。こういった指示があるということは、鍵を開けられる場合もあるということだと思います。

 従って、それらのカギの合鍵が存在しているのかもしれません。まあこれはスーツケース内に不審物がある場合を想定すれば、当然そうなるのかなという気もします。

 アメリカに行く場合は、最近一般の人には開けられないけど、空港職員は開けることができるTSAロック付きのスーツケースというのが定番になっています。

 これらの制度を悪用するという場合も考えられそうですが、アメリカ以外ではどうなっているのかよく知りません。というわけで、たとえ鍵をかけたとしても現金や貴重品はスーツケースに入れてはいけないことになります。

 ちなみに私はハワイからの帰国して自宅でスーツケースを開けた時に、「不審物があったのでセキュリティ強化のため、スーツケースを開けました」というお知らせが入っていたことがあります。

 当然ながら現金等は入れていませんでしたので、「まあしょうがないか」と思いましたが、こういうこともあるんだなという体験は、やはり貴重品は入れてはいけないという教訓になりました。

 パタヤの路上で、18歳の中国人女性がコンビニからホテルに戻る途中、ピックアップトラックから出てきた男にこん棒で頭を殴られ、かばんを奪われるという事件が発生。

 夜10時の出来事みたいですが、たとえ男でも酔っぱらってフラフラ歩いていると危ないですね。上記空港の記事といい、残念ながら微笑みの国と言いつつ、やはり悪賢い奴がいることは間違いありません。

 日本とは治安のレベルが全く違うということを意識しないといけないんだろうなあと思います。